マーケティングミックスとは?市場で勝つための戦略!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとマーケティングミックスとは

  • 商品やサービスの戦略
  • 競争力を高める方法
  • 消費者に響く価値の創造

マーケティングミックスとは、4Pの要素を組み合わせたマーケティングです。

概要説明

マーケティングミックスとは、商品やサービスの市場戦略を組み立てる手法である。 なぜならば、競合と差別化し、消費者に選ばれる位置を築くためだ。

例えば、価格設定や販売方法を工夫することである。そして、これによりブランドの魅力を高める。つまり、企業が市場で成功するための戦術を練ることである。だから、ビジネスの成長に不可欠だ。

2つの概念

マーケティングミックスを理解する上で、重要なのが「4P」と「4C」の二つの概念。4Pは企業の視点での戦略を、4Cは顧客の視点での戦略を形作る要素として使う。これらをバランスよく組み合わせ、市場での成功を目指すのがマーケティングミックスの骨子になる。

4P

Product(製品)

何を売るのか、その特徴や品質、デザインなどを指す。消費者が求める価値をしっかりと製品に込めることが大切。

Price(価格)

どのくらいの価格で商品を売るのかを決める。高すぎず、安すぎず、競争相手との差別化も考慮しながら設定する。

Place(場所)

どこでその商品を販売するのか、つまり販売チャンネルの選定する。店舗、オンライン、代理店など、どこで販売するかが重要。

Promotion(プロモーション)

商品をどのように宣伝・広告するか。TVCM、SNS、広告など、どの方法で消費者に訴求するかを考える。

4C

Customer Value(顧客価値)

顧客がどのような価値を求めているのかを理解し、それに合った商品を提供すること。

Cost(コスト)

顧客が商品を手に入れるためにどれだけのコスト(金銭的、時間的)を払うかを考慮すること。

Convenience(利便性)

顧客が商品を簡単に手に入れられるように、販売場所や方法を工夫すること。

Communication(コミュニケーション)

企業と顧客との対話を大切にし、顧客の声を聞きながら関係を築くこと。

職業職種

マーケティングマネージャー

マーケティングマネージャーは、戦略の策定で使う。なぜなら、市場分析から戦略を立てるため。例えば、新製品のローンチ戦略。

商品開発者

商品開発者は、消費者のニーズに合った商品を開発するために使う。なぜなら、市場のニーズを理解し、それに合った商品を設計するため。例えば、エコフレンドリーな製品開発。

販売員

販売員は、顧客に商品を効果的に売るために使う。なぜなら、顧客のニーズに合った商品を提案し、販売を促進するため。例えば、店頭での商品説明。

マーケティングミックスは、名前の由来は「マーケティングの組み合わせ」です。これは、商品、価格、プロモーション、場所(4P)など、マーケティングの要素を効果的に組み合わせて市場戦略を立てることから来ています。

マーケティングミックスの代表例

コカ・コーラ

コカ・コーラは、マーケティングミックスで有名である。なぜなら、製品の品質、広告戦略、価格設定、販売チャンネルの最適化に優れているから。例えば、世界中で統一された高品質な製品と、感情に訴える広告戦略。

ユニクロ

ユニクロは、マーケティングミックスで名高い存在である。なぜなら、シンプルで質の高い製品を手頃な価格で提供し、効果的なプロモーションと広範な店舗ネットワークを展開しているから。例えば、HEATTECHのような独自の商品開発。

Netflix

Netflixは、マーケティングミックスで世間に知られている。なぜなら、豊富なコンテンツの提供、シンプルで明瞭な価格設定、効果的なオンラインプロモーションを行っているから。例えば、オリジナルシリーズの制作とその独占配信。

手順例

以下は、マーケティングミックスの実行手順です。

市場調査

市場調査は、消費者のニーズや競合状況を理解するためのステップである。なぜなら、効果的な戦略を立てるためには、市場の現状を把握することが基本だから。例えば、アンケートやインタビューを行う。

目標設定

目標設定は、企業が達成したい具体的な目標を明確にするステップである。なぜなら、明確な目標がないと、戦略がぼやけてしまうから。例えば、売上目標を設定する。

4Pの策定

4Pの策定は、製品、価格、場所、プロモーションの戦略を具体的に決めるステップである。なぜなら、これらの要素がマーケティングミックスの核心だから。例えば、新製品の価格を設定する。

実行と評価

実行と評価は、策定した戦略を実際に運用し、その結果を分析するステップである。なぜなら、計画だけでは効果を知ることはできないから。例えば、キャンペーンを実施し、その反響を分析する。

改善

改善は、評価の結果をもとに戦略を修正し、更なる効果を狙うステップである。なぜなら、市場は常に変化するから。例えば、顧客のフィードバックを元に製品を改良する。

類似語

4P分析

4P分析は、マーケティングミックスの類似語である。なぜなら、製品(Product)、価格(Price)、場所(Place)、プロモーション(Promotion)の4つの要素を分析する手法だから。例えば、新製品の価格設定戦略。

7P分析

7P分析は、マーケティングミックスの類似語である。なぜなら、4Pに人(People)、プロセス(Process)、物的証拠(Physical Evidence)を加えた手法だから。例えば、店舗のデザインやスタッフの教育。

マーケティング戦略

マーケティング戦略は、マーケティングミックスの類似語である。なぜなら、製品を市場にどのように展開するかの全体的な計画を立てる行為だから。例えば、新市場への進出計画。

反対語

無計画

無計画は、マーケティングミックスの反対語である。なぜなら、マーケティングミックスは計画的な戦略を立てることを重視し、無計画はそれを無視するから。例えば、ターゲットを設定せずに広告を打つ行為。

一方的戦略

一方的戦略は、マーケティングミックスの反対語である。なぜなら、マーケティングミックスは顧客のニーズに応じた戦略を重視し、一方的戦略は顧客の声を無視するから。例えば、顧客の意見を聞かずに商品を開発すること。

短期集中

短期集中は、マーケティングミックスの反対語である。なぜなら、マーケティングミックスは長期的な視点で戦略を立てるのに対し、短期集中は即効性を重視するから。例えば、一時的なセールで利益を上げようとする行為。

マーケティングミックスの注意点

マーケティングミックスを使用する時の注意点は、顧客のニーズとの整合性である。なぜならば、顧客のニーズを無視した戦略は効果が薄いからだ。

例えば、高級志向の顧客に対して安価な商品を押し付けること。そして、市場の変化に柔軟に対応すること。だから、定期的な分析と改善が必要。

マーケティングミックスとマーケティング戦略は、間違えやすいので注意しましょう。

マーケティングミックスは、製品、価格、場所、プロモーションの4つの要素から成る戦略の組み合わせです。

一方、マーケティング戦略は、企業全体の市場に対する長期的なアプローチです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました