セキュリティインテリジェンス:効果的な対策でセキュリティを総合的に捉える

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • システムデータを一元集約
  • 脅威を可視化する分析
  • 総合的なセキュリティ対策

セキュリティインテリジェンスとは、データ収集と脅威分析です。

概要説明

セキュリティインテリジェンスとは脅威情報の一元収集と分析である。 なぜならば、多くのデータとイベントを総合的に分析することで、優先度の高い脅威を特定する。

例えばネットワーク上の異常行動を検知することである。そしてそれを迅速に対応する。つまり、従来の個々の対策の隙間をつく脅威を防ぐ。だから、セキュリティを総合的に強化する。

職業職種

システム管理者

システム管理者は、セキュリティインテリジェンスを使用する。なぜなら、システム全体の脅威を把握し、速やかに対策をとるため。例えば異常なネットワークトラフィックを迅速に検知。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、セキュリティインテリジェンスを使用する。なぜなら、ネットワーク上の脅威を一元的に検知・分析するため。例えば、異常な通信パターンを検知。

セキュリティ担当者

セキュリティ担当者は、セキュリティインテリジェンスを使用する。なぜなら、脅威を総合的に理解し、即時対策を立てるため。例えば、新たな脅威情報を収集し対策を立てる。

セキュリティインテリジェンスの名前の由来は、セキュリティに関する情報(Intelligence)を効果的に活用することから来ています。

類似語

セキュリティ分析

セキュリティ分析は、セキュリティインテリジェンスの近似語である。なぜなら、両者とも情報を集め、分析し、セキュリティの脅威を見つけ出す。例えば、システムが出力するログ情報の解析など。

脅威インテリジェンス

脅威インテリジェンスは、セキュリティインテリジェンスの類似語である。なぜなら、両者とも脅威を予測、特定し、それに対する対策を立てる目的がある。例えば、組織内部に潜むセキュリティの脅威を特定し、それを防ぐ対策を作ること。

データ分析

データ分析は、セキュリティインテリジェンスの一部と言える。なぜなら、大量のデータから意味のある情報を見つけ出すことが共通している。例えば、ユーザーのシステムやネットワーク上での行動に関する情報を解析し、それからセキュリティの脅威を見つけること。

反対語

無計画なセキュリティ

無計画なセキュリティは、セキュリティインテリジェンスの反対語である。なぜなら、情報を一元的に収集し分析する代わりに、それぞれ個別に対応するからだ。例えば、個々のセキュリティ対策だけを考え、全体のビジョンが欠けている状況。

パッシブセキュリティ

パッシブセキュリティは、セキュリティインテリジェンスの反対語である。なぜなら、情報を収集し、分析する代わりに、脅威が発生してから対策を立てるからだ。例えば、攻撃を受けてから防御策を考えること。

孤立した対策

孤立した対策は、セキュリティインテリジェンスの反対語である。なぜなら、全体的な視点でセキュリティ対策を考える代わりに、個々の問題にのみ焦点を当てるからだ。例えば、特定の脅威にのみ対策を取り、他の可能性に対する予防策を無視すること。

会話例

学校の情報教育の授業で

「先生、セキュリティインテリジェンスって何?」
「セキュリティインテリジェンスは、セキュリティの脅威を全体的に見るための方法だよ。色々な情報を集めて、それを分析して、脅威を見つけ出すんだ。」

IT企業のミーティングで

「新しいプロジェクトで、どうやってセキュリティインテリジェンスを取り入れるか?」
「まず、システムが出力するログ情報やユーザーの行動に関する情報を一元的に収集するように設計しよう。それから、それぞれの情報の相関関係を分析する仕組みを作るんだ。」

友人とのカフェでの会話で

「最近、セキュリティインテリジェンスが話題だけど、なんで重要なの?」
「セキュリティインテリジェンスがあると、それぞれのセキュリティ対策の間にある隙間をうまく塞げるんだ。これにより、悪意のある攻撃から保護する能力が上がるんだよ。」

注意点

セキュリティインテリジェンスを使用する時の注意点は情報の質である。なぜならば、大量の情報を集めることができても、それが不完全または誤った情報であると、正確な分析ができないからだ。

例えば、ログ情報が不完全であったり、ユーザーの行動に関する情報が間違っていると、真の脅威を見つけることが難しくなる。そして、情報を一元的に収集し分析するシステムを保護することも重要だ。

だから、システムのセキュリティも常に確認し、更新し続ける必要がある。

セキュリティインテリジェンスと単体のセキュリティ対策は、間違えやすいので注意しましょう。

セキュリティインテリジェンスは全体的なセキュリティ対策の考え方で、システムやユーザーの行動に関する情報を一元的に収集し分析します。

一方、単体のセキュリティ対策は、特定の脅威に対する個々の対策を立てることです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました