フロントフローティングとは?初期設計で差をつける方法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとフロントフローティングとは

  • 初期段階での設計固め
  • 後の工程の負荷を軽減
  • 効率的な開発推進

フロントフローティングとは、初期設計をしっかりと固めることです。

概要説明

フロントフローティングとは初期段階での設計をしっかり固めることである。 なぜならば、仕様の変更や機能の追加などが多く起こるからだ。

例えば新しい機能を追加したい時、初期設計がしっかりしていればスムーズに進める。そして、開発の工程全体の効率が向上する。

つまり、資源や時間を節約できる。だから、フロントフローティングは非常に重要だ。

職業職種

システムエンジニア

システムエンジニアは、フロントフローティングを使用する。なぜなら、開発の効率化やコスト削減が期待できるからだ。例えば、新しいシステムの開発で初期段階で設計を固める。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、フロントフローティングを使用する。なぜなら、プロジェクトのリスクを低減し、期限内に完了させるためだ。例えば、大規模プロジェクトで初期設計の固定を重視する。

デザイナー

デザイナーも、フロントフローティングの考え方を取り入れることがある。なぜなら、デザイン変更のリクエストが多く来る可能性があるからだ。例えば、アプリのUIデザインの初期段階で詳細な設計をする。

フロントフローティングは、名前の由来は「前面(フロント)での作業の量を増やす(フローティング)」ことから来ています。

フロントフローティングの手順例

以下は、フロントフローティングを実行する手順です。

初期設計の確認

初期の設計をしっかり確認する。なぜなら、この段階での変更や追加が多いから。例えば、新しい機能の追加や変更など。

仕様の完成度を高める

仕様や設計をしっかり固める。なぜなら、後の工程の負荷を軽減するため。例えば、開発中の不具合や変更を減少させるため。

リソースの計画

必要な予算や資源を計画する。なぜなら、開発をスムーズに進めるため。例えば、人員や資材の手配を事前に行う。

開発の進行

仕様を固めた後、開発を始める。なぜなら、事前の準備が整ったから。例えば、コードの記述やテストの実施など。

効率的なフィードバックの収集

開発中や後に、フィードバックを集めて効率よく改善する。なぜなら、より良い製品やシステムを作るため。例えば、テストユーザーからの意見や感想を取り入れる。

類似語

プリプランニング

プリプランニングは、プロジェクト開始前に計画を立てるアプローチである。なぜなら、未来のリスクや問題を早期に察知するため。例えば、資源やスケジュールの調整を事前に行う。

反対語

後ろ延ばし

後ろ延ばしは、仕様や設計を後の工程で詳細化する方針である。なぜなら、初期段階では具体的な詳細を固定しないため。例えば、初期の段階でざっくりとした計画だけを立て、具体的な内容は後に決める場合。

フロントフローティングの注意点

フロントフローティングを使用する時の注意点は、過度な最適化である。なぜならば、初期の段階での過度な詳細化は変更の柔軟性を失わせるからだ。

例えば、後から変更が難しくなることがある。そして、初期段階での過度な詳細化はリソースの無駄にも繋がる。だから、バランス良く設計することが大切。

フロントフローティングとアジャイル開発は、間違えやすいので注意しましょう。

フロントフローティングは、初期の設計をしっかりと高めることで、後の工程を効率的に進める方法です。

一方、アジャイル開発は、開発を進めながら設計や要求を柔軟に変更していく方法です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました