ベーシック認証とは?IDとパスワードでウェブページを守る

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとベーシック認証とは

ベーシック認証とは、ディレクトリ単位の認証システムです。

概要説明

ベーシック認証とはIDやパスワードで認証するシステム。 なぜならば、特定のユーザだけがアクセスできるようにしたいからだ。

例えば、社内専用のページである。そして、検索エンジンのクローラーや不正アクセスから守ることができる。

つまり、安全性とプライバシーを保つためのツールである。だから、多くのウェブサイト管理者が使う。

イメージ

職業職種

ウェブデザイナー

ベーシック認証は、ウェブページのセキュリティを確保する手法である。なぜなら、特定のユーザだけがアクセスできるようにするからだ。例えば、制作中のサイトのプレビュー。

ITマネージャー

ベーシック認証は、社内情報を保護する方法である。なぜなら、外部からの不正アクセスを防ぐからだ。例えば、社内専用のデータベースページ。

サーバー管理者

ベーシック認証は、サーバーの特定のディレクトリを保護するためのツールである。なぜなら、認証なしにはアクセスできなくするからだ。例えば、バックアップファイルのディレクトリ。

ベーシック認証は、名前の由来は「基本的な」を意味する英語の「Basic」からきています。

ベーシック認証の代表例

Apache

Apacheは、ベーシック認証で有名である。なぜなら、Webサーバーソフトウェアとして広く利用され、ベーシック認証の設定が簡単にできるからだ。例えば、.htaccessファイルを使用して簡単に設定が可能。

Nginx

Nginxは、ベーシック認証で名高い存在である。なぜなら、高速なWebサーバーとして知られており、ベーシック認証の設定もサポートしているからだ。例えば、設定ファイルを編集することで認証を実装できる。

GitHub

GitHubは、ベーシック認証で世間に知られている。なぜなら、開発者たちがコードを共有するプラットフォームで、APIを利用する際の一つの認証方法としてベーシック認証が使われているからだ。例えば、APIを呼び出す際の認証に使うことができる。

手順例

以下は、Webサイトにベーシック認証を設定する手順です。

設定ファイルの準備

設定ファイルは、ベーシック認証の基盤である。なぜなら、このファイルに認証情報を記述するからだ。例えば、Apacheでは.htaccess、NGINXではnginx.confを使用する。

ユーザー名とパスワードの設定

ユーザー名とパスワードは、アクセス制御のキーである。なぜなら、設定した情報を入力しないとアクセスできなくなるからだ。例えば、特定のユーザーだけにページのアクセスを許可するため。

認証の適用範囲の指定

適用範囲は、どのページやディレクトリに認証をかけるかを決めるものである。なぜなら、全ページや特定のディレクトリだけに認証をかけたい場合があるからだ。例えば、管理者ページだけに認証をかける場合など。

設定ファイルのアップロード

設定ファイルをWebサーバーにアップロードすることで、ベーシック認証が動作し始める。なぜなら、サーバーはこの設定ファイルを読み込んで認証を実行するからだ。例えば、FTPSSHを使用してアップロードする。

動作の確認

最後に、ブラウザからアクセスして動作を確認する。なぜなら、設定ミスやタイプミスがないかをチェックするためだ。例えば、意図したページやディレクトリに認証画面が表示されるかを確認する。

類似語

ダイジェスト認証

ダイジェスト認証は、ベーシック認証の類似語である。なぜなら、両者ともHTTPの認証方式の一つだけど、ダイジェスト認証はもう少し安全性が高いからだ。例えば、パスワードが平文で送信されない。

トークン認証

トークン認証は、ベーシック認証の類似語である。なぜなら、ユーザーの認証に特定の「トークン」というコードを使う方式だからだ。例えば、APIのアクセス時などに使われることが多い。

OAuth

OAuthは、ベーシック認証の類似語である。なぜなら、ユーザーのデータへのアクセス権を外部サービスに与える際の認証手法の一つだからだ。例えば、SNSのアカウントで他のサイトにログインする時に使う。

反対語

無認証

無認証は、ベーシック認証の反対語である。なぜなら、認証なしで誰でもアクセス可能な状態を指すからだ。例えば、公開されたウェブページ。

オープンアクセス

オープンアクセスは、ベーシック認証の反対語である。なぜなら、認証せずに利用できるサービスや情報を指すからだ。例えば、無料のWiFi。

公開状態

公開状態は、ベーシック認証の反対語である。なぜなら、制限なく公開されている状態を指すからだ。例えば、ブログの公開記事。

ベーシック認証の注意点

ベーシック認証を使用する時の注意点はパスワードの強度である。なぜならば、簡単なパスワードだと不正アクセスのリスクが高まるからだ。

例えば、「password」や「123456」のような単純なものである。そして、定期的なパスワード変更も大切。だから、安全な運用を心がけよう。

ベーシック認証とダイジェスト認証は、間違えやすいので注意しましょう。

ベーシック認証は、IDとパスワードをBase64でエンコードして送信する方式です。

一方、ダイジェスト認証は、ハッシュ関数を使用して情報を送信する方式です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました