AIとIoTの統合による未来社会:Society 5.0を理解する

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 未来社会の新たな形
  • AIとIoTを使ったシステム
  • 現実とサイバーの境界をなくす

Society 5.0とは、AIとIoTで創る社会です。

概要説明

Society 5.0とは未来社会のことである。なぜならば日本政府が科学技術を使って新たな社会を形成しようと提案しているからだ。

例えばAIやIoTを使って現実世界とサイバー空間の境界をなくすようなシステムを作る。そして社会的課題の解決や経済の発展をめざす。

つまり現実とサイバーを融合させ、より良い社会を作り出すことを目指している。だからこそSociety 5.0と呼ばれている。

職業職種

研究者

研究者は、Society 5.0を実現するための新技術を開発する。なぜなら、彼らは新たな知識を生み出し、未来社会を形成するために必要だからだ。例えばAIやIoTの研究。

ビジネスパーソン

ビジネスパーソンは、Society 5.0による新たなビジネスチャンスを探す。なぜなら、新たな社会が生まれることで新しいニーズが生まれ、それに応えるビジネスが求められるからだ。例えばIoTを活用した新サービス。

一般市民

一般市民は、Society 5.0が提供する便利な生活を享受する。なぜなら、Society 5.0は日常生活の様々な面で便利さをもたらすからだ。例えばスマートホームの利用。

Societyは、ソサエティーと読みます。

代表例

Toyota

トヨタは、Society 5.0の先駆け企業だ。なぜなら、AIとIoTを活用した自動運転技術を開発し、サイバー空間と現実世界をつなげているからだ。例えば、トヨタの自動運転車は、道路のデータを収集し、最適なルートを計算する。

Google

グーグルは、Society 5.0に大きな貢献をしている。なぜなら、人々の生活情報を一元化して収集・解析し、最適なサービスを提供しているからだ。例えば、グーグルマップは、リアルタイムの交通情報を提供し、移動を効率化している。

松下幸之助

松下幸之助は、Society 5.0の理念を先見の明があった人だ。なぜなら、彼の信念「人間中心の技術開発」は、Society 5.0が目指す「人間中心の社会」につながっているからだ。例えば、彼の創業したパナソニックは、人間中心の家電を製造してきた。

手順例

Society 5.0を理解し、自身の生活に取り入れる手順です。

理解

まずはSociety 5.0の理念を理解する。それはAIやIoTを活用し、サイバー空間と現実世界をつなげることで、人間中心の社会を実現することだ。例えば、インターネットで情報を調べてみよう。

活用

次に、既に生活に浸透しているSociety 5.0の要素を活用する。例えば、スマートホームを利用する。

参画

そして、自身がSociety 5.0の一部となるように参画する。それはデータを提供することから始まる。例えば、スマートウォッチで収集した健康データを共有する。

類似語

スマートシティ

スマートシティは、Society 5.0の一部だ。なぜなら、都市の機能をデジタル化し、都市の運用を最適化するからだ。例えば、AIを活用した交通管理システムがある。

IoT

IoTは、Society 5.0を支える技術だ。なぜなら、物とインターネットをつなげてデータを収集し、解析するからだ。例えば、スマート家電がある。

AI

AIは、Society 5.0を実現する核心技術だ。なぜなら、膨大なデータを高速に解析し、人間に代わって判断や行動をするからだ。例えば、自動運転車がある。

反対語

デジタル離れ

デジタル離れは、Society 5.0の反対である。なぜなら、これはテクノロジーから離れる行為を指すからだ。例えば、手書きのノートを使うことなどが挙げられる。

アナログ社会

アナログ社会は、Society 5.0の反対である。なぜなら、ここではデジタル技術の代わりに、従来の物理的な方法が使われるからだ。例えば、電話ではなく直接会って話すことなどだ。

情報社会

情報社会は、Society 5.0の反対である。なぜなら、これはデータの収集と共有に重きを置くが、それが経済や社会の発展にどう活用されるかまでは考えないからだ。例えば、ただインターネットを通じて情報を得るだけで、それをどう活用するかは考えない状態だ。

会話例

学校での授業中

「先生、Society 5.0って何?」
「それはAIやIoTを活用して、サイバー空間と現実世界を一体化する新しい社会のことだよ。社会問題の解決や経済の発展につながるんだ。」

家庭での会話

「パパ、Society 5.0って、何がすごいの?」
「これまで手に入らなかったデータを使えるようになるからだよ。それによって物事が効率化されて、新たな価値が生まれるんだ。」

友達との会話

「おい、Society 5.0って聞いたことある?」
「うん、それAIとかIoT使って社会をより良くしようとする新しい社会のことだよね。」

注意点

Society 5.0を理解する時の注意点はデジタルデバイドである。なぜならば全ての人が同じレベルでデジタル技術を利用できるわけではないからだ。

例えば、田舎でインターネットの接続が悪い場所がある。そして、高齢者がテクノロジーを使いこなせないこともある。だから、Society 5.0を実現するには、全ての人が利用できる環境作りが必要だ。

Society 5.0と情報社会のは、間違えやすいので注意しましょう。

Society 5.0は、AIやIoTを活用して経済発展と社会的課題の解決を目指す社会です。

一方、情報社会は、情報の収集や共有が主な特徴で、それがどう社会や経済に利用されるかまでは考えません。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました