バージョン管理とは?開発者が重視する構成とアップデート背景

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとバージョン管理とは

  • ソフトウェアの変更をトラック
  • 修正の歴史と開発者を紐づけ
  • 以前のソースとの比較や復元

バージョン管理とは、変更を管理するシステムです。

概要説明

バージョン管理とは、ソフトウェアの変更を管理するシステムである。なぜならば、新しい技術やセキュリティの対応が必要だからだ。

例えば、バグ修正や新機能の追加である。そして、このシステムにより、どの開発者が何を変更したかが分かる。

つまり、過去のソースコードの復元や比較が容易である。だから、開発チームの生産性や品質を向上させる。

職業職種

ソフトウェア開発者

ソフトウェア開発者は、バージョン管理を使って作業をトラックする。なぜなら、どの変更がどのバージョンに含まれているかを知る必要があるからだ。例えば、バグ修正や新機能の追加。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、進捗状況を把握するためにバージョン管理を参照する。なぜなら、チームの作業の進行具合や変更の内容を知るためだ。例えば、リリース前の最終確認。

テスター

テスターは、テスト対象のソフトウェアのバージョンを確認するためにバージョン管理を使用する。なぜなら、どのバージョンがテストされたか、何が変更されたかを知る必要があるからだ。例えば、リグレッションテスト時のバージョン確認。

バージョン管理は、名前の由来は、そのままの「バージョン」を「管理」するシステムから来ています。

バージョン管理の代表例

GitHub

GitHubは、ソフトウェアのバージョン管理サービスである。なぜなら、世界中の開発者がコードの変更を追跡し、協力して開発するための場所として使用する。例えば、プルリクエスト機能。

GitLab

GitLabは、オンプレミスでもクラウドでも使用できるバージョン管理サービスである。なぜなら、プライベートな環境での開発を重視する企業やチームに適している。例えば、CI/CD機能の統合。

Bitbucket

Bitbucketは、プロのチーム向けのコードホスティングサービスである。なぜなら、JIRAやTrelloとの連携が強く、アトラシアン製品とのシームレスな統合が魅力だ。例えば、プルリクエストのレビュー機能。

手順例

以下は、バージョン管理の基本的な手順です。

リポジトリの作成

リポジトリは、コードの保存場所である。なぜなら、変更履歴を追跡・保存するための中心的な場所だ。例えば、GitHubでの新しいリポジトリの作成。

変更のコミット

コミットは、コードの変更を記録する。なぜなら、どの変更がいつ、誰によって行われたかを知るためだ。例えば、`git commit -m “変更内容”`のコマンド。

変更のプッシュ

プッシュは、ローカルの変更をリモートリポジトリに反映させる。なぜなら、他の人と変更を共有するためだ。例えば、`git push origin master`のコマンド。

変更のフェッチ・プル

フェッチやプルは、他人の変更をローカルに持ってくる。なぜなら、最新のコード状態を手元に保持するためだ。例えば、`git pull origin master`のコマンド。

変更のマージ

マージは、異なるブランチの変更を統合する。なぜなら、複数の機能や修正を1つのコードベースに統合するためだ。例えば、`git merge feature-branch`のコマンド。

類似語

ソースコード管理

ソースコード管理は、コードのバージョンを管理するためのシステムである。なぜなら、バージョン管理の一形態として、変更履歴を追跡するためだ。例えば、SVNやMercurial。

リビジョン管理

リビジョン管理は、文書やデザインデータなどの変更履歴を管理するものである。なぜなら、ソフトウェア以外の領域でも変更を追跡するためだ。例えば、設計図の変更履歴。

構成管理

構成管理は、ソフトウェアの成果物全体のバージョンと構成を管理するものである。なぜなら、大規模なプロジェクトでは単なるコードのバージョンだけでなく、関連する資料やリソースも一緒に管理する必要があるためだ。例えば、ソフトウェアのリリースノートやドキュメントの管理。

反対語

無制御

無制御は、何も追跡や管理をしない状態である。なぜなら、バージョン管理の目的は変更履歴を明確にすることだが、無制御はそれを放棄するからだ。例えば、ドキュメントを手動で管理する方法。

一元管理

一元管理は、すべての情報や変更を一カ所だけで管理することである。なぜなら、バージョン管理は分散して情報を保存し履歴を確認できるが、一元管理は一カ所の失敗で全てが失われる危険があるからだ。例えば、一つのサーバーだけでデータを保存する方法。

手動同期

手動同期は、変更を手作業で同期する方法である。なぜなら、バージョン管理は自動で変更の追跡や統合ができるが、手動同期はそれを手作業で行う必要があるからだ。例えば、USBメモリを使ってファイルを移動する方法。

バージョン管理の注意点

バージョン管理を使用する時の注意点は過去のバージョンに適切にアクセスできるかである。なぜならば、間違ったバージョンを使用すると問題が起こる可能性があるからだ。

例えば、古いバージョンのコードを新しい環境で使うと、動かなくなることがある。そして、常に最新のバージョン管理ツールを使うことが大切。だから、定期的なアップデートを怠らないように。

バージョン管理とバックアップは、間違えやすいので注意しましょう。

バージョン管理は、コードやドキュメントの変更履歴を追跡・管理することです。

一方、バックアップは、データのコピーを別の場所に保存することです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました