シリアルアントプレナーとは?成功者が次々とビジネスを生み出す

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 複数回のビジネスを立ち上げる人
  • 経験と知識を生かして成功する
  • ビジネスが安定したら次のチャレンジへ

シリアルアントプレナーとは、経験を生かし次々とビジネスを成功させる人です。

概要説明

シリアルアントプレナーとは新しいビジネスを次々に立ち上げる人である。なぜなら過去の成功経験を生かして新たな挑戦を続ける。

例えば一度のビジネスが成功したら、その次は新しいビジネスへと手を伸ばすである。そして失敗を恐れずにチャレンジし続ける。つまり経験と勇気がキーとなるである。

だから多くの成功者がシリアルアントプレナーである。

職業職種

起業家

シリアルアントプレナーの例は、次々に新しいビジネスを立ち上げる起業家である。なぜなら、自身の経験と知識を生かし続けるから。例えばIT業界の成功者。

投資家

シリアルアントプレナーのアイデアは、新しいビジネスへの投資を促進する。なぜなら、繰り返し成功を収める可能性があるから。例えばベンチャーキャピタル。

ビジネス学生

シリアルアントプレナーの考え方は、新たなビジネスモデルの学習に役立つ。なぜなら、成功の繰り返しを体験することで学べるから。例えば起業家を目指す学生。

シリアルアントプレナーは、名前の由来は英語の’Serial’(連続)と’Entrepreneur’(起業家)の組み合わせです。

代表例

Elon Musk(イーロン・マスク)

イーロン・マスクは、最高のシリアルアントプレナーの一人だ。なぜなら、彼はPayPalの創業者の一人であり、その後、SpaceX、Tesla、The Boring Companyなどを創業したからだ。彼の起業家精神は次々と新たなビジネスに挑戦していることから見て取れる。

Richard Branson(リチャード・ブランソン)

リチャード・ブランソンもまた、有名なシリアルアントプレナーだ。なぜなら、彼はレコード会社から始め、航空会社、宇宙旅行会社など、多種多様なビジネスに手を出してきたからだ。ブランソンの起業家精神は、新たな分野に常に挑戦し続ける勇気から生まれている。

手順例

  1. アイデアを見つける
    シリアルアントプレナーになるための最初のステップは、革新的なアイデアを見つけることだ。なぜなら、新しいビジネスの基盤となるアイデアが必要だからだ。アイデアは、日常生活の中の問題を解決するものが良い。
  2. ビジネス計画を作る
    アイデアが見つかったら、次はそれを元にビジネス計画を作る。なぜなら、ビジネスの目標と戦略を明確にするためだ。計画には、目標市場、収益モデル、競争分析などを含める。
  3. 資金を調達する
    ビジネス計画が出来たら、次は資金を調達する。なぜなら、ビジネスを始めるための基本的な資金が必要だからだ。資金は、自己資金、投資家、銀行ローンなどから調達する。
  4. ビジネスを始める
    資金を手に入れたら、ビジネスを始める。なぜなら、アイデアを現実のものにするためだ。商品やサービスの開発、マーケティング、販売などを行う。
  5. ビジネスを拡大し、次のアイデアへ
    ビジネスが成功し始めたら、拡大する。そして次の新しいアイデアに取り組む。なぜなら、シリアルアントプレナーは常に新しいビジネスを創り出すからだ。一つのビジネスが安定したら、次のビジネスを始めるのがシリアルアントプレナーの特徴だ。

類似語

起業家

起業家は、シリアルアントプレナーと類似している。なぜなら、どちらも新たなビジネスを始める人々を指すからだ。ただし、シリアルアントプレナーは複数のビジネスを次々に立ち上げる点で特異だ。

イノベーター

イノベーターもまた、シリアルアントプレナーと似ている。なぜなら、新しいアイデアや技術を生み出し、それを実用化する人々を指すからだ。シリアルアントプレナーはそのスキルを使って新しいビジネスを生み出す。

反対語

サラリーマン

サラリーマンは、シリアルアントプレナーの反対だ。なぜなら、サラリーマンは同じ会社で長期間働くことが普通だからだ。例えば、一生涯を一つの企業で過ごすこともある。

非起業家

非起業家は、シリアルアントプレナーとは反対だ。なぜなら、非起業家は自分でビジネスを立ち上げたり運営したりすることがないからだ。例えば、会社員や学生、主婦などがこれに該当する。

一発屋

一発屋は、シリアルアントプレナーとは反対だ。なぜなら、一発屋は一度だけ成功を収め、それ以降は成功を繰り返せないからだ。例えば、一度だけヒット商品を出した会社や人々がこれに当てはまる。

会話例

友達とのカジュアルな会話

「君が言ってたシリアルアントプレナーって何?」
「それは、何度も起業を繰り返す人のことさ。一つのビジネスが軌道に乗ったら、次のビジネスを始めるんだ。」

学校のクラスでのプレゼンテーション

「シリアルアントプレナーは成功しやすいの?」
「うん、研究によると、過去のビジネスで成功した起業家は、新しいビジネスでも成功する可能性が高いんだって。」

就職相談でのカウンセラーとの会話

「将来、シリアルアントプレナーになりたいんですが、何かアドバイスはありますか?」
「まずは一つのビジネスに集中して成功させることが大事だよ。そして、それが安定したら次のビジネスに挑戦するんだ。」

注意点

シリアルアントプレナーを目指す時の注意点は計画性である。なぜならば、一つのビジネスが成功するとすぐに次のビジネスに移行するのが特徴だからだ。

例えば、次のビジネスに移行するタイミングを誤ると、前のビジネスが崩壊する可能性がある。そして、適切な時間とリソースの管理が必要だ。だから、計画性が重要だ。

シリアルアントプレナーとコングロマリットは、違うので注意しましょう。シリアルアントプレナーは、一人の人間が何度も新しい会社を立ち上げて成功を追求すること。それに対して、コングロマリットは、一つの大企業がさまざまな分野にまたがって事業を展開することです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました