シンクライアントとは?最小限の機能でサーバーを最大限利用!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • サーバーを最大限活用するコンピュータシステム
  • ユーザーのコンピュータ機能を最小限に
  • 高いセキュリティを保つ最適なシステム

シンクライアントとは、サーバー最大、PC最小、高セキュリティのシステムです。

概要説明

シンクライアントとはサーバー処理を最大限活用するシステムである。 なぜならばデータの保存やソフトウェアの起動などの処理をサーバー側で行うからだ。

例えば図書館の検索システムや企業の基幹システムなどだ。そして、ユーザーのコンピュータやネットワーク管理機能は最小限になる。

つまり、サーバー側が複雑な処理を行い、クライアントは軽量化されるのだ。だから情報漏洩のリスクが低く、セキュリティが高い。

職業職種

システム管理者

シンクライアントは、サーバーの管理を容易にする。なぜなら、全ての重要な処理をサーバーが担当するからだ。例えば、ソフトウェアの更新やデータ管理など。

IT部門のリーダー

シンクライアントは、高いセキュリティを実現する。なぜなら、重要なデータがサーバー内で処理され、情報漏洩のリスクが低くなるからだ。例えば、秘密情報を扱う企業システムなど。

経営者

シンクライアントは、コスト削減に貢献する。なぜなら、端末の不具合があってもPC交換が可能で、運用コストを削減できるからだ。例えば、多数の端末を必要とする大規模なオフィスなど。

シンクライアントは、英語の “Thin”(薄い)と “Client”(クライアント)から来ています。つまり、「薄い」つまり機能が最小限の「クライアント」つまりユーザーのコンピュータを指す言葉です。

代表例

Citrix Systems

Citrix Systemsは、シンクライアント技術の大手である。なぜなら、シンクライアント向けの製品とサービスを数多く提供しているからだ。例えば、”Citrix Virtual Apps and Desktops”は仮想デスクトップとアプリケーションの提供を可能にする。

VMware

VMwareは、仮想化技術とシンクライアントを組み合わせたソリューションで有名だ。なぜなら、VMware Horizonという製品でユーザーが自分のデスクトップをどこからでも安全にアクセスできるようにしているからだ。例えば、自宅からでも会社のPCと同じ環境で仕事ができる。

Microsoft

Microsoftは、Windows Virtual Desktopなどのシンクライアントソリューションを提供している。なぜなら、ユーザーが自分のPCからリモートでWindowsデスクトップ環境にアクセスできるようにするからだ。例えば、特定のアプリケーションが必要なときだけ接続して使用できる。

手順例

シンクライアント環境を構築する手順です。

サーバー準備

最初に、サーバーを準備する。なぜなら、シンクライアント環境では処理の大部分をサーバーが担当するからだ。例えば、高性能なサーバーを用意すれば、より多くのクライアントが同時に作業できる。

ソフトウェア選定

次に、シンクライアントソフトウェアを選ぶ。なぜなら、システムの動作環境や管理の便利さはソフトウェアによって変わるからだ。例えば、VMware HorizonやCitrixの製品がある。

設定

最後に、サーバーとクライアントの設定を行う。なぜなら、シンクライアント環境を機能させるためには適切な設定が必要だからだ。例えば、サーバー上で動くアプリケーションの設定や、ユーザーごとのアクセス権限の設定などがある。

類似語

リーダブルディスク

リーダブルディスクは、情報を読み取るだけのディスクである。なぜなら、自身で情報の書き込みを行わず、必要な情報だけを読み取るからだ。例えば、映画のDVDなどがこれに該当する。

ターミナル

ターミナルは、中心のコンピュータ(サーバー)から情報を受け取り、ユーザーとのやり取りを行う装置である。なぜなら、自身では大きな処理を行わず、サーバーとユーザーの間を繋ぐ役割を担っているからだ。例えば、銀行のATMや航空会社のチェックイン機がこれに当たる。

ディスプレイクライアント

ディスプレイクライアントは、主に表示のみを行うコンピュータシステムである。なぜなら、処理はサーバー側で行い、自身は結果を表示する役割だけを持っているからだ。例えば、デジタルサイネージなどがこれに該当する。

反対語

ファットクライアント

ファットクライアントは、自身で処理を沢山持つシステムだ。なぜなら、これらの端末は高い処理能力を持ち、サーバーとは独立して複雑な作業をこなすからだ。例えば自分のPCでソフトウェアを動かす場合などがこれに当たる。

シッククライアント

シッククライアントも自身でたくさんの処理を行う。なぜなら、高い計算能力とストレージを持ち、サーバーからはほとんど依存しないからだ。例えばゲームや映像編集のための高性能なパソコンなどがこれに該当する。

会話例

図書館での本の検索

「なんで図書館のパソコンで本がすぐに見つかるの?」
「それはシンクライアントっていうシステムを使ってるからだよ。サーバーがすべての情報を管理して、各パソコンに情報を提供してるんだ。」

企業の仮想デスクトップ環境

「なんで会社のパソコンはどれも同じデータにアクセスできるの?」
「それはシンクライアントのおかげだよ。すべてのデータやアプリケーションがサーバー上にあり、各パソコンはそれにアクセスしてるんだ。」

セキュリティの観点から

「シンクライアントってセキュリティがいいって聞いたけど、なんで?」
「シンクライアントはデータが全てサーバー上にあるから、端末が盗まれたとしてもデータが漏れる心配がないんだ。だから、セキュリティ面では優れてるよ。」

注意点

シンクライアントを使う時の注意点はネットワーク環境だ。なぜならシンクライアントはサーバーと常に通信して動作するからだ。

例えばネットが遅いとシステムも遅くなる。そして、サーバーがダウンするとシステム全体が使えなくなる。だからネットワーク環境とサーバー管理は重要だ。

シンクライアントとターミナルは、間違えやすいので注意しましょう。シンクライアントは主にサーバーからデータやアプリを受け取って表示し、ターミナルはサーバーとの通信を主に行う端末です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました