ジョーアカウントとは?脆弱なセキュリティを避けるための知識!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 同じID、PASSのアカウント
  • セキュリティが最も脆弱
  • アカウントの乗っ取りを招く

ジョーアカウントとは、IDとパスワードが同じアカウントです。
例えば、ID「joe」、パスワード「joe」

概要説明

ジョーアカウントとは、同じIDとパスワードを設定するアカウントのことだ。 なぜなら、同じIDとパスワードを使うと、不正アクセスされやすくなるからだ。

例えば、他人にIDとパスワードを狙われやすいのだ。そして、それがアカウントの乗っ取りにつながる。つまり、セキュリティ的には非常にリスクが高い状態となる。

だから、ジョーアカウントは作らない方がいい。

職業職種

ITエンジニア

ITエンジニアは、ジョーアカウントを避ける。なぜなら、セキュリティが脆弱になるからだ。例えば、開発環境やテスト環境でジョーアカウントを使うと、情報漏洩のリスクが高まる。

一般ユーザー

一般ユーザーも、ジョーアカウントは避ける。なぜなら、パスワードが簡単に推測されるからだ。例えば、SNSやメールなどでジョーアカウントを使うと、自分のアカウントが乗っ取られる可能性がある。

企業の経営者

企業の経営者は、従業員にジョーアカウントの危険性を教える。なぜなら、企業の情報が外部に漏れるリスクがあるからだ。例えば、社内システムでジョーアカウントを使うと、業務上の重要な情報が漏れる可能性がある。

ジョーアカウントの名前の由来は、アメリカの一般的な名前「Joe」が使われ、誰でも簡単に作れるアカウントという意味合いからきています。

類似語

同一パスワード

同一パスワードは、ジョーアカウントと同じく危険である。なぜなら、同じパスワードを使うことで乗っ取られる可能性が高まるからだ。例えばネットショッピングのアカウント。

ユニバーサルパスワード

ユニバーサルパスワードは、ジョーアカウントに似ている。なぜなら、全てのアカウントで同じパスワードを使うと、一つのアカウントが侵害されると全てのアカウントが危険にさらされるからだ。例えばSNSやメールアカウント。

自己開示

自己開示は、ジョーアカウントと少し違うが似ている。なぜなら、自己開示とは自分の個人情報を不必要に公開することで、これもセキュリティ上のリスクを高めるからだ。例えば自分の生年月日をSNSに投稿すること。

反対語

セキュアアカウント

セキュアアカウントは、ジョーアカウントの反対だ。なぜなら、それぞれ異なる強固なIDとPASSを使うことで、不正アクセスを防ぐからだ。例えば、大文字・小文字・数字・記号を混ぜたPASSを使ったアカウント。

マルチファクタ認証

マルチファクタ認証は、ジョーアカウントとは正反対である。なぜなら、複数の証明を必要とすることで、不正アクセスを一層防ぐことができるからだ。例えば、パスワードと電話番号認証を必要とするシステム。

一時パスワード

一時パスワードは、ジョーアカウントの反対だ。なぜなら、一度しか使用できないパスワードを使うことで、不正アクセスを防ぐことができるからだ。例えば、銀行のATMで一時的に生成されるパスワード。

会話例

友人との会話

「おい、新しいゲームのアカウント作ったんだけど、IDとパスワード同じにしても大丈夫かな?」
「それはジョーアカウントっていうんだよ。簡単に乗っ取られるから、やめた方がいいよ。」

親子の会話

「ママ、新しく作ったメールのIDとパスワード、一緒にしてもいい?」
「それだとジョーアカウントになっちゃうよ。セキュリティが弱くなるから、別のパスワードを考えようね。」

クラスメイトとの会話

「え、IDとパスワードって違うの作らなきゃダメなの?」
「うん、同じだとジョーアカウントになっちゃうんだ。不正アクセスのリスクが上がるから、違うものを設定しよう。」

注意点

ジョーアカウントを作る時の注意点は、それが最もセキュリティが弱いということだ。なぜならば、同じIDとPASSを使うと簡単に乗っ取られる可能性があるからだ。

例えばソーシャルメディアのアカウントである。そして、情報が盗まれると、個人情報が漏洩したり、不正に利用されたりする可能性がある。

だから、ジョーアカウントは絶対に作らないようにしましょう。

ジョーアカウントと同一パスワードは、間違えやすいので注意しましょう。ジョーアカウントはIDとパスワードが同じで、同一パスワードは複数のサイトで同じパスワードを使うことです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました