デーモンとは?OSのバックグラウンドで重要な働きをするプログラムの解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • OSのバックグラウンドで働く
  • UNIXでの慣例的なプロセス
  • エラー時にメッセージを発する

デーモンとは、OSバックグラウンドで常に動くプログラムです。

概要説明

デーモンとはOSのバックグラウンドで常に働くプログラムである。 なぜならばシステムの安定稼働をサポートするため。

例えばsshdは着信SSH接続機能である。そしてsyslogdはシステムロギング機能。つまりバックエンドで重要な役割を果たすである。だから不可欠。

職業職種

システム管理者

システム管理者は、デーモンを監視する役割である。なぜなら、エラー監視やログ管理が必要だから。例えばsyslogd。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、SSH接続の設定である。なぜなら、セキュアな接続を確保するため。例えばsshd。

一般ユーザー

一般ユーザーは、エラーメッセージの受信者である。なぜなら、システムエラー時に通知が必要だから。例えば自動通知。

デーモンは、名前の由来は英語で「自然的なもの」や「善と悪を超越した存在」の意味からです。

類似語

サービスプロセス

サービスプロセスは、OSの裏方で働くプログラムである。なぜなら、ユーザーに直接見えない場所で動いているから。例えばWindowsのサービス管理。

バックグラウンドプロセス

バックグラウンドプロセスは、他の作業をしている間も働くプログラムである。なぜなら、主な作業に干渉せず裏で作動するから。例えば音楽再生アプリ。

エージェント

エージェントは、自動で特定の作業を行うプログラムである。なぜなら、人間の操作なしにタスクを実行する設計だから。例えばメールの自動整理。

反対語

前景プロセス

前景プロセスは、デーモンの反対である。なぜなら、ユーザーと直接対話しているから。例えば、使用中のWebブラウザ。

手動操作

手動操作は、デーモンの反対である。なぜなら、人間の操作が必要だから。例えば、手動でファイルを整理する行為。

一時的なプロセス

一時的なプロセスは、デーモンの反対である。なぜなら、常駐せず一時的にしか動作しないから。例えば、一回きりのデータ変換プログラム。

会話例

システム管理者が同僚との会話でエラー解決について話す場面

「このエラーはsyslogdのデーモンから来てるの?」
「そうだ、syslogdのデーモンがエラーメッセージを送っているんだ。」

開発者が新人にデーモンプロセスの説明をする場面

「sshdは何のデーモン?」
「それは着信SSH接続を取り扱うデーモンだよ。」

技術サポートがお客様にエラーメッセージの質問に答える場面

「このエラーはどうしたらいいの?」
「それはデーモンからのエラーだから、システム管理者に連絡するといいよ。」

注意点

デーモンを使用する時の注意点はセキュリティである。なぜならば悪意のあるデーモンがシステムに侵入する可能性があるからだ。

例えばウイルス感染である。そしてリソースの管理。だから常に最新のセキュリティ対策と監視が必要だ。

デーモンと通常のバックグラウンドプロセスは、間違えやすいので注意しましょう。

デーモンはOSの起動から終了まで働くものです。

一方、通常のバックグラウンドプロセスは、一時的なタスクを実行するものです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました