トークンとは?権利証明から代用貨幣まで

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとトークン

  • 権利を証明するもの
  • 代用貨幣として使える
  • デジタル世界でよく使われる

トークンは、権利証明や代用貨幣として、デジタルでよく使われます。

概要説明

トークンとは権利や価値を証明するものである。なぜならば、例えば仮想通貨での取引やセキュリティ認証で使われるから。そして、物理的なものからデジタルデータまで多種多様。つまり、形や用途に応じて使い分けができる。だから、日常生活からビジネスまで幅広く使われる。

職業職種

データサイエンティスト

トークンは、データのセキュリティである。なぜなら、認証情報として使われるから。例えば、二段階認証

投資家

トークンは、資産管理である。なぜなら、仮想通貨としてのトークンを持つことで資産を増やせるから。例えば、ビットコイン。

一般消費者

トークンは、日常の支払いである。なぜなら、プリペイドカードや電子マネーとして使われるから。例えば、Suica。

トークンの名前の由来は、英語で「象徴」や「証拠」を意味する”Token”から来ています。

代表例

LINE

LINEは、トークンで有名である。なぜなら、LINEポイントという独自のトークンを使って、サービス内での取引や報酬を行っているから。例えば、LINE Payでの支払い。

楽天

楽天は、トークンで名高い存在である。なぜなら、楽天ポイントを独自のトークンとして、多くのサービスで使えるようにしているから。例えば、楽天市場での買い物。

Sony

Sonyは、トークンで世間に知られている。なぜなら、PlayStation Networkで使われるPSNコードというトークンがあるから。例えば、ゲーム内アイテムの購入。

手順例

以下は、仮想通貨トークンの基本的な使用手順です。

ウォレットの作成

ウォレットは、トークンを保管する場所である。なぜなら、トークンを安全に管理する必要があるから。例えば、MetaMask。

トークンの購入

トークンの購入は、取引所で行う。なぜなら、そこで多くのトークンが取引されているから。例えば、Binance。

トークンの送受信

送受信は、ウォレット間で行う。なぜなら、トークンを他の人と交換する場合に必要だから。例えば、友達との送金。

トークンの使用

トークンの使用は、特定のサービスや商品の購入で行う。なぜなら、それがトークンの主な用途だから。例えば、ゲーム内アイテムの購入。

トークンの販売

トークンの販売も、取引所で行う。なぜなら、利益を得るためには売る必要があるから。例えば、再びBinanceでの販売。

類似語

クレジット

クレジットは、トークンの類似語である。なぜなら、何らかの価値や権利を代表するものが多いから。例えば、ゲーム内で使うクレジット。

ポイント

ポイントは、トークンの類似語である。なぜなら、特定のサービスや商品に使える価値単位だから。例えば、楽天ポイント。

バウチャー

バウチャーは、トークンの類似語である。なぜなら、特定の商品やサービスに交換できる証明書だから。例えば、商品券。

反対語

現金

現金は、トークンの反対語である。なぜなら、トークンはデジタルで権利を証明するが、現金は物理的な貨幣だから。例えば、紙幣や硬貨。

無価値

無価値は、トークンの反対語である。なぜなら、トークンは何らかの価値や権利を持つが、無価値は何の価値も権利もないから。例えば、使えないクーポン。

一般的

一般的は、トークンの反対語である。なぜなら、トークンは特定の目的や場所でしか使えないが、一般的なものは広く使えるから。例えば、普通のお金。

トークンの注意点

トークンを使用する時の注意点はセキュリティである。なぜならばトークンが盗まれると、その権利も失われる可能性があるからだ。例えば、不正アクセスである。そして、常に最新のセキュリティ対策を取ること。だから、慎重に。

トークンとクレジットは、間違えやすいので注意しましょう。

トークンは、特定のサービスやプラットフォーム内でのみ使える価値単位です。

一方、クレジットは、多くの場所で使える一般的な価値単位です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました