仮想デスクトップとは?クラウド時代のパソコン利用法

ざっくりと仮想デスクトップ

  • パソコンを遠隔で使う
  • 場所を選ばず作業が可能
  • ネットワークがあればどこでもアクセス

仮想デスクトップ = Virtual Desktop

仮想デスクトップとはパソコンを遠隔操作でき、場所を選ばず作業ができ、ネットワークがあればどこでもアクセスできます。

仮想デスクトップとは

仮想デスクトップとはネットワークを通じてパソコンを操作できるシステムである。 なぜならばパソコンの物理的な場所に縛られずに作業ができるからだ。

例えば出張中でもオフィスのパソコンを遠隔操作できる。 そしてパソコンの環境をそのまま利用できる。 つまり場所を選ばず、自分のパソコン環境を使い続けられるシステムである。

だからリモートワークやモバイルワークに非常に便利。

使用する職種

  1. 営業マン
    仮想デスクトップは、営業マンにとって非常に便利である。なぜなら、出張先や自宅からでもオフィスのパソコンをそのまま使えるからだ。例えば顧客データベースや営業資料にどこからでもアクセス可能。

  2. ITエンジニア
    仮想デスクトップは、ITエンジニアの作業効率を上げる。なぜなら、自分の開発環境をどこからでも利用できるからだ。例えばテスト環境にリモートでアクセスして作業可能。

  3. 教育関係者
    仮想デスクトップは、教育関係者がリモート教育を実現する手段である。なぜなら、学生たちに同じPC環境を遠隔で提供できるからだ。例えばオンライン授業でのプログラミング教育に活用可能。

仮想デスクトップだとMacでWindowsを使用できます。

有名な企業や製品、サービス

  • マイクロソフト
    マイクロソフトは、仮想デスクトップの提供者である。なぜなら、Windows Virtual Desktopというクラウドベースの仮想デスクトップソリューションを提供しているからだ。例えば、Azureを利用して全世界でサービスを展開している。
  • シトリックス
    シトリックスは、仮想デスクトップのパイオニアである。なぜなら、シトリックス Virtual Apps and Desktopsという製品で企業のリモートワークを支えているからだ。例えば多くの大企業で利用されている。
  • Amazon
    Amazonは、クラウドサービスの一環として仮想デスクトップを提供している。なぜなら、Amazon WorkSpacesというサービスを展開し、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援している
  • Microsoft
    Microsoftも仮想デスクトップを提供している。なぜなら、Windows Virtual Desktopというサービスを通じて、安全かつリモートでの作業を可能にしている。例えば、自宅からでも職場のデスクトップ環境にアクセスすることが可能だ。
  • Citrix
    Citrixは仮想デスクトップのパイオニア的存在である。なぜなら、彼らの技術は、企業が柔軟な働き方を推進するのを助けてきた。例えば、Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスは、どのデバイスからでも仕事をすることを可能にしている。

大まかな手順

  1. ソフトウェアの選択
    仮想デスクトップの設定は、まずソフトウェアの選択から始まる。なぜなら、使用するソフトウェアによって操作方法や機能が異なるからだ。例えば、MicrosoftのWindows Virtual DesktopやAmazonのWorkSpacesなどが選択肢としてある。

  2. 設定
    次に、選んだソフトウェアに合わせた設定を行う。なぜなら、使用者に合った環境を整えるためだ。例えば、利用者の数や必要なアプリケーションなどを設定する。

  3. 接続テスト
    設定が完了したら、接続テストを行う。なぜなら、問題がないか確認するためだ。例えば、各デバイスから仮想デスクトップにアクセスできるかをチェックする。

  4. 運用
    問題がなければ、仮想デスクトップの運用を開始する。なぜなら、ここまでの手順が完了すれば使用可能だからだ。例えば、ユーザーにログイン情報を伝え、作業を開始させる。

  5. メンテナンス
    運用開始後も、定期的なメンテナンスは必須だ。なぜなら、安定した運用のためにはメンテナンスが重要だからだ。例えば、ソフトウェアの更新やセキュリティチェックなどを行う。

類似語

  • VDI (Virtual Desktop Infrastructure)
    VDIは、仮想デスクトップの一種である。なぜなら、物理的なマシンを使用せずにデスクトップ環境を利用するためだ。例えば、企業内で複数のユーザーが共有するのに適している。
  • リモートデスクトップ
    リモートデスクトップも仮想デスクトップと同じ概念である。なぜなら、遠隔地から別のデスクトップ環境にアクセスするためだ。例えば、自宅から会社のPCを操作する際に使用する。
  • クラウドデスクトップ
    クラウドデスクトップは、仮想デスクトップをクラウドで提供するサービスである。なぜなら、ハードウェアのメンテナンス不要で、どこからでもアクセス可能だからだ。例えば、Amazon WorkSpacesやMicrosoftのWindows Virtual Desktopなどがある。

反対語

  • 物理デスクトップ
    物理デスクトップは、仮想デスクトップの反対語である。なぜなら、ハードウェアに直接インストールされたOS上で動作するからだ。例えば、自宅やオフィスに設置された一般的なパソコン。
  • ローカルデスクトップ
    ローカルデスクトップも仮想デスクトップの反対語である。なぜなら、ユーザーが直接触れることのできる物理的なデスクトップ環境を指すからだ。例えば、自宅のパソコンなど。
  • スタンドアロンPC
    スタンドアロンPCは、ネットワークに繋がらない単独のパソコンを指す。なぜなら、仮想デスクトップと異なり、他のマシンやネットワークへの接続なしに独立して機能するからだ。例えば、インターネットに接続せずに利用する場合や特定のシステムが隔離されている必要がある状況などで使われる。

会話の例文

  1. 新入社員がIT担当者に仮想デスクトップについて質問
    Q.「仮想デスクトップって何ですか?」
    A.「仮想デスクトップは、一台のコンピュータ上で複数のユーザーがそれぞれ異なるデスクトップ環境を使用できるようにする技術のことです。」

  2. リモートワーク中の社員が同僚に質問
    Q.「仮想デスクトップはどんなときに便利なの?」
    A.「例えば、リモートワークを行っている時や、別のデバイスからでも自分のデスクトップ環境を同じように利用したいときに便利です。」

  3. 経営者がITコンサルタントに仮想デスクトップ導入の利点を問う
    Q.「仮想デスクトップを導入すると、会社にとってどんなメリットがあるの?」
    A.「仮想デスクトップを導入すると、ITリソースの管理が効率化され、セキュリティも向上します。また、リモートワークやBYOD(自分のデバイスを職場に持ち込む)の実現も容易になります。」

使用時の注意点

仮想デスクトップを使用する時の注意点は、ネットワーク環境とセキュリティ対策である。なぜならば、仮想デスクトップはインターネットを介してデスクトップ環境にアクセスするため、安定したネットワーク環境が必要だからだ。

例えば、ネットワークの不安定さが作業の効率を下げる可能性がある。そして、外部からアクセスするためのセキュリティ対策も重要である。だから仮想デスクトップを使用する際は、これらの点を十分に考慮する必要がある。

仮想デスクトップを導入することで可能性が広がります。

記事を書いてる人

ガラケー時代からWEB開発やってる自宅SE です。

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

ネット事件簿チャンネルを運営しているので、YouTubeもぜひ覗いてみてください!!

雨おやじのSNSを覗く!!
IT用語辞典
雨おやじのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント