リスクアセスメントとは?未来の危険を見つけて対策する方法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとリスクアセスメント

  • 未来の危険を見つける
  • その危険を評価する
  • 対策を考える

リスクアセスメントとは、未来の危険を未然に防ぐことです。

概要説明

リスクアセスメントとは未来の危険や問題を見つけて評価する手法である。 なぜならば、事前に危険を知ることで対策ができるからだ。

例えば、工場での事故を防ぐために危険な場所や機械を特定する。そして、それに対する安全対策を考える。つまり、問題を未然に防ぐための方法である。だから、安全と効率を高める。

職業職種

工場マネージャー

工場マネージャーは、事故防止である。なぜなら、工場内の安全確保が責任だから。例えば、機械の安全チェック。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの成功確率を高めるためである。なぜなら、リスクを事前に見つけて対策を立てることで、失敗を防ぐから。例えば、予算オーバーを防ぐ計画。

医療スタッフ

医療スタッフは、患者の安全確保である。なぜなら、治療のリスクを最小限に抑える必要があるから。例えば、手術のリスク評価。

リスクアセスメントは、名前の由来は英語の”Risk”(リスク、危険)と”Assessment”(評価)の組み合わせです。

リスクアセスメントの代表例

ISO (国際標準化機構)

ISOは、リスクアセスメントで有名である。なぜなら、多くの国際標準(ISO 31000など)を提供しているから。例えば、企業がリスク管理のガイドラインとして使用する。

FM Global

FM Globalは、リスクアセスメントで名高い存在である。なぜなら、産業用プロパティ保険とリスク管理の専門家であり、高度なリスク評価サービスを提供しているから。例えば、火災や自然災害に対するリスク評価。

Dr. Peter Sandman

Dr. Peter Sandmanは、リスクアセスメントで世間に知られている。なぜなら、リスクコミュニケーションの専門家として多くの著作と研究を行っているから。例えば、企業や政府機関がリスクをどのように伝えるべきかについてのアドバイス。

手順例

以下は、リスクアセスメントの基本手順です。

リスクの特定

リスクの特定は、最初のステップである。なぜなら、何に対して対策を考えるのか明確にする必要があるから。例えば、工場内での事故リスク。

リスクの評価

リスクの評価は、次のステップである。なぜなら、どれだけそのリスクが大きいのかを知る必要があるから。例えば、事故が起きた場合の損失額。

対策の検討

対策の検討は、評価後に行う。なぜなら、リスクを減らす方法を考える必要があるから。例えば、安全装置の導入。

対策の実施

対策の実施は、検討後に行う。なぜなら、考えただけではリスクは減らないから。例えば、安全装置を実際に設置する。

評価とフィードバック

評価とフィードバックは、対策後に行う。なぜなら、対策が効果的かどうかを確認する必要があるから。例えば、事故発生率の減少を確認する。

類似語

リスク評価

リスク評価は、リスクアセスメントの類似語である。なぜなら、リスクを評価する行為そのものを指すことが多いから。例えば、リスクの大きさや確率を数値で表す。

リスク管理

リスク管理は、リスクアセスメントの類似語である。なぜなら、リスクアセスメントを含むより広範な活動を指すから。例えば、リスクの特定、評価、対策、モニタリングを総合的に行う。

リスクミティゲーション

リスクミティゲーションは、リスクアセスメントの類似語である。なぜなら、特定されたリスクに対する具体的な対策を指すから。例えば、防火壁の設置や緊急避難訓練。

反対語

無計画行動

無計画行動は、リスクアセスメントの反対語である。なぜなら、リスクを考慮せずに行動するから。例えば、安全装置を確認せずに機械を操作する。

適当な判断

適当な判断は、リスクアセスメントの反対語である。なぜなら、しっかりとした分析や評価をせずに決断するから。例えば、データを見ずに商品を発注する。

危機意識の欠如

危機意識の欠如は、リスクアセスメントの反対語である。なぜなら、リスクを軽視しているから。例えば、防火設備が古いのにそのままにしておく。

リスクアセスメントの注意点

リスクアセスメントを使用する時の注意点はデータの正確性である。なぜならば誤ったデータに基づくと、リスク評価も間違うからだ。例えば、古い情報を使ってリスクを低く見積もる。そして、その結果、適切な対策が取れない。だから、常に最新かつ正確なデータを用いる。

リスクアセスメントとリスク管理は、間違えやすいので注意しましょう。

リスクアセスメントは、リスクを特定して評価する行為です。

一方、リスク管理は、そのリスクにどう対処するかまで含めた全体的なプロセスです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました