自然言語処理(NLP)とは?人工知能が言語を理解する技術

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • コンピュータが人間の言葉を理解
  • 人間とコンピュータの間をつなぐ
  • テキストから情報を抽出

自然言語処理(NLP)とは人間の言葉をコンピュータに理解させ、情報を抽出する技術です。

概要説明

自然言語処理(NLP)とは人間の言語をコンピュータが理解するための技術である。 なぜならば、人間の曖昧で複雑な表現をコンピュータが理解することで、様々な情報を正確に抽出できるからだ。

例えば、ネットのレビューやSNSの投稿からユーザーの感情を分析することができる。そして、その結果をビジネスの意思決定などに活用できる。つまり、自然言語処理は人間とコンピュータのコミュニケーションを可能にする技術である。

だから、これからの社会にとって非常に重要な存在となる。

職業職種

データサイエンティスト

彼らは、大量のテキストデータを分析するためにNLPを使う。なぜなら、データから有用な情報を抽出し、それをビジネスの意思決定に活用するためだ。例えば、顧客の感情を分析して商品開発に反映させる。

マーケティング担当者

彼らは、SNSの投稿などから顧客の声を収集するのにNLPを利用する。なぜなら、顧客のニーズや満足度を把握し、マーケティング戦略を立てるためだ。例えば、NLPを使って消費者の感情を分析し、キャンペーンの効果を評価する。

エンジニア

彼らは、人工知能の開発にNLPを使用する。なぜなら、AIに人間の言語を理解させ、より自然なコミュニケーションを可能にするためだ。例えば、スマートスピーカーやチャットボットの開発に使う。

自然言語処理(NLP)は、名前の由来は英語の “Natural Language Processing” の頭文字から取ったものです。「Natural」は自然な、「Language」は言語、「Processing」は処理を意味し、それぞれがこの技術の特性を表しています。

代表例

Google

Googleは、NLPのパイオニア企業だ。なぜなら、”Google Translate”や”Google Assistant”といったサービスでNLP技術を使っているからだ。例えば”Google Assistant”は、我々の声をテキストに変換し、それを理解して反応する。

IBM

IBMは、”Watson”というNLP技術を持っている。なぜなら、Watsonは人間の質問を理解し、大量のデータから正確な答えを見つけることができるからだ。例えば、医療の世界では病名の診断を助けることができる。

Elon Musk

Elon Muskは、OpenAIの共同創設者だ。なぜなら、彼の会社は”GPT”というシリーズのNLPモデルを開発しているからだ。例えば”GPT-3″は、人間のように文章を生成することができる。

手順例

自然言語処理(NLP)モデルの訓練手順です。

データの収集

データ収集は、最初の一歩だ。なぜなら、モデルの学習には大量のテキストデータが必要だからだ。例えば、Webからスクレイピングしたデータや既存のデータセットを使用する。

データの前処理

前処理は、データをモデルが理解できる形に変換する。なぜなら、コンピュータは人間の言語をそのまま理解できないからだ。例えば、テキストをトークン化したり、不要な単語を除去したりする。

モデルの訓練

訓練は、モデルにデータからパターンを学習させる。なぜなら、これがNLPモデルがタスクを達成するための知識を得る方法だからだ。例えば、大量のデータを使ってモデルを何回も訓練する。

モデルの評価

評価は、モデルのパフォーマンスを確認する。なぜなら、これによりモデルが期待通りに機能するかを確認できるからだ。例えば、未見のデータを使ってモデルの精度を評価する。

モデルの適用

適用は、モデルを実際のタスクに使う段階だ。なぜなら、これが最終的な目標だからだ。例えば、チャットボットや文章生成ツールなどのシステムに組み込む。

類似語

機械学習

機械学習は、NLPの親戚だ。なぜなら、両者ともにコンピュータに人間のような理解力を与えることを目指しているからだ。例えば、予測モデルの作成に使われる。

コンピュータビジョン

コンピュータビジョンは、NLPの視覚版だ。なぜなら、こちらは画像やビデオから情報を理解する技術だからだ。例えば、顔認識や物体検出に使われる。

音声認識

音声認識は、NLPと密接に関連している。なぜなら、こちらは音声からテキストへの変換を行い、それからNLPがテキストを理解するからだ。例えば、音声アシスタントや車の音声コントロールシステムに使われる。

反対語

自然言語生成

自然言語生成は、コンピュータが自動的に文章を作り出すことだ。これはNLPと反対で、NLPが人間の言語を理解するのに対し、自然言語生成は人間が理解できる形で言語を生成するからだ。例えば、天気予報の文章を自動生成するシステムがある。

非言語的なデータ処理

非言語的なデータ処理は、音や画像などの非言語データを処理することだ。なぜなら、自然言語処理は人間の言語を中心に処理を行うのに対し、非言語的なデータ処理は非言語のデータを対象にするからだ。例えば、音楽を解析して曲の特徴を抽出する作業がある。

会話例

自然言語処理の基本的な内容について

「自然言語処理って何?」
「それはコンピュータが人間の言語を理解しようとする技術のことだよ。」

自然言語処理の応用例について

「自然言語処理って、どんなところで使われているの?」
「たとえば、SiriやGoogle翻訳のように、人間の言葉を理解して適切な返答をするシステムで使われているよ。」

自然言語処理の技術的な課題について

「自然言語処理って、何か難しいところはあるの?」
「うん、人間の言葉には曖昧さがあったり、同じ意味を持つ言葉がたくさんあったりするから、それをコンピュータに理解させるのは難しいんだ。」

注意点

自然言語処理(NLP)を使用する時の注意点は、言葉のニュアンスやコンテキストを十分に理解できるかどうかだ。なぜならば、人間の言葉は複雑で、同じ単語でも文脈によって意味が変わるからだ。

例えば、”bat”という英単語は、野球のバットを指すこともあれば、コウモリを指すこともある。そして、人間の言葉には皮肉や比喩といった表現もある。

だから、自然言語処理ではこれらの要素を正確に理解することが重要なポイントだ。

自然言語処理(NLP)と音声認識の違いは、間違えやすいので注意しましょう。自然言語処理(NLP)はテキストデータを処理して意味を理解することで、音声認識は音声データをテキストデータに変換することです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました