ジオターゲティングとは?位置情報を活用したマーケティング

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 位置情報を利用したマーケティング
  • 特定の情報を地域に配信
  • 店舗の集客やクーポン配信に使える

ジオターゲティングとは位置情報を使ったマーケティングです。

概要説明

ジオターゲティングとは位置情報を利用したマーケティングである。 なぜならば、顧客の位置情報を元に特定の情報を配信できるからだ。

例えば店舗の近くにいる人にクーポンを配信することができる。そして、これにより集客や販促活動を効果的に行うことができる。つまり、地域や位置に合わせた情報提供が可能である。

だからマーケティング手法として注目されている。

職業職種

マーケティング担当者

マーケティング担当者は、ジオターゲティングをよく使う。なぜなら、顧客に適切な情報を提供し、購買意欲を高めることができるからだ。例えば新商品の情報を近くの顧客に先行配信したりする。

店舗経営者

店舗経営者は、ジオターゲティングを利用する。なぜなら、近くの顧客を直接店舗に誘導するための情報を配信できるからだ。例えば割引クーポンを配布して集客を促す。

アプリ開発者

アプリ開発者は、ジオターゲティングを導入する。なぜなら、ユーザーの位置情報を元にサービスを提供できるからだ。例えば地図アプリで周辺のお店情報を表示したりする。

ジオターゲティングはの名前は、「Geo」(地理)と「Targeting」(ターゲティング)を組み合わせたものです。

代表例

Google

Googleは、ジオターゲティングのリーダーだ。なぜなら、Google Adsという広告プラットフォームを使って、利用者の地理的な位置に基づいた広告配信を可能にしているからだ。例えば、レストランが近くの人々に広告を出すことができる。

Facebook

Facebookは、ジオターゲティングをうまく活用する。なぜなら、利用者の位置情報をもとにパーソナライズされた広告を配信できるからだ。例えば、人々が自分の近くの新しいカフェの広告を見ることがある。

Yelp

Yelpは、ジオターゲティングの面白い使い方をしている。なぜなら、ユーザーが特定の地域のレビューを探すと、その地域のビジネスからの広告を表示するからだ。例えば、特定のエリアのレストランを探すと、そのエリアの他のレストランからの広告を見ることができる。

手順例

目標地域を設定する

目標地域を設定することが最初のステップだ。なぜなら、ジオターゲティングは位置に基づいているからだ。例えば、ビジネスが特定の地域に焦点を当てたい場合、その地域を目標とする。

ターゲットの顧客を理解する

ターゲットの顧客を理解することが重要だ。なぜなら、その地域の顧客の行動や興味によって広告を最適化できるからだ。例えば、地元のイベントや文化に関連した広告を配信する。

広告を作成する

広告を作成することが次のステップだ。なぜなら、地理的な位置に合わせてパーソナライズされたメッセージを作る必要があるからだ。例えば、地元のフェスティバルに合わせた特別なプロモーションを提供する。

結果を測定する

結果を測定することが最後のステップだ。なぜなら、これによりジオターゲティングの効果を評価し、必要に応じて戦略を調整できるからだ。例えば、特定の地域の広告が他の地域よりもパフォーマンスが高い場合、その地域に焦点を絞ることができる。

類似語

地理的ターゲティング

地理的ターゲティングは、ジオターゲティングの同義語だ。なぜなら、両者とも特定の地理的エリアに基づいて広告やメッセージをターゲットにするからだ。例えば、都市や国、地域などの特定の場所に広告を配信する。

位置ベースのサービス

位置ベースのサービスは、ジオターゲティングに似た概念だ。なぜなら、ユーザーの地理的な位置に基づいてサービスを提供するからだ。例えば、GPSを使って近くのレストランや店舗を見つけるアプリ。

地元向け広告

地元向け広告は、ジオターゲティングの一形態だ。なぜなら、特定の地域の人々に向けて広告を配信するからだ。例えば、特定の街の人々に向けた地元の店舗の広告。

反対語

全域ターゲティング

全域ターゲティングは、特定の場所に制限せず、全ての人々に情報を送ること。なぜなら、ジオターゲティングは特定の地域をターゲットにするのに対し、全域ターゲティングは全地域を対象とするからだ。例えば、全国に配信するテレビCM。

ランダムターゲティング

ランダムターゲティングは、特定の場所を対象にせず、ランダムな人々に情報を送ること。なぜなら、ジオターゲティングは地域や位置に基づいてターゲットを決めるが、ランダムターゲティングは場所に関係なくランダムに人々を選ぶからだ。例えば、ランダムに選ばれた人々にメールを送ること。

非対象ターゲティング

非対象ターゲティングは、特定の情報を送る相手を選ばないこと。なぜなら、ジオターゲティングは特定の地域や位置に基づいてターゲットを選ぶのに対し、非対象ターゲティングは誰にでも情報を配信するからだ。例えば、すべてのSNSフォロワーに投稿をすること。

会話例

友達との会話

「この店の広告、どうやって見つけたの?」
「実はジオターゲティングの広告だよ。この店から近くにいる人に特別な情報を送るんだ。」

親との会話

「また新しいクーポンがスマホに来たけど、どうして私のところに?」
「それ、ジオターゲティングかもしれないよ。お店が近くの人にクーポンを送って、お店に来てもらおうとしているんだ。」

授業中の会話

「ジオターゲティングって何?」
「それは、特定の場所にいる人に向けて情報を送る方法だよ。例えば、店が近くにいる人にクーポンを送るとかさ。」

注意点

ジオターゲティングをする時の注意点はプライバシーの保護である。なぜならば、ジオターゲティングは個々の位置情報を使用するからだ。

例えば、ユーザーが位置情報の共有を許可していない場合、無理に情報を取得するとプライバシー侵害になりかねない。そして、誤った位置情報に基づくマーケティングはユーザーを困惑させる可能性もある。

だから、正確さとユーザーの許可が必要だ。

ジオターゲティングとビヘイビアターゲティングは、間違えやすいので注意しましょう。ジオターゲティングは位置に基づいて情報を送ることで、ビヘイビアターゲティングはユーザーの行動に基づいて情報を送ることです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました