モックアップとは?試作品の重要性とその活用方法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとモックアップとは

  • 見た目だけの試作品
  • 設計やデザインを確認
  • 実際の材料不要

モックアップとは、見た目だけの試作品です。

概要説明

モックアップとは見た目だけの試作品である。なぜならば、製品やシステムの設計を確認するために作られるから。

例えば、新しいスマホのデザインを確認するためにプラスチックで作ることもある。そして、この段階では機能は付けずに見た目だけを重視する。

つまり、設計やデザインが実際にどう見えるかを確認するためのツールである。だから、開発過程で非常に重要。

職業職種

プロダクトデザイナー

モックアップは、デザインの確認である。なぜなら、製品の形や色、配置を確認するため。例えば、新しい家具のデザイン。

エンジニア

モックアップは、設計の検証である。なぜなら、部品の形状やサイズが合っているかを確認するため。例えば、新しい機械の部品。

マーケティング担当者

モックアップは、プレゼンテーションである。なぜなら、製品の見た目を顧客や投資家に示すため。例えば、新製品の発表会。

モックアップは、名前の由来は英語の”Mock-up”で、”模擬”や”模型”を意味する言葉から来ています。

モックアップの代表例

Adobe XD

Adobe XDは、モックアップで有名である。なぜなら、デザインからプロトタイピングまで一貫したワークフローを提供するから。例えば、ウェブサイトやアプリのデザイン。

Sketch

Sketchは、モックアップで名高い存在である。なぜなら、ユーザーインターフェースの設計に特化しているから。例えば、iOSアプリのデザイン。

InVision

InVisionは、モックアップで世間に知られている。なぜなら、リアルタイムのコラボレーションが可能で、多くの企業が使用しているから。例えば、デザインのフィードバックをリアルタイムで共有。

手順例

以下は、モックアップ作成の基本手順です。

目的の明確化

目的は、設計やデザインを確認することである。なぜなら、それがモックアップの主な用途だから。例えば、新製品の形状や色。

素材の選定

素材は、見た目を再現するものである。なぜなら、実際の材料と同じでなくてもいいから。例えば、プラスチックや紙。

作成ツールの選定

作成ツールは、目的に合ったものである。なぜなら、効率よく作業を進めるため。例えば、Adobe XDやSketch。

デザインの実施

デザインは、設計図やスケッチに基づくものである。なぜなら、それが最終的な製品に近づけるため。例えば、色の選定や形状の調整。

評価と修正

評価と修正は、完成度を高めるためである。なぜなら、初めての試みでは完璧でないことが多いから。例えば、チームでのレビュー。

類似語

プロトタイプ

プロトタイプは、モックアップの類似語である。なぜなら、両方とも製品開発の初期段階で使用されるが、プロトタイプは機能もテストするから。例えば、アプリの動作確認。

ワイヤーフレーム

ワイヤーフレームは、モックアップの類似語である。なぜなら、デザインやレイアウトを確認するために使うが、モックアップよりもシンプルな形であるから。例えば、ウェブサイトのページ構成。

スケッチ

スケッチは、モックアップの類似語である。なぜなら、アイデアを形にする初期段階で使うが、詳細なデザインまでは行わないから。例えば、手書きの図。

反対語

完成品

完成品は、モックアップの反対語である。なぜなら、完成品は全ての機能が備わっているから。例えば、市販のスマートフォン。

概念図

概念図は、モックアップの反対語である。なぜなら、概念図は形やデザインよりもアイデアや機能を重視するから。例えば、新しいアプリの機能一覧。

原型

原型は、モックアップの反対語である。なぜなら、原型は実際に動作する初期バージョンであるから。例えば、動くプロトタイプ。

モックアップの注意点

モックアップを使用する時の注意点は詳細の確認である。なぜならば、モックアップは見た目だけで機能はないからだ。

例えば、ボタンが押せるように見えても動かない。そして、クライアントやチームメンバーとしっかり確認すること。だから、誤解を避ける。

モックアップとプロトタイプは、間違えやすいので注意しましょう。

モックアップは、見た目だけの試作品です。

一方、プロトタイプは、動作も確認できる試作品です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました