SSLサーバー証明書とは?基本情報と重要性について

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとSSLサーバー証明書

  • ネット通信を暗号化
  • サイトの信頼性を確認
  • データ保護に役立つ

SSLサーバー証明書 = Secure Sockets Layer Server Certificate

ネットワーク通信の暗号化とサイトの信頼性確認を行う証明書です。

SSLサーバー証明書とは

SSLサーバー証明書とはネットワーク通信を暗号化するものである。 なぜならばデータ保護が重要だからだ。 例えば、個人情報や企業情報を守るためだ。

そして、信頼性の確認も重要である。 つまり、サイトが安全であることを証明するものだ。

だから、SSLサーバー証明書はインターネットの安全性を高めるために重要なツールである。

使用する職種

ウェブ開発者

SSLサーバー証明書は、安全なウェブサイトの構築に必要である。なぜなら、ユーザーの情報を保護するためだ。例えば、eコマースサイトや個人情報を扱うウェブサイトで使用する。

IT管理者

SSLサーバー証明書は、ネットワークの安全性を確保するのに重要である。なぜなら、データの暗号化とサイトの信頼性を保証するためだ。例えば、社内ネットワークやデータセンターで使用する。

ユーザー

SSLサーバー証明書は、安全なウェブサーフィンを可能にする。なぜなら、信頼できるサイトを確認するためだ。例えば、オンラインショッピングやネットバンキングなどの際に重要になる。

この表示が出てるのが、SSLサーバー証明書がないサイトです。

有名な企業や製品、サービス

Let’s Encrypt

Let’s Encryptは、無料でSSLサーバー証明書を提供する。なぜなら、インターネットの安全性を全世界に広げるためだ。例えば、小規模なウェブサイトでもSSLを利用可能にする。

DigiCert

DigiCertは、大手企業向けのSSLサーバー証明書を提供する。なぜなら、高い信頼性と強固なセキュリティが求められるからだ。例えば、多数のフォーチュン500企業が利用している。

Cloudflare

Cloudflareは、ウェブサイトのセキュリティとパフォーマンスを同時に向上させる。なぜなら、SSLサーバー証明書の提供だけでなく、CDNやDDoS対策も提供しているからだ。例えば、世界中のウェブサイトが利用している。

大まかな手順

  1. 申請
    申請者情報の入力だ。なぜなら、証明書には申請者の詳細情報が必要だからだ。例えば、企業名や住所などを入力する。

  2. 生成
    CSRの生成と提出だ。なぜなら、これにより証明書を発行するための公開鍵秘密鍵を作るからだ。例えば、OpenSSLなどのツールを使う。

  3. 認証
    認証プロセスを経る。なぜなら、証明書発行者は申請者の身元を確認する必要があるからだ。例えば、電話認証やメール認証を受ける。

  4. 設定
    証明書のインストールだ。なぜなら、発行された証明書をサーバーに適用する必要があるからだ。例えば、サーバーの設定ファイルを編集する。

  5. 確認
    証明書の動作確認だ。なぜなら、証明書が正しく機能していることを確認する必要があるからだ。例えば、ブラウザでhttps://を使ってアクセスし、鍵マークが表示されるか確認する。

類似語

  • デジタル証明書
    デジタル証明書は、SSLサーバー証明書の類似語だ。なぜなら、どちらも電子的に身元を証明する機能を持つからだ。例えば、SSL/TLS通信の際に使われる。
  • 公開鍵証明書
    公開鍵証明書もSSLサーバー証明書と同じく、デジタルな証明書だ。なぜなら、公開鍵暗号方式で使われる公開鍵の所有者を証明するためだ。例えば、メールの署名に使われる。
  • X.509証明書
    X.509証明書は、公認の権威によって発行される証明書だ。なぜなら、SSLサーバー証明書もこれに基づいて発行されるからだ。例えば、ウェブサイトの所有者を証明する。
  • EV SSL証明書
    EV SSL証明書は、企業の法的存在を証明するための証明書だ。なぜなら、徹底した身元確認を経て発行される最高レベルのSSL証明書だからだ。例えば、ブラウザのアドレスバーに企業名が緑色で表示される。
  • Wildcard SSL証明書
    Wildcard SSL証明書は、一つの証明書で同一ドメインのサブドメイン全てをカバーする証明書だ。なぜなら、同じドメイン内の複数のサブドメインを効率的に保護するからだ。例えば、*.example.comという形で全てのサブドメインを保護する。
  • Multi-domain SSL証明書
    Multi-domain SSL証明書は、一つの証明書で複数の異なるドメインやサブドメインをカバーする証明書だ。なぜなら、複数のウェブサイトを同一証明書で保護するためだ。例えば、example.comとexample.netを同時に保護する。

反対語

非暗号化通信

非暗号化通信は、安全ではない通信である。なぜなら、通信内容が第三者に傍受される可能性があるからだ。例えばHTTPなどの非暗号化プロトコル。

公開鍵

公開鍵は、データの暗号化に使用される鍵である。なぜなら、SSL証明書に含まれる秘密鍵と対をなす公開鍵は、データの暗号化に使われるからだ。例えば、SSL証明書の公開鍵を使って、データを暗号化する。

セキュリティなし

セキュリティなしは、安全性を確保できない状態である。なぜなら、データの盗難や改ざんなどのリスクが高まるからだ。例えば、SSL証明書がインストールされていないウェブサイト。

会話の例文

ウェブサイト制作の打ち合わせ時

Q.「私たちのウェブサイトでもSSL証明書は必要なんですか?」
A.「はい、SSL証明書はウェブサイトの情報を暗号化し、安全にデータをやり取りするために必要です。」

ITコンサルタントとの会話中

Q.「SSL証明書の種類にはどんなものがありますか?」
A.「SSL証明書には、ドメイン検証型、組織検証型、EV SSL証明書などの種類があります。それぞれ、保証レベルや対象となるドメイン数が異なります。」

ネットショップの運営者との電話会議中

Q.「顧客のクレジットカード情報を保護するためには、どのようなSSL証明書が適していますか?」
A.「その場合、企業の信頼性を強く表現できるEV SSL証明書が適しています。」

出力

使用時の注意点

SSLサーバー証明書を使用する時の注意点は、証明書の発行元と有効期限を確認することである。 なぜならば、信頼できない発行元からの証明書や有効期限が切れた証明書では、セキュリティが保証されないからだ。

例えば、ブラウザのアドレスバーに表示される鍵マークや証明書の情報をチェックすることが必要である。 そして、定期的に証明書の更新を行う必要がある。 だからSSLサーバー証明書の適切な管理が重要である。

ユーザー情報を入力しないサイトでもユーザー信頼度のために、SSLサーバー証明書を導入しましょう。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました