ESBとは?技術の概念をわかりやすく説明

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとESB

  • ESBは、システム間通信を円滑に
  • 複数のアプリケーションを繋ぐ架け橋
  • 統合と連携を実現するツール

ESB(Enterprise Service Bus)=エンタープライズサービスバス

ESBはシステム間通信の円滑化、複数アプリケーションの連携を実現します。

ESBとは

ESBとはITシステムの間の通信を円滑にするものである。 なぜならば、異なるシステムやアプリケーション間での情報交換を容易にするからだ。

例えば、注文システムと在庫管理システムの間でデータを共有できる。 これにより業務効率が大幅に上がる。 つまり、ESBはビジネスプロセスの最適化を支援するツールである。

だから、ITの世界では非常に重要な存在なのだ。

使用する職種

システムエンジニア

ESBは、システム間通信の円滑化を担当する。つまり、業務効率化のための大切なツールだ。

プロジェクトマネージャ

ESBは、複数のアプリケーション間の連携を可能にする。つまり、プロジェクトの進行をスムーズにする。

ITコンサルタント

ESBは、ビジネスプロセスの最適化を支援する。つまり、クライアント企業のIT戦略立案に役立つ。

ESBの一番の特徴は、システム間のコミュニケーションを一元管理できることです。

有名な企業や製品、サービス

IBM

IBMは、WebSphere Message BrokerというESBソフトウェアを提供している。つまり、企業のシステム統合をサポートしている。

MuleSoft

MuleSoftは、Mule ESBというオープンソースのESBソフトウェアを開発している。つまり、利用者に柔軟性とコスト効率を提供している。

Red Hat

Red Hatは、JBoss ESBという製品を提供している。つまり、Linux環境でもESBを利用できる。

大まかな手順

選択

システム間で共有したいデータを特定する。つまり、どのデータを交換するかを決める。

導入

ESBを導入する。つまり、適切なESBソフトウェアを選び、インストールする。

設定

ESBでデータ交換のルールを設定する。つまり、どのようにデータを共有するかを決める。

確認

ESBの動作を確認する。つまり、設定したルールに従ってデータが交換されているかをチェックする。

調整

必要に応じてESBの設定を調整する。つまり、最適なデータ交換を実現するために微調整を行う。

類似語

API

APIは、異なるシステム間で情報を交換する方法を提供する。つまり、ESBのように情報のやり取りを管理するものだが、機能や形式が限定的である。

SOA

SOAは、サービスの集合からビジネスプロセスを組み立てるアーキテクチャ。これもESBと同じくシステム間の通信を助けるが、より抽象的な概念である。

Message Queue

Message Queueは、メッセージを一時的に格納するための場所。これはESBの一部として使われることがあるが、一方向の通信が主である。

反対語

直接結合

直接結合は、システム間が直接つながっている状態で、ESBのように一つの中間地点が存在しない。つまり、すべてが個別につながっている。

ハードコーディング

ハードコーディングは、通信ルールを直接プログラムコードに書き込む方法。これはESBのフレキシブルな通信管理とは対照的である。

非集中化

非集中化は、通信管理が一箇所に集中していない状態。ESBの中心的な役割とは反対の概念である。

会話の例文

プロジェクト会議の場

Q.「新しいシステム導入に際して、システム間の通信をどう管理しようか?」
A.「ESBを使って統一的に管理するのはどうだろう?」

技術者同士の討論

Q.「このAPIとそのAPIをどうつなげようか?」
A.「ESBを経由させて、そこで通信を管理しよう。」

営業と技術者のミーティング

Q.「顧客の異なるシステムと我々のサービスをどう連携させるか?」
A.「ESBを使って、異なるシステム間の通信をスムーズにしよう。」

使用時の注意点

ESBを使用する時の注意点は規模感とコストである。なぜならば、小規模なプロジェクトに対してESBを導入すると過剰なコストとなる可能性があるからだ。

例えば、システムが二つだけである場合、ESBを導入するより直接連搐させた方が手軽である。そして、ESBの導入と管理には特別なスキルが必要で、それによる人件費も考慮しなければならない。

だから、ESBの導入はプロジェクトの規模や要求に応じて慎重に判断するべきである。

ESBはシステム間通信を円滑にします。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました