コンティンジェンシープランとは?突然の危機を乗り越える方法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 急な問題に備える計画
  • 事前にリスクを見極め対策を立てる
  • 事業成功のための重要な工程

コンティンジェンシープランとは、急な問題に対応するための計画です。

概要説明

コンティンジェンシープランとは、予期せぬ事態に備えた計画である。 なぜならば、いつ何が起こるかわからない。

例えば、大型台風でビルが壊れたら、事業に大打撃を受けるだろう。でも、そのリスクを事前に見つけて、対策を立てておけば、被害を最小限に抑えることができる。

だから、事業をうまく進めるためには、コンティンジェンシープランが必要なんだ。

職業職種

プロジェクトマネージャー

彼らは、プロジェクトの成功を確保するために、予期せぬ問題に備える計画を作る。

ビジネスオーナー

経営者は、会社の運営に影響を及ぼす可能性のあるリスクを管理し、それに対応する計画を持つべきだ。

イベントプランナー

突発的な天候変化や設備の故障など、予期せぬ問題に対応するために、イベントプランナーもまた計画を持つべきだ。

コンティンジェンシープランは、名前の由来は英語の”contingency”(偶然性、不確実性)と”plan”(計画)から来ています。

代表例

Microsoft

Microsoftは、IT業界でコンティンジェンシープランを重視する会社だ。なぜなら、データセンターなどで起こりうる様々な問題に備えているから。例えば、自然災害やシステム障害に対応できるよう、世界各地にバックアップデータセンターを持っている。

Toyota

Toyotaは、自動車産業でのコンティンジェンシープランの取り組みが評価されている。なぜなら、部品供給の問題や製造ラインの停止などに即座に対応できるような計画を常に準備しているからだ。例えば、2011年の東日本大震災時にも迅速に生産を再開した。

Jeff Bezos

Jeff Bezosは、Amazonの創業者で、コンティンジェンシープランの考え方を事業に活かしている。なぜなら、彼のビジネススタイルは常にリスクを考慮に入れ、それに備えることを重視しているからだ。例えば、Amazonは初めての大規模セールの日に大量のアクセスが集まり、サイトがダウンする可能性を見越して対策を立てていた。

手順例

  1. リスクの特定
    最初に、問題が起こり得る箇所や要因を明確にする。なぜなら、どんな問題が起こるか把握していなければ、適切な対策は立てられない。例えば、事業に影響を及ぼす可能性のある自然災害や経済の変動などをリストアップする。

  2. 解決策の検討
    次に、各リスクが現実になった場合の対策を考える。なぜなら、事前に考えておくことで、問題が発生した際の対応を迅速に行うことができる。例えば、自然災害でオフィスが使用不能になったときのために、テレワークの準備をしておく。

  3. プランの作成
    対策を基に具体的なコンティンジェンシープランを作成する。なぜなら、具体的な手順が明確になっていなければ、混乱を招く可能性がある。例えば、どのような状況でどの対策をとるか、誰が何を行うかなどを詳細に記す。

  4. プランの共有と教育
    全ての関係者にプランを理解してもらい、適切な行動がとれるように教育を行う。なぜなら、全員がプランを理解し行動できなければ、その効果を発揮できない。例えば、定期的にミーティングを開催し、プランの内容を説明し、模擬訓練を行う。

  5. プランの見直し
    状況が変化したり、新たなリスクが明らかになった場合は、プランを見直す。なぜなら、常に最新の情報に基づいて対策を考えることが重要だからだ。例えば、新型ウイルスの流行など、予想外のリスクが発生した場合にはプランを更新する。

類似語

予備計画

予備計画は、コンティンジェンシープランの一種だ。なぜなら、主計画がうまく行かなかったときの代替案を考えるものだから。例えば、イベントが雨天の場合には室内で開催するといった、具体的なプランBを立てる。

災害対策

災害対策も、コンティンジェンシープランに含まれる。なぜなら、自然災害などの予期せぬ事態に対する備えを含んでいるから。例えば、地震や洪水などに備えて非常食や救援物資の準備、避難経路の確認などを行う。

リスクマネジメント

リスクマネジメントは、広義のコンティンジェンシープランといえる。なぜなら、事業やプロジェクトにおけるリスクを特定し、それを最小限に抑える措置を計画するものだから。例えば、プロジェクトにおける各種リスクを評価し、それに対する対策を計画する。

反対語

即興

即興は、コンティンジェンシープランの反対語といえる。なぜなら、コンティンジェンシープランは事前に対策を計画するのに対し、即興はその場その場で対応するからだ。例えば、ライブ演奏で突然の機材トラブルに対応する場面など。

無計画

無計画も、コンティンジェンシープランの反対語といえる。なぜなら、コンティンジェンシープランは予想外の事態に備えた計画を作るのに対し、無計画は何も準備せずに進めるからだ。例えば、旅行に行く際に何も準備せずに出発すること。

突貫工事

突貫工事は、コンティンジェンシープランの反対語といえる。なぜなら、コンティンジェンシープランは予期せぬリスクに備えて計画的に進行するのに対し、突貫工事は時間やコストを削って急いで進行するからだ。例えば、締切間近のプロジェクトを急ピッチで進めること。

会話例

会議でのシナリオ

Q.「このプロジェクトで何か問題が起きたらどうするんだ?」
A.「それに備えてコンティンジェンシープランを作っているよ。問題が起きたときには、それに基づいて行動する。」

家族旅行の計画

Q.「もし、雨が降ったらどうするの?」
A.「心配ないよ。雨天用のコンティンジェンシープランを考えているから。」

サッカーの試合

Q.「主力選手が怪我したらどうするの?」
A.「そんな時のためにコンティンジェンシープランがあるんだ。代わりの選手や戦略を考えているから安心してね。」

注意点

コンティンジェンシープランを作る時の注意点は、全ての可能性を考慮することだ。なぜならば、予想外の事態に備えるためだからだ。

例えば、ビジネスでは市場の変動、技術の進歩、競合の動向などを考慮に入れる。そして、プランは定期的に見直すことが重要。

だから、常に最新の情報に基づいた対策を立てるようにしよう。

コンティンジェンシープランと危機管理は、間違えやすいので注意しましょう。コンティンジェンシープランは予期せぬリスクに備えた代替計画で、危機管理は様々な危機状況を予防し、発生した場合は最小限に抑えるための全体的な活動です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました