ハイパーオートメーションとは?AIで複雑な業務も自動化!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとハイパーオートメーションとは

  • RPAを中心にAI技術を組み合わせる
  • 複雑な業務も自動化可能
  • 生産性向上で人の時間を解放

ハイパーオートメーションとは、AIとRPAの融合で業務を自動化することです。

概要説明

ハイパーオートメーションとはRPAを核にした全業務の自動化技術である。 なぜならば、単純作業だけでなく複雑な業務もAI技術を活用して自動化できるからだ。

例えば、ビジネスのデータ分析である。そして、これにより効率が大きく上がる。つまり、時間とコストを大幅に削減できる。だから、人はもっと創造的な作業に注力できる。

職業職種

事務職

事務職は、日常の繁雑な業務を効率化する。なぜなら、タスクの自動化で業務量が減少するからだ。例えば、データの入力や管理。

分析職

分析職は、大量のデータを素早く分析する。なぜなら、AI技術が複雑な計算を高速化するからだ。例えば、市場の動向分析。

IT職

IT職は、システムの運用や管理をスムーズにする。なぜなら、システムの最適化やメンテナンスが容易になるからだ。例えば、システムのアップデート管理。

ハイパーオートメーションは、名前の由来は「超級(Hyper)の自動化(Automation)」から来ています。

ハイパーオートメーションの代表例

UiPath

UiPathは、ハイパーオートメーション業界でのリーダーである。なぜなら、多くの企業が彼らのソフトウェアを使って業務を自動化しているから。例えば、RPAツールとAIの組み合わせ。

Blue Prism

Blue Prismは、RPA技術の草分けとして知られている。なぜなら、自動化技術の革新者として業界に名を馳せているから。例えば、企業のビジネスプロセスの自動化。

Automation Anywhere

Automation Anywhereは、クラウドベースのRPAソリューションで評価される。なぜなら、使いやすさと拡張性を持っているから。例えば、ボットの作成と管理。

手順例

ハイパーオートメーションの導入手順です。

ニーズの特定

業務を洗い出し、自動化のニーズを特定する。なぜなら、全てを自動化するのは非効率だから。例えば、繰り返しの多いタスク。

ツールの選定

業務に合ったRPAツールやAIを選定する。なぜなら、ツールによって能力や対応業務が異なるから。例えば、UiPathやBlue Prism。

設計と実装

実際の自動化プロセスを設計し、ツールを用いて実装する。なぜなら、効率よく作業を自動化するための設計が必要だから。例えば、業務のフローチャート作成。

テスト

実装した自動化プロセスをテストする。なぜなら、バグや不具合を事前に捉えるためだから。例えば、実環境と同じ条件でのテスト。

運用と監視

自動化プロセスを本番環境で運用し、状態を監視する。なぜなら、障害や問題が生じたときに迅速に対応するためだから。例えば、ボットの動作確認。

類似語

業務自動化

業務自動化は、作業を機械やソフトウェアによって自動的に実行すること。なぜなら、手動での作業を減少させるため。例えば、RPAツールの使用。

デジタルトランスフォーメーション

デジタルトランスフォーメーションは、デジタル技術を使ってビジネスや業務を変革すること。なぜなら、時代の変化に対応するため。例えば、クラウドサービスの導入。

AI自動化

AI自動化は、人工知能を用いて業務を自動化すること。なぜなら、複雑な判断や処理も機械が行うから。例えば、機械学習のモデルを活用した分析。

反対語

手動操作

手動操作は、機械やソフトウェアの力を使わず人が直接行う作業である。なぜなら、自動化の技術を一切使用しないからだ。例えば、手書きの書類作成。

アンオートメーション

アンオートメーションは、自動化の過程を解除することである。なぜなら、あえて手動での作業を選ぶ場合があるからだ。例えば、特定の業務での精密な判断が必要な場面。

非自動化

非自動化は、自動化が施されていない状態である。なぜなら、技術的な要因や経済的な理由で自動化が適用されない場合があるからだ。例えば、一度だけの作業。

ハイパーオートメーションの注意点

ハイパーオートメーションを使用する時の注意点は技術の選択である。なぜならば適切でない技術やツールを選ぶと効果が出ないからだ。

例えば、単純な業務で高度なAIを使うと、コストがかかるだけで大きな効果は見込めない。そして、導入後も定期的に効果を確認して、必要な調整を行うことが大切だ。

だから、ハイパーオートメーションの成功には計画と適切な技術選択が必要だ。

ハイパーオートメーションとRPAは、間違えやすいので注意しましょう。

ハイパーオートメーションは、複数の技術を組み合わせた業務全体の自動化です。

一方、RPAは、単純な業務の自動化のための技術です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました