SOCとは?サイバー攻撃の高度化と防御の5段階

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • サイバー攻撃の防御手段
  • ログの分析と予兆の発見
  • CSIRTと連携した対応策

SOCとは、サイバー攻撃と戦う組織です。

概要説明

SOCとはサイバー防御の一線で戦う組織。 なぜならば、サイバー攻撃はますます巧妙で、悪質なものが増えているからだ。

例えば、社内のネットワークに侵入し、機密情報を盗む攻撃などがある。そして、そういった攻撃を防ぐためには、常に状況を監視し、攻撃の兆候を見つけ出す必要がある。

つまり、SOCがその役割を担っているのだ。だから、SOCは今や企業のセキュリティ対策には欠かせない存在となっている。

職業職種

システムエンジニア

システムエンジニアは、日々の業務中にSOCを使用する。なぜなら、システムの安全性を維持するためにはSOCでログを分析し、サイバー攻撃の予兆を見つける必要があるからだ。例えば、不審な通信を検知した場合にはすぐに対応できる。

セキュリティアナリスト

セキュリティアナリストは、サイバー攻撃の発生やその予兆を発見するためにSOCを使用する。なぜなら、セキュリティインシデントの早期発見と対策が彼らの主な任務だからだ。例えば、異常なログを見つけた時にはその情報をもとに攻撃源を突き止める。

CSIRTメンバー

CSIRTメンバーは、インシデント発生時にはSOCの支援を受ける。なぜなら、SOCから提供される情報に基づいて、最適な対応策を立てるからだ。例えば、大規模なサイバー攻撃が発生した場合、SOCと協力してその拡大を防ぐ。

SOCは、名前の由来は英語の “Security Operations Center” の頭文字を取って名付けられた。この名前が示す通り、SOCは企業のセキュリティ運用の中心となる場所であり、サイバー攻撃から身を守る重要な役割を果たしています。

代表例

IBM

IBMは、SOCサービスの大手プロバイダーだ。なぜなら、彼らのSOCは世界中に分散して設置され、大規模な脅威インテリジェンスを提供しているからだ。例えばIBM X-Force Command Centersという名前のSOCがその一例だ。

シマンテック

シマンテックは、サイバーセキュリティのパイオニアで、強力なSOCを提供している。なぜなら、彼らのSOCは脅威を監視、分析し、対応するための先進的なテクノロジーを使用しているからだ。例えば、シマンテックのSOCは全世界に6箇所存在し、24/7の保護を提供している。

シスコ

シスコは、ITとネットワーキングのリーダーで、SOCソリューションの提供者でもある。なぜなら、シスコのSOCは最先端のネットワークセキュリティ技術と組み合わせて、エンドツーエンドの保護を提供しているからだ。例えば、シスコのSOCソリューションは、早期警告、脅威検出、高度な分析、迅速な対応を提供している。

手順例

SOCを運用する手順です。
  1. 目的の定義
    まず、SOCを導入する目的を明確にする。なぜなら、それがどのようなセキュリティ対策を必要とするかを決定する基盤になるからだ。例えば、特定の脅威に対する防御、あるいは広範なセキュリティ監視などが目的になり得る。
  2. 必要な技術の選択
    次に、必要なセキュリティ技術を選び、導入する。なぜなら、SOCは多様なセキュリティツールとテクノロジーを活用して運用されるからだ。例えば、侵入検知システム(IDS)、セキュリティ情報イベント管理(SIEM)ツール、脅威インテリジェンスフィードなどが必要となる。
  3. 人員の確保
    SOCを運用するためには専門知識を持った人員が必要だ。なぜなら、高度な脅威に対抗するためには、専門的なスキルと知識が必要だからだ。例えば、セキュリティアナリストやインシデントレスポンダーなどが必要となる。
  4. 運用プロセスの確立
    セキュリティイベントが発生したときにどのように対応するかのプロセスを確立する。なぜなら、迅速かつ適切な対応が求められるからだ。例えば、イベント発生の検知、重大度の評価、対応策の選択と実行などのフローを作る。
  5. 継続的な改善
    最後に、SOCの運用は一度で終わりではなく、継続的に改善し続ける。なぜなら、脅威の状況は常に変化しており、それに対応するためには絶えず学び、進化する必要があるからだ。例えば、新たな脅威に対する防御策を取り入れたり、運用の効率化を図ったりする。

類似語

CSIRT

CSIRT(Computer Security Incident Response Team)は、SOCと似ている。なぜなら、両者ともセキュリティインシデントに対応するための組織だからだ。例えば、CSIRTもSOCと同様に脅威を監視し、対応策を実行する。

SIEM

SIEM(Security Information and Event Management)は、SOCの重要なツールだ。なぜなら、SIEMはセキュリティ情報を一元的に収集し、解析する機能を提供するからだ。例えば、SOCではSIEMを利用して脅威を発見し、対応する。

サイバーセキュリティ

サイバーセキュリティは、SOCの大きな目的と関連がある。なぜなら、SOCの最終的な目的はサイバー空間での安全を確保することだからだ。例えば、サイバーセキュリティの一部としてSOCが機能する。

反対語

アンセキュア(Unsecure)

アンセキュアは、SOCの反対語だ。なぜなら、セキュリティ対策が不十分で、攻撃に対して無防備な状態を指すからだ。例えば、防火壁もなく、常時監視もないネットワーク環境だ。

アクティブ(Active)

アクティブは、パッシブ(SOCは攻撃の予兆や実際の攻撃を受けてから対応する)の反対語だ。なぜなら、自ら攻撃を仕掛ける側の状態を指すからだ。例えば、ハッキングの世界では攻撃を仕掛ける側がアクティブだ。

オフライン(Offline)

オフラインは、SOCの反対語だ。なぜなら、インターネット接続がなく、サイバー攻撃から自然と守られる状態を指すからだ。例えば、ネットワークに一切つながっていないコンピュータシステムだ。

会話例

学校での情報科の授業

「先生、SOCって何?」
「それはSecurity Operations Centerの略で、サイバー攻撃から守るために、脅威を監視し対策をする部署のことさ。」

会社のIT部門のミーティング

「我々のSOCはどんな攻撃に対応できるの?」
「うちは多種多様な攻撃に対応できるよ。たとえば、ウィルス攻撃、フィッシング、DDoS攻撃などだよ。」

親と子の会話

「お父さん、SOCってお仕事は大変?」
「うん、時々大変だよ。新しい脅威が出てくる度に対策を考えたり、システムをアップデートしたりするんだ。でも、それが僕のお仕事だよ。」

注意点

SOCを行う時の注意点は定期的な研修である。なぜならばサイバー攻撃の手法は日々進化し、新たな脅威が出現するからだ。

例えば、未知のウィルスに対応するためには、最新の知識を持つことが必要だ。そして、それを怠るとシステムが危険にさらされる。だから定期的な研修は欠かせない。

SOCとCSIRTは、間違えやすいので注意しましょう。

SOCはサイバー攻撃からシステムを守るために、脅威を監視し対策を立てる部署です。

一方、CSIRTは、実際にセキュリティインシデントが発生したときに対応する専門のチームです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました