ソーシャルボタンとは?顧客が情報をシェアできるツール!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 情報拡散の強力なツール
  • ユーザーが簡単に情報をシェア可能
  • 商品情報が広く流れると影響力が増す

ソーシャルボタンとは、情報を手軽に広めるツールです。

概要説明

ソーシャルボタンとは情報を簡単にシェアできるツールである。なぜなら、ユーザーは一つのボタンを押すだけでFacebookやTwitterなどで情報を広めることができるからだ。

例えば、お気に入りの商品を見つけた時、その情報をソーシャルネットワーキングサービスにすぐに投稿することができる。そして、その情報はユーザーの友人やフォロワーに広がっていく。

つまり、商品情報が広く流れると、その商品やブランドの影響力が増すことにつながる。だから、ソーシャルボタンは非常に強力なマーケティングツールとなる。

職業職種

Webデザイナー

ソーシャルボタンは、情報を簡単にシェアするツールである。なぜなら、ユーザーがサイトを見て共有したい情報があれば、ボタンを押すだけで情報が拡散されるからだ。例えば、商品ページやブログ記事。

マーケティング担当

ソーシャルボタンは、商品情報を広く流す強力なツールである。なぜなら、シェアされた情報はユーザーの友人やフォロワーにも届き、さらにその情報が広がる可能性があるからだ。例えば、新商品の発売情報やセール情報。

オンラインショッパー

ソーシャルボタンは、気に入った商品や情報を簡単に友達に教えるツールである。なぜなら、そのボタンを押すだけで、FacebookやTwitterで友達に教えることができるからだ。例えば、欲しい商品や面白い記事。

ソーシャルボタンの名前の由来は、ユーザーが「ソーシャル」つまり社会的なコミュニケーションを行うための「ボタン」であるということから来ています。

代表例

Facebook

Facebookは、ソーシャルボタンの先駆者とも言える企業。ユーザーが自分のプロフィールページで好きなウェブサイトのリンクをシェアできるボタンを作った最初の会社だから。

Twitter

Twitterは、情報の速さが求められる時代に最適なソーシャルボタンを提供するサービス。140文字の短文で情報を発信し、その情報をすぐに共有できるから。

Pinterest

Pinterestは、ビジュアルが強調されるソーシャルボタンの役割を果たしている。ユーザーが気に入った画像を自分のボードに追加し、その画像を他のユーザーと共有できるから。

手順例

ソーシャルボタンをウェブサイトに設置する手順です。

ソーシャルメディアを選ぶ

目指すソーシャルメディアを選ぶ。自分のウェブサイトの内容やターゲットに合ったソーシャルメディアを選ぶべきだから。

コードを取得する

ソーシャルボタンのコードを取得する。選んだソーシャルメディアのウェブサイトで提供されているボタンのHTMLコードを取得するから。

ウェブサイトに貼り付ける

コードを自分のウェブサイトに貼り付ける。取得したコードをウェブサイトのHTMLソースコード内に貼り付けるから。

ボタンの配置を確認

ボタンの配置を確認する。ユーザーが簡単に見つけられる場所にソーシャルボタンが配置されているか確認するから。

動作をテストする

ボタンの動作をテストする。ボタンが正しく動作し、適切なリンクが共有されるか確認するから。

類似語

シェアボタン

シェアボタンは、ソーシャルボタンの一種。特定のウェブページや記事を他の人と共有できるボタンだから。

いいねボタン

いいねボタンもソーシャルボタンの一種。特定の内容が気に入ったときにその気持ちを示せるボタンだから。

フォローボタン

フォローボタンは、特定の人や組織をソーシャルメディア上でフォローできるソーシャルボタン。フォローするとその人や組織の最新情報を受け取ることができるから。

反対語

個人ボタン

個人ボタンは、自分だけが使うボタンである。なぜなら、ソーシャルボタンが情報を共有するのに対し、個人ボタンは個人的な操作に使うからだ。例えば、設定変更ボタン。

非共有ボタン

非共有ボタンは、情報を共有しないボタンである。なぜなら、ソーシャルボタンが情報を拡散するのに対し、非共有ボタンはその情報を閉じ込めるからだ。例えば、ログアウトボタン。

非インタラクティブボタン

インタラクティブボタンは、他人との関わりを持たないボタンである。なぜなら、ソーシャルボタンが他人と関わるのに対し、非インタラクティブボタンは個々の操作に特化しているからだ。例えば、スクロールボタン。

会話例

オンラインショッピング

「この商品、友達に見せたいんだけどどうすればいい?」
「商品ページのソーシャルボタンをクリックして、共有したいSNSを選べばいいよ。」

ブログ記事の共有

「この記事、面白いからTwitterでシェアしたいんだけど。」
「記事の下にあるTwitterのソーシャルボタンをクリックすれば、簡単にシェアできるよ。」

自分のウェブサイトにソーシャルボタンを追加

「自分のウェブサイトにソーシャルボタンを追加したいんだけど、どうしたらいい?」
「それなら、ソーシャルメディアのウェブサイトで提供されているソーシャルボタンのコードをコピーして、ウェブサイトのHTMLに貼り付けるといいよ。」

注意点

ソーシャルボタンを使用する時の注意点は位置取りである。なぜならば、あまりに目立つ場所に配置すると、ユーザー体験を損ねてしまうからだ。

例えば、重要な情報を覆い隠すような配置は避けるべきである。そして、どのソーシャルボタンを設置するかも重要。だから、自分のターゲットとなる顧客が主に使用しているソーシャルメディアのボタンを設置するべきだ。

ソーシャルボタンとブックマークの違いは、間違えやすいので注意しましょう。

ソーシャルボタンは情報をSNSに共有するためのツールです。

一方、ブックマークは自分だけで見返すためにウェブページを保存する機能です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました