CUIとは?プログラミングの基本を理解する

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 文字だけでPC操作
  • プログラミングに重要
  • 視覚的なUIと対比

CUI = Character User Interface

CUIとは文字でPCを操作する方法、プログラミングに必要な技術です。

概要説明

CUIとは文字だけでPCを操作する方法である。 なぜならば直接コマンドを入力することで、細かい設定変更やプログラムの実行が可能だからだ。

例えば、サーバー管理やデータベースの操作などに使われる。 そして、視覚的な操作が不要な場合に有効。

つまり、コマンドを知っていれば、より直接的かつ高度な操作が可能になる。 だからプログラミングなどで頻繁に使用される。

職業・職種

プログラマー

プログラマーは、CUIを頻繁に使う。なぜなら、高度な設定やプログラムの実行が必要だからだ。例えば、サーバーの設定変更やスクリプトの実行など。

システムエンジニア

システムエンジニアは、CUIを使うことが多い。なぜなら、システムの設定や管理が求められるからだ。例えば、データベースの管理やネットワークの設定など。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、CUIを用いることがある。なぜなら、ルーターやスイッチなどの設定が必要だからだ。例えば、ルーティング設定やセキュリティ設定など。

PCの操作もCUIでできます。

企業・製品

Microsoft

Microsoftは、PowerShellというCUIツールを提供している。なぜなら、Windowsの管理や自動化を行うためだ。例えば、システム設定の変更やタスクの自動化など。

Apple

Appleは、ターミナルというCUIツールをMacOSに標準で搭載している。なぜなら、システムの詳細な設定やデータ処理が可能だからだ。例えば、ファイル操作やスクリプト実行など。

Linux

Linuxは、CUIを主な操作方法としている。なぜなら、システムの全てをコマンドラインで操作できるからだ。例えば、ソフトウェアのインストールやシステム設定など。

手順例

CUIを開く

CUIを開くことは、作業の最初のステップである。なぜなら、CUIを通じてPCに命令を直接送るからだ。例えば、Windowsなら「cmd」を、Macなら「ターミナル」を開く。

コマンドを入力

コマンドを入力するのは、次のステップである。なぜなら、コマンドがPCへの指示となるからだ。例えば、ファイルの移動やコピーなど。

コマンドを実行

コマンドを実行するというのは、入力したコマンドを実行することである。なぜなら、これによりPCが指示通りの操作を行うからだ。例えば、「dir」を打ち込むと、その場所のファイルやディレクトリ一覧を見せてくれる。

結果を確認

結果を確認するのは、実行したコマンドの結果を確認することである。なぜなら、これにより指示が正しく実行されたか、あるいは何かエラーが起きたかを知ることができるからだ。例えば、「dir」の結果として出てくる一覧から目的のファイルが存在することを確認する。

必要に応じてコマンドを繰り返す

必要に応じてコマンドを繰り返すのは、一つのコマンドだけでは目的を達成できない場合が多いからだ。例えば、別の場所へ移動するためには再度「cd」コマンドを実行するといった具体的な操作が必要になる。

類似語

CLI(Command Line Interface)

CLIは、CUIと同義である。なぜなら、両者ともユーザーがテキストベースのコマンドを用いてコンピュータと対話するインターフェーススタイルを指すからだ。例えば、dircdなどのコマンドの使用。

シェル

シェルは、CUIの一種である。なぜなら、シェルもまた、ユーザーがテキストベースのコマンドを用いてコンピュータと対話する方法を提供するからだ。例えば、bashzshなどのシェルスクリプトの使用。

ターミナル

ターミナルは、CUIの実行環境を提供するものである。なぜなら、ユーザーがCUIを用いてコンピュータと対話するための窓口となるからだ。例えば、macOSの「ターミナル」アプリやWindowsの「コマンドプロンプト」など。

反対語

GUI(Graphical User Interface)

GUIは、CUIの反対語である。なぜなら、GUIは直感的に操作できるビジュアルなインターフェースを提供する一方、CUIはテキストベースのコマンドを使って操作するからだ。例えば、マウスでアイコンをクリックする操作。

WIMP(Window, Icon, Menu, Pointing device)

WIMPは、CUIの反対語である。なぜなら、WIMPはウィンドウ、アイコン、メニュー、ポインティングデバイス(マウスなど)を基本要素とするGUIの一種だからだ。例えば、ウィンドウを開いてドラッグ&ドロップでファイルを移動する操作。

タッチインターフェース

タッチインターフェースは、CUIの反対語である。なぜなら、タッチインターフェースは物理的なタッチ操作によってデバイスを操作する一方、CUIはテキストベースのコマンドを使って操作するからだ。例えば、タブレットやスマートフォンでのスワイプやピンチイン・アウトなどの操作。

会話例

新入社員が上司にCUIについて質問する場面

Q.「先輩、CUIって具体的にどんなことができるんですか?」
A.「CUIはコマンドを用いて操作を行うインターフェースだよ。例えば、ファイルの移動やコピー、プログラムの実行など、テキストベースで指示を出すことができるよ。」

ソフトウェアエンジニアが同僚とCUIの利点について話している場面

Q.「でも、CUIはGUIに比べて使いにくいと思われがちじゃない?」
A.「そうかもしれないけど、一度コマンドを覚えてしまえば、複雑な操作を素早く正確に行うことができるよ。さらにスクリプトとして保存して再利用することも可能だから、作業の効率化に役立つんだ。」

カスタマーサポートがCUIに不慣れなユーザーに説明する場面

Q.「CUIって何?それは難しそう…」
A.「CUIはコマンドを使ってパソコンと対話する方法です。初めは少し難しく感じるかもしれませんが、基本的なコマンドを覚えれば、様々な作業を効率よくこなせるようになりますよ。」

注意点

CUIを使用する時の注意点はコマンドの誤入力である。 なぜならば、誤ったコマンドを入力すると意図しない操作を行ってしまう可能性があるからだ。

例えば、ファイル削除のコマンドを間違えると、重要なデータを削除してしまう可能性がある。 そして、誤った操作は基本的に元に戻すことができない。

だからCUIを使用する際には、コマンドの入力には細心の注意を払うことが重要である。

直感的に操作できるGUIが普及したので、システム触るひとしかCUIで操作しないです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました