フローチャートとは?プロジェクトをスムーズに進める工程図のすすめ!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとフローチャートとは

  • プログラムの工程を図示
  • Yes/Noで工程が変化
  • プロジェクト成功の秘訣

フローチャートとは、プロジェクト工程の可視化ツールです。

概要説明

フローチャートとはプロジェクトの工程を図示するツールである。 なぜならば、開発をスムーズに進めるための手順や決定点を明確にするからだ。

例えば、プログラムがどのタイミングでテストを行うかや、どれくらいの期間で作業を行うかを示すことができる。そして、その情報を基にプロジェクトメンバー全員が同じ理解を持つことが可能になる。

つまり、誰もが同じ目的と方向性を持って開発を進めることができる。だから、フローチャートはプロジェクト成功の鍵と言える。

イメージ図

フローチャートイメージ図

職業職種

システム開発者

システム開発者は、フローチャートを使用する。なぜなら、プログラムの工程を明確に示すため。例えば、開発の全体像を掴む時。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、フローチャートを確認する。なぜなら、プロジェクトの進捗や方向性を把握するため。例えば、開発の方向性を確認する時。

テスター

テスターは、フローチャートを元にテストを計画する。なぜなら、どの部分を重点的にテストするかを判断するため。例えば、重要な機能のテスト計画を立てる時。

フローチャートは、英語の「Flow」(流れ)と「Chart」(図表)を組み合わせた言葉で、作業やプログラムの流れを図表で示すという意味が込められています。

フローチャート作成の手順例

以下は、フローチャート作成の手順です。

目的の明確化

フローチャートを作る前に、その目的を決める。なぜなら、方向性なしに作業を始めると迷走することがあるからだ。例えば、システムの全体の流れを示すためか、特定の部分の詳細を理解するためかを考える。

使用する図形の選択

フローチャートにはさまざまな図形がある。なぜなら、それぞれの図形は異なる意味を持つからだ。例えば、長方形は処理、ひし形は判断、楕円は開始や終了を示す。

図形の配置と接続

図形を紙やツール上に配置し、それらを線でつなぐ。なぜなら、作業の流れを視覚的に表現するためだ。例えば、処理の後に判断が来る場合、長方形からひし形に線で接続する。

内容の記述

図形の中に具体的な内容を記述する。なぜなら、単なる図形だけでは作業の詳細がわからないからだ。例えば、ひし形の中に「在庫があるか?」という問いを書く。

確認と修正

作成したフローチャートを他の人に見せてフィードバックをもらい、必要に応じて修正する。なぜなら、第三者の視点からの意見で間違いや不明確な点を見つけやすいからだ。例えば、フローの途中で矛盾が生じていないかを確認する。

類似語

ワークフロー図

ワークフロー図は、特定の業務やタスクの流れを示す図。なぜなら、フローチャートと同じく作業の流れを可視化するためのツールだからだ。例えば、新商品の発売までのステップを示す際に使う。

プロセスマップ

プロセスマップは、特定のプロセスの活動や手順を詳細に描写する図。なぜなら、フローチャートよりも詳細に作業の手順を表現することができるからだ。例えば、商品の返品処理の具体的な手順を示すときに使う。

アクティビティ図

アクティビティ図は、複数のアクターが関与するプロセスの流れを示す図。なぜなら、アクター間の関連や連携を視覚的に表現するためだ。例えば、複数部署の協力が必要なプロジェクトの流れを示すときに使う。

反対語

テキスト説明

テキスト説明は、文字のみで流れや手順を説明する。なぜなら、図や記号を使わずに直接的な文章で情報を伝えるからだ。例えば、マニュアルの文書。

ランダム操作

ランダム操作は、計画的な流れや手順に基づかない動きである。なぜなら、特定のルールや順序に従わないからだ。例えば、サイコロを振ること。

経験ベースの行動

経験ベースの行動は、先入観や習慣に基づいて行動すること。なぜなら、明確な手順や計画に従わないからだ。例えば、経験者の勘。

フローチャートの注意点

フローチャートを使用する時の注意点は詳細を欠かさないことである。なぜならば、情報が欠けると正確な手順や流れが理解できなくなるからだ。

例えば、Yes/Noの選択を忘れることである。そして、色や記号の統一性を保つこと。だから、事前にルールやテンプレートを設定することが大切だ。

フローチャートとマインドマップは、間違えやすいので注意しましょう。

フローチャートは、手順や流れを示すものです。

一方、マインドマップは、アイディアや概念を階層的に整理するものです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました