WAVとは?音楽制作でよく使われる形式

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとWAVとは

  • 高音質な音声ファイル形式
  • 音楽制作でよく使われる
  • ファイルサイズが大きい

WAVとは、高音質で大きなファイルサイズの音声形式です。

概要説明

WAVとは高音質な音声ファイル形式である。なぜならば、データがほとんど圧縮されていないから。例えば、CD音質で保存できる。そして、プロの音楽制作でよく使われる。つまり、高品質な音を求める場面でよく使われる。だから、ファイルサイズが大きくなる。

職業職種

音楽プロデューサー

WAVは、音楽制作である。なぜなら、高音質で音を録音できるから。例えば、スタジオ録音。

映像編集者

WAVは、映像制作である。なぜなら、高品質な音声が必要な場合が多いから。例えば、映画やCM。

ポッドキャスター

WAVは、ポッドキャスト録音である。なぜなら、後で編集しやすい高品質な音声が得られるから。例えば、インタビュー録音。

WAVの名前の由来は、WAVEform audio formatの略です。

代表例

ソニー

ソニーは、WAVで有名である。なぜなら、プロフェッショナルオーディオ機器でWAV形式をサポートしているから。例えば、高品質なレコーダーやミキサー。

ヤマハ

ヤマハは、WAVで名高い存在である。なぜなら、音楽制作ソフトウェアでWAV形式をよく使うから。例えば、DAW(デジタルオーディオワークステーション)。

オーディオテクニカ

オーディオテクニカは、WAVで世間に知られている。なぜなら、高品質なマイクロフォンでWAV録音が可能だから。例えば、USBマイクロフォン。

手順例

以下は、WAVファイルの作成手順です。

オーディオソフトを開く

オーディオソフトを開くのが最初のステップである。なぜなら、WAVファイルを作るための基盤が必要だから。例えば、Audacity。

録音設定を選ぶ

録音設定を選ぶことが大事である。なぜなら、高品質な音を録音するためには設定が必要だから。例えば、サンプルレートやビットレート。

録音する

録音するのは当然である。なぜなら、それがWAVファイルを作る目的だから。例えば、マイクで声を録音。

編集する(任意)

編集することもある。なぜなら、録音後に音を整えたい場合があるから。例えば、ノイズ除去。

保存する

保存するのは最後のステップである。なぜなら、作成したWAVファイルを使うためには保存が必要だから。例えば、「.wav」で保存。

類似語

MP3

MP3は、WAVの類似語である。なぜなら、両方とも音声ファイル形式だから。例えば、音楽プレーヤーでよく見る。

FLAC

FLACは、WAVの類似語である。なぜなら、高音質な音声ファイル形式だから。例えば、オーディオフィールが使う。

AAC

AACは、WAVの類似語である。なぜなら、音声ファイル形式の一つであり、多くのデバイスでサポートされているから。例えば、スマートフォンでよく使われる。

反対語

圧縮音声

圧縮音声は、WAVの反対語である。なぜなら、WAVは非圧縮で高品質な音声を保持するが、圧縮音声はデータ量を削減するために音質が落ちることがあるから。例えば、MP3。

ビデオ

ビデオは、WAVの反対語である。なぜなら、WAVは音声データ専用で、ビデオは映像も含むから。例えば、MP4。

テキスト

テキストは、WAVの反対語である。なぜなら、WAVは音声情報を扱い、テキストは文字情報を扱うから。例えば、TXTファイル。

WAVの注意点

WAVを使用する時の注意点はファイルサイズである。なぜならばWAVは非圧縮で高品質な音声データを保存するため、ファイルサイズが大きくなりがちだからだ。例えば、短い音楽クリップでも数MBになることがある。そして、ストレージ容量に影響を与える。だから、使用前に十分なストレージ容量を確保することが重要。

WAVとMP3は、間違えやすいので注意しましょう。

WAVは、非圧縮で高品質な音声データを保存します。

一方、MP3は、音質を少し犠牲にしてファイルサイズを小さくする音声形式です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました