フォールトアボイダンスとは?リリース前の問題を未然に防ぐ!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとフォールトアボイダンスとは

  • システム問題の未然防止
  • 定期的な動作検証・テスト
  • リリース時の安全を確保

フォールトアボイダンスとは、問題の未然防止です。

概要説明

フォールトアボイダンスとはシステムの問題を未然に防ぐための技術である。なぜならばシステムのトラブルはビジネスに大きな損失をもたらすからだ。

例えば、バグのためにシステムが停止すると、ユーザーはサービスを利用できなくなる。そして、修復には時間とコストがかかる。

つまり、事前の対策は非常に重要である。だから、フォールトアボイダンスは欠かせない。

職業職種

システムエンジニア

システムエンジニアは、システムの設計や開発を担当する。なぜなら、問題を早期に見つけるスキルと知識が必要だから。例えば、コードのレビュー時にバグを見つける。

テストエンジニア

テストエンジニアは、フォールトアボイダンスの実践者である。なぜなら、システムの動作を確認し、問題を見つける役割だから。例えば、テストケースの作成と実行。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、プロジェクト全体を管理する。なぜなら、問題が発生しないように工程を計画する必要があるから。例えば、リリース前の最終確認。

フォールトアボイダンスは、名前の由来は英語の”Fault”(問題・欠陥)と”Avoidance”(回避)から来ています。

フォールトアボイダンスの手順例

以下は、フォールトアボイダンスの実施手順です。

テスト計画の作成

テスト計画は、問題を早期に見つけるための手引きである。なぜなら、何をテストするかを明確にすることで効率よく検証が行えるから。例えば、機能テストや性能テストの項目をリストアップする。

テスト環境の構築

テスト環境は、実際の動作を確認する場所である。なぜなら、本番環境と同じ条件で問題を発見するため。例えば、同じサーバーやデータベースを用意する。

テストの実施

テストの実施は、システムが正しく動作するかを確かめる活動である。なぜなら、事前に予期しない問題を見つけることができるから。例えば、ユーザーの操作を模倣してシステムを使ってみる。

問題の修正

問題の修正は、テストで見つかったバグや不具合を直すことである。なぜなら、リリース時にユーザーに問題を起こさせないようにするため。例えば、コードの改善や設定の変更を行う。

リリース前の最終確認

リリース前の最終確認は、全ての問題が修正されたかを再度チェックすることである。なぜなら、安心してシステムを公開するため。例えば、修正後のテスト結果を確認する。

類似語

障害回避

障害回避は、事前に問題を避けるための行動である。なぜなら、システムの安定性を保つために予防的な対応をするから。例えば、定期的なシステムの健康診断を行う。

エラー防止

エラー防止は、ミスや不具合が生じないようにすることである。なぜなら、問題が起きる前に対策を取ることで、システムの信頼性を高めるため。例えば、品質を確保するためのガイドラインを遵守する。

事前対策

事前対策は、潜在的な問題に備える行動である。なぜなら、未然に問題を防ぐための準備や対策をするから。例えば、データのバックアップやシステムの更新を定期的に行う。

反対語

無頓着

無頓着は、何もしないで放置することである。なぜなら、問題が起きてもそれを避けようとしないからだ。例えば、テストをせずにシステムをリリースすること。

放任

放任は、積極的に対策をとらないことである。なぜなら、問題が起こるかどうか気にしない態度を取るからだ。例えば、問題が報告されても無視すること。

怠慢

怠慢は、必要な作業を怠ることである。なぜなら、楽をして時間を浪費したいからだ。例えば、計画されたテストを飛ばしてしまうこと。

フォールトアボイダンスの注意点

フォールトアボイダンスを使用する時の注意点は網羅性である。なぜならば一部のシナリオだけをテストすると、見逃した問題が発生する可能性があるからだ。

例えば、一般的な操作しかテストしないである。そして、込み入った操作や例外的な操作もテストすることが必要。だから、全てのシナリオを考慮してテストを行うことが大切。

フォールトアボイダンスと品質保証は、間違えやすいので注意しましょう。

フォールトアボイダンスは、問題を事前に見つけて対策することです。

一方、品質保証は、全体的な品質を保持するための活動です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました