ブランディングとは?企業の魅力を伝える活動のすべて

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとブランディングとは

  • 商品やサービスの価値創出
  • ユーザーの存在周知活動
  • リピーター獲得の戦略

ブランディングとは、商品やサービスの価値を生み出す活動です。

概要説明

ブランディングとは商品やサービスの価値を生み出す活動である。なぜなら、企業のコンセプトやこだわりを伝えるため。

例えば、高級ブランドのロゴである。そして、そのブランドへの信頼を生む。つまり、購買意欲を刺激する。だから、成功の鍵となる。

職業職種

マーケティングマネージャー

彼らは、ブランディングを戦略的に利用する。なぜなら、ターゲットの認知度を高めるため。例えば、新商品のローンチ時。

デザイナー

彼らは、ビジュアルでブランディングを表現する。なぜなら、消費者に直接訴求するため。例えば、パッケージデザインでのロゴ使用時。

広告プランナー

彼らは、ブランディングのコンセプトを宣伝活動に取り入れる。なぜなら、商品の特徴やメッセージを伝えるため。例えば、テレビCMや広告キャンペーン。

ブランディングは、名前の由来は「brand」(ブランド)の動詞形から来ており、文字通り「ブランドを作る、育てる」という意味合いがあります。

ブランディングの代表例

Apple

Appleは、ブランディングで有名である。なぜなら、シンプルで直感的なデザインと高い品質を常に追求しているからだ。例えばiPhoneやMacBook。

Nike

Nikeは、ブランディングで有名である。なぜなら、”Just Do It”のスローガンやスウッシュのロゴで、スポーツや健康への情熱を世界中の人々に伝えているからだ。例えばAir JordanやFlyknit。

Disney

Disneyは、ブランディングで有名である。なぜなら、家族を大切にし、夢を信じるメッセージを伝え続けているからだ。例えばミッキーマウスやディズニーランド。

手順例

以下は、ブランディングの手順です。

目標の設定

目標の設定は、成功の基盤である。なぜなら、どんなメッセージを伝えたいのか明確にするからだ。例えば企業のミッションやビジョン。

ターゲットの特定

ターゲットの特定は、効果的なブランディングを行う鍵である。なぜなら、誰に向けてメッセージを伝えるのかを知る必要があるからだ。例えば20代の女性や学生。

差別化の考え方

差別化の考え方は、競合との違いを打ち出すポイントである。なぜなら、他とは違う独自の価値を提供するからだ。例えば特許技術や独自のデザイン。

ブランドの物語作成

ブランドの物語作成は、人々との繋がりを強める手段である。なぜなら、感情や背景を共有することでファンを作るからだ。例えば創業者のエピソードや歴史。

一貫性の維持

一貫性の維持は、信頼を築く行為である。なぜなら、ブランドのメッセージや価値を常に同じものとして伝えることで、人々の信頼を得るからだ。例えばロゴや色の統一。

類似語

アイデンティティ

アイデンティティは、ブランディングの類似語である。なぜなら、企業や商品の特性を表現するものとして使われるからだ。例えばロゴやスローガン。

イメージ

イメージは、ブランディングの類似語である。なぜなら、人々が持つ企業や商品の印象を指す言葉だからだ。例えば高級感や革新性。

ポジショニング

ポジショニングは、ブランディングの類似語である。なぜなら、市場内での商品やサービスの位置付けを示す概念だからだ。例えばエコロジー分野のリーダーや価格帯でのトップブランド。

反対語

非ブランディング

非ブランディングは、ブランディングの反対語である。なぜなら、ブランディングの効果や価値を打ち出さないアプローチだから。例えば、無名の商品やサービス。

ジェネリック

ジェネリックは、ブランディングの反対語である。なぜなら、特定のブランド名や特性を持たないから。例えば、ジェネリック薬。

無差別

無差別は、ブランディングの反対語である。なぜなら、特定の個性や特性を打ち出さないから。例えば、大量生産の一般的な製品。

ブランディングの注意点

ブランディングを使用する時の注意点は、ターゲット層のニーズと合致しているかである。なぜならば、ブランドイメージがターゲット層の求めるものと異なると、効果的なブランディングが難しくなるからだ。

例えば、高級志向のブランディングを行いながら低価格戦略をとると、信頼性が低くなることである。そして、一度打ち出したブランドイメージは変更しにくい。だから、初めからしっかりとした計画を立てることが大切。

ブランディングとマーケティングは、間違えやすいので注意しましょう。

ブランディングは、対象のコンセプトやこだわりを打ち出す活動です。

一方、マーケティングは、商品やサービスを効果的に売り出す手法や戦略です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました