「インフォグラフィックとは?」- IT用語辞典で詳解、IT初心者でも分かる

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとインフォグラフィック

  • データを視覚的に表現する手法
  • 情報を明瞭かつ簡潔に伝達する工夫
  • 複雑な情報を分かりやすく整理するツール

Infographic(インフォグラフィック)=情報を視覚的に表現するもの

インフォグラフィックとは、データや情報を視覚的に整理・表現するツールです。

インフォグラフィックとは

インフォグラフィックとは、情報やデータを視覚的に表現する手段である。なぜならば、文字だけの情報よりも視覚的な表現の方が人間の脳には早く、深くインパクトを与えるからだ。

例えば、統計データや調査結果をインフォグラフィックにすることで、一見複雑な数字も一目瞭然で理解できる。そして、その情報が人々の意思決定や認識に大きく影響を与える。

だから、インフォグラフィックは情報伝達に非常に重要な役割を果たしている。

使用する職種

デザイナー

デザイナーは、企業のマーケティング活動やプレゼンテーション資料などを制作する際、インフォグラフィックを活用して情報を効果的に伝達する。

データアナリスト

データアナリストは、大量のデータを整理し、その中から有用な情報を見つけ出す際に、インフォグラフィックを使用する。これにより、データの傾向やパターンを直感的に理解しやすくする。

マーケティングマネージャー

マーケティングマネージャーは、製品やサービスの情報を顧客に伝える際に、インフォグラフィックを使用する。これにより、顧客が製品やサービスを理解しやすくし、購買意欲を引き出す。

インフォグラフィックは、複雑な情報を直感的に理解する時におすすめです。

有名な企業や製品、サービス

ピクトチャート(Piktochart)

ユーザーフレンドリーなインターフェイスと豊富なテンプレートが特徴の、インフォグラフィック制作ツール

インフォグラム(Infogram)

さまざまなデータ視覚化のためのインフォグラフィックやレポートを作成できるツール

エドワード・トゥフト(Edward Tufte)

「情報デザインの父」と称され、インフォグラフィックの考え方に多大な影響を与えた人物

類似語

チャート

情報を視覚化するためのもので、インフォグラフィック内でよく用いられる手法

データビジュアライゼーション

データを視覚的に表現することを目的とし、インフォグラフィックもこの一種

ダッシュボード

重要な情報を一覧で見るためのもので、インフォグラフィックが組み込まれることがある

反対語

テキストのみの説明

インフォグラフィックと反対に、視覚的要素が含まれず文字だけで情報を伝える

データの生表示

データを視覚化せず、そのままの数値や文字で示す

非構造化データ

インフォグラフィックはデータを整理・構造化して表現するが、非構造化データはそのままの形で存在する

会話の例文

ビジネスプレゼンテーション

Q.「このデータをどうやって視覚的に伝えればいいでしょうか?」
A.「インフォグラフィックを作成してデータを視覚的に表現すると、理解しやすいですよ。」

マーケティング戦略立案

Q.「顧客の行動パターンをどうやってわかりやすく示せますか?」
A.「インフォグラフィックで行動パターンを視覚化すると、把握しやすくなりますよ。」

教育・学習

Q.「子供たちに複雑な科学の概念を教えたいんですが…」
A.「インフォグラフィックを使用すれば、子供たちも楽しみながら理解できますよ。」

使用時の注意点

インフォグラフィックを使用する時の注意点は、情報の過剰化である。なぜならば、情報が多すぎると視覚的な表現が雑多になり、むしろ理解し難しくなるからだ。

例えば、色々な情報を一つのインフォグラフィックに詰め込んでしまった場合、視覚的な混乱を引き起こし、メッセージが伝わりにくくなることがある。

そして、重要な情報が埋もれてしまう可能性もある。だから、情報の選択と整理、そして効果的な視覚化が求められる。

インフォグラフィックは情報の整理に時間がかかるかもしれませんが、それによって得られる理解度の向上は無視できません。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました