ストリーミングサーバーとは?初めてでもわかる説明!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 動画や音楽をリアルタイムに配信
  • 大量のデータ負荷を処理
  • 個人でも構築可能になる

ストリーミングサーバーとは、リアルタイムでデータを配信するコンピュータです。

概要説明

ストリーミングサーバーとはリアルタイムで動画や音楽を配信するためのコンピュータだ。 なぜならば、これがあればネット上でリアルタイムに情報を流すことができるからだ。

例えばInstagramやTwitterのライブ配信などがその例だ。そして、これは大量のデータ負荷を処理することができる。つまり、より多くの人々と情報を共有することができる。

だからこそ、現代の情報共有には欠かせない存在だ。

職業職種

ライブストリーマー

ライブストリーマーはストリーミングサーバーを使う。なぜなら、リアルタイムで視聴者とコンテンツを共有するためだ。例えば、ゲーム実況や教育コンテンツなど。

教育関係者

教育関係者はストリーミングサーバーを使う。なぜなら、オンライン授業やワークショップをリアルタイムで実施するためだ。例えば、オンライン授業やセミナーなど。

音楽家

音楽家はストリーミングサーバーを使う。なぜなら、ライブパフォーマンスをリアルタイムで配信するためだ。例えば、オンラインコンサートや音楽フェスなど。

ストリーミングサーバーの名前の由来は、英語の「stream」(流れ)と「server」(サーバー)の組み合わせで、これはデータをリアルタイムに「流れ」るように送信するサーバー、という意味を表しています。

代表例

YouTube

YouTubeは、人々がビデオをアップロードし、共有し、視聴するためのストリーミングサーバーだ。なぜなら、全世界から投稿されたビデオを瞬時に視聴できるからだ。例えば、音楽ビデオや教育ビデオを手軽に視聴できる。

Netflix

Netflixは、映画やテレビ番組をストリーミング配信するサービスだ。なぜなら、サブスクリプション料を払えば、自由にコンテンツを視聴できるからだ。例えば、最新の映画やオリジナルシリーズを楽しむことができる。

Spotify

Spotifyは、音楽とポッドキャストをストリーミングするサービスだ。なぜなら、数百万曲の中から選んで視聴できるからだ。例えば、プレイリストを作成したり、新しい音楽を発見したりすることができる。

手順例

ストリーミングサーバーの設定手順です。

ハードウェアの準備

ハードウェアは、ストリーミングサーバーの基礎をなす。なぜなら、配信するコンテンツの量や視聴者の数により、必要なスペックが変わるからだ。例えば、大量のコンテンツを配信するなら、大容量のストレージと高速なネットワークが必要だ。

ソフトウェアの選択

ソフトウェアは、ストリーミングを実現する。なぜなら、コンテンツをエンコードし、視聴者に配信する機能があるからだ。例えば、Windows Media ServicesやAdobe Media Serverなどがある。

設定の調整

設定は、ストリーミングの品質を保つ。なぜなら、ビットレートや解像度などの調整が可能で、視聴体験に影響するからだ。例えば、視聴者のネットワーク環境に合わせてビットレートを調整することができる。

コンテンツの準備

コンテンツは、ストリーミングサーバーの存在理由だ。なぜなら、視聴者に提供するためのものだからだ。例えば、ビデオや音楽をアップロードして配信する。

テスト配信

テスト配信は、問題がないかを確認する手段だ。なぜなら、実際の視聴環境での動作を確認することが重要だからだ。例えば、配信が途切れたり、画質が低下したりしないかをチェックする。

類似語

ストリーミングホスト

ストリーミングホストは、ストリーミングサーバーの類似語だ。なぜなら、これも動画や音楽をネット上に配信する機能を持つからだ。例えば、ホストという言葉は、サーバーを管理または提供する者を指す。

メディアサーバー

メディアサーバーは、ストリーミングサーバーと同じ機能を持つ。なぜなら、こちらも音声や映像のデータをネットワーク経由で配信するからだ。例えば、メディアサーバーは主に家庭内でデジタルメディアの共有に使われることが多い。

コンテンツデリバリーサーバー

コンテンツデリバリーサーバーは、ストリーミングサーバーの別名とも言える。なぜなら、これもインターネットを介してコンテンツを配信する役割を持つからだ。例えば、大規模なWebサイトでは、このサーバーを通じてユーザーにコンテンツを効率的に届ける。

反対語

クライアント

クライアントは、ストリーミングサーバーの反対だ。なぜなら、サーバーがデータを送る側なら、クライアントはデータを受け取る側だからだ。例えば、Youtubeの視聴者たちはクライアントだ。

オフラインサーバー

オフラインサーバーは、ストリーミングサーバーの反対だ。なぜなら、ストリーミングサーバーがリアルタイムでデータを配信する一方、オフラインサーバーはネットワークに接続していないためデータの配信ができないからだ。例えば、研究データを保存しているサーバーがオフラインサーバーだ。

非ストリーミング配信

非ストリーミング配信は、ストリーミングサーバーの反対だ。なぜなら、ストリーミングサーバーがデータをリアルタイムに配信するのに対して、非ストリーミング配信はデータ全体をダウンロードしてから再生するからだ。例えば、音楽を完全にダウンロードしてから聞く方式が非ストリーミング配信だ。

会話例

学校の情報科学の授業

「先生、ストリーミングサーバーって何?」
「いい質問だね。ストリーミングサーバーは、動画や音楽などのデータをリアルタイムに送るコンピュータのことさ。」

友達との会話

「お前、YouTubeライブ見るの?」
「うん、そうだよ。YouTubeライブはストリーミングサーバーを使って配信されるんだよ。」

家での会話

「パパ、なんでNetflixはすぐに映画を見ることができるの?」
「それはNetflixがストリーミングサーバーを使って、映画のデータをすぐに送るからだよ。」

注意点

ストリーミングサーバーを使う時の注意点はネットワークの安定性だ。なぜならばストリーミングサーバーはリアルタイムでデータを送るから、ネットワークが不安定だと映像が止まったり、音が途切れたりする可能性があるからだ。

例えばライブ配信中にネットワークが切れた場合、視聴者は映像を見ることができなくなる。そしてこれは視聴者の満足度を下げる可能性がある。だからネットワークの状況をしっかりと確認してから配信を始めるべきだ。

ストリーミングサーバーとウェブサーバーは、間違えやすいので注意しましょう。

ストリーミングサーバーは動画や音楽をリアルタイムで送信するために使います。

一方、ウェブサーバーはウェブページの情報を提供するために使います。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました