スピンアウト:自由な事業展開のための会社分離手法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 新しい会社を作るための選択肢
  • 完全に独立した状態を作る
  • 親元を気にせず自由に事業展開

スピンアウトとは、会社の一事業を完全独立した新会社を設立することです。

概要説明

スピンアウトとは、会社の一部事業を分けて新たに別会社を作ることである。なぜならば、新しい分野や技術などを次から次に世に出すためだ。

例えばIT業界などではこの手法がよく使われている。そして、スピンアウトの場合、独立元の資本などが一切入らず、完全に独立した状態になる。

つまり、親元の企業ブランドを利用せずに事業を展開できる。だから、自由な事業展開が可能となる。

職業職種

CEO

CEOは、スピンアウトを検討することがある。なぜなら、新たなビジネスチャンスを追求したいときに役立つからだ。例えば新規市場への進出など。

事業開発マネージャー

事業開発マネージャーも、スピンアウトを選択することがある。なぜなら、特定のプロジェクトをより集中して推進するためだ。例えば、特定の新製品開発など。

投資家

投資家は、スピンアウトに関心を持つことがある。なぜなら、新しいビジネス機会としてスピンアウトした会社に投資することができるからだ。例えば、新たなスタートアップ企業への投資など。

名前の由来は英語の”spin out”からきています。”Spin out”は「本編から派生した」や「独立する」という意味があります。

代表例

VMware

VMwareは、EMC Corporationからのスピンアウトである。なぜなら、元々はEMCの一部だったが、独自の成長を遂げて独立したからだ。例えば、クラウドコンピューティングと仮想化技術のリーダーとして独立して成功を収めている。

Palantir

Palantirは、PayPalからのスピンアウトである。なぜなら、元々はPayPalの一部で、フィンテック分野での技術開発を行っていたからだ。例えば、現在ではビッグデータ分析の専門企業として知られている。

Tesla

Teslaは、PayPalの共同創設者Elon Muskによるスピンアウトである。なぜなら、Muskのビジョンに基づいて設立され、電気自動車と再生可能エネルギーの分野で画期的な成功を遂げたからだ。例えば、Model SやModel 3などの電気自動車で世界的に知られるようになった。

手順例

  1. 計画
    スピンアウトは、まず事業分割の計画を立てることから始まる。なぜなら、スムーズな運用と成功のためには明確なビジョンと戦略が必要だからだ。例えば、どの事業をスピンアウトさせるのか、その事業がどのように成長するのかを見極める。
  2. 準備
    次に、必要なリソースと人材を確保する。なぜなら、新しい会社の成功には適切な人材と資源が不可欠だからだ。例えば、新しい会社のCEOや取締役を選定し、資金を調達する。
  3. 実行
    そして、実際にスピンアウトを実行する。なぜなら、計画と準備だけでは新しい会社は生まれないからだ。例えば、法的手続きを経て、新しい会社を設立する。
  4. 育成
    スピンアウト後は、新しい会社を育てる。なぜなら、スピンアウトは始まりに過ぎず、その後の成長が重要だからだ。例えば、新しい事業の成長をサポートし、新たなチャンスを探求する。
  5. 評価
    最後に、スピンアウトの結果を評価する。なぜなら、その結果から次のステップを決定するためだ。例えば、成功したかどうかを分析し、必要なら改善策を考える。

類似語

スピンオフ

スピンオフは、スピンアウトと似ているが、親会社から独立して新しい会社を作る際、親会社の資本などが残る状態を指す。なぜなら、親会社の影響力が新会社に残るからだ。例えば、親会社が新会社の株式を保持している場合など。

ディバージャンス

ディバージャンスは、会社が新たな事業領域に進出するための戦略を指す。なぜなら、これはスピンアウトと似ていて、会社が新しい事業を始めるための方法だからだ。例えば、新製品の開発や新市場の開拓。

デメルジャー

デメルジャーは、会社が一部の事業を分割して別の会社を作ることを指す。なぜなら、これはスピンアウトと似ていて、一部の事業を独立させることで新たな会社を作る方法だからだ。例えば、大企業が競争力を保つために一部の事業を切り離す場合など。

反対語

合併

合併は、スピンアウトの反対だ。なぜなら、合併は企業が他の企業と組み合わさる行為だからだ。例えば、いくつかの小さい会社が大きな会社になるために一緒になること。

吸収合併

吸収合併も、スピンアウトの反対だ。なぜなら、一つの会社が他の会社を取り込むからだ。例えば、小さな会社が大きな会社に取り込まれて消えること。

成長

成長も、スピンアウトの反対の意味を持つ。なぜなら、会社が大きくなるプロセスだからだ。例えば、製品ラインを増やすか、新しい市場に進出すること。

会話例

クラスメートとのランチの時

「お父さんの会社がスピンアウトしたって聞いたけど、それって何?」
「スピンアウトっていうのは、会社が部分的に分けて新しい会社を作ることだよ。だからお父さんは新しく作った会社で働いているんだ。」

就職活動中の友達との話

「あの会社、元々は大手企業のスピンアウトだって聞いたんだけど、それって良いこと?」
「うん、スピンアウトだと新しい会社でも経験やノウハウがしっかりあるから、安定してることが多いよ。」

親との夕食の時

「スピンアウトって、なんでそんなことするの?」
「会社が大きくなると、すべてを管理するのが難しくなるんだ。だから、一部をスピンアウトして、それぞれが集中して成長できるようにするんだよ。」

注意点

スピンアウトを行う時の注意点は計画だ。なぜならばスピンアウトはリソースや人材の分散を伴うからだ。

例えば、新しい会社の成長を阻むような問題が出ないように計画的に行う必要がある。

そして、親会社との関係もきちんと決めること。だから、よく考えてスピンアウトを行うこと。

スピンアウトとスピンオフは、間違えやすいので注意しましょう。

スピンアウトは新会社が親会社から全く独立することです。

一方、スピンオフは新会社が親会社から資本的にも独立するけれど親子関係は残ることです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました