コピーレフトとは?自由な利用と再配布が可能な権利を知る

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 自由に著作物を利用できる
  • 改変や再配布もOK
  • 派生作品もコピーレフトでなければならない

コピーレフトとは、コピーライトの逆で、自由な利用と再配布を可能とする権利です。

概要説明

コピーレフトとは自由な利用と再配布を可能とする権利である。 なぜなら、コピーレフトのルールに従えば、誰でも著作物を改変や再配布できるからだ。

例えば、あるソフトウェアを改変して新たなソフトウェアを作ることができる。 そして、その新たなソフトウェアもコピーレフトとして公開しなければならない。

つまり、派生的な著作物も自由に利用と再配布が可能である。 だから、コピーレフトは創造性と共有を推進する。

職業職種

プログラマー

プログラマーは、コピーレフトのソフトウェアを自由に改変して新たなソフトウェアを作ることができる。なぜなら、コピーレフトのルールに従っていれば、ソースコードの改変や再配布が許可されているからだ。例えば、オープンソースソフトウェアを改良した新たなソフトウェアを作り、公開することが可能だ。

ユーザー

ユーザーは、コピーレフトのソフトウェアを自由に使用、再配布することができる。なぜなら、コピーレフトのソフトウェアはその利用と配布が自由だからだ。例えば、自分が使いやすいと感じたソフトウェアを友人に勧めて配布することが可能だ。

企業

企業もまた、コピーレフトのソフトウェアを自由に利用し、ビジネスに活用することが可能だ。なぜなら、コピーレフトのソフトウェアは商用利用も可能だからだ。例えば、自社のシステム開発にオープンソースソフトウェアを活用することができる。

コピーレフトは、名前の由来は著作権(copyright)の反対概念として、文字通り左(left)へコピー(copy)を指す言葉からきています。

代表例

GNU

GNUは、コピーレフトの明るい例だ。なぜなら、そのソフトウェアは全てGNU General Public License(GPL)でリリースされ、そのライセンスはコピーレフトの原則に基づいているからだ。例えば、その中の一つ、GNU C Compiler。

Linux

Linuxは、コピーレフトで有名なOSだ。なぜなら、その中核部分であるLinuxカーネルは、GNU GPLの下で配布されているからだ。例えば、DebianやUbuntuといった多くのLinuxディストリビューション。

Richard Stallman

Richard Stallmanは、コピーレフトを発明した人だ。なぜなら、彼がGNUプロジェクトを始め、GPLを作成したからだ。例えば、彼の著書”Free Software, Free Society”でコピーレフトの思想が詳しく解説されている。

手順例

ライセンス選択

まずは、ライセンスを選ぶことが大切だ。なぜなら、それがあなたの作品がどのように使われるかを決定するからだ。例えば、GNU GPLやCreative Commonsのコピーレフトライセンスなど。

ライセンス適用

次に、作品にライセンスを適用する必要がある。なぜなら、それによって他人があなたの作品をどのように使用できるかが明示されるからだ。例えば、ソースコードの冒頭やウェブサイトのフッターにライセンスを明示する。

作品を公開

そして、作品を公開する。なぜなら、コピーレフトは公開された作品にしか適用されないからだ。例えば、GitHubや自分のウェブサイトに作品をアップロードする。

類似語

オープンソース

オープンソースは、コピーレフトとよく比較される。なぜなら、両者とも作品の自由な利用を推奨するからだ。例えば、Apache Licenseといったオープンソースのライセンス。

フリーソフトウェア

フリーソフトウェアは、コピーレフトの概念を元にしている。なぜなら、フリーソフトウェアの定義がコピーレフトの考え方と重なる部分が多いからだ。例えば、GNUプロジェクト。

パブリックドメイン

パブリックドメインは、コピーレフトと一部似ている。なぜなら、両者とも作品の自由な利用を可能にしているからだ。例えば、Shakespeareの著作などはパブリックドメインとされている。

反対語

コピーライト

コピーライトは、コピーレフトの明らかな反対語だ。なぜなら、コピーライトは作品の著作権者が全ての権利を保持し、他人の利用を制限することを目指しているからだ。例えば、ほとんどの商業的な音楽、映画、書籍はコピーライトで保護されている。

プロプライエタリソフトウェア

プロプライエタリソフトウェアは、コピーレフトの対極に位置する。なぜなら、そのソフトウェアのコードは公開されず、利用は厳しく制限されているからだ。例えば、Microsoft WindowsやAdobe Photoshopといったソフトウェア。

会話例

クラスでのプレゼンテーション

Q.「私のプロジェクトを公開したいんだけど、どのライセンスを選んだらいい?」
A.「コピーレフトのライセンスなら、誰もがあなたの作品を自由に使えるよ。ただし、それを改良した作品も同じライセンスで公開しないといけないよ。」

友人との会話

Q.「なんであのゲーム、改造して配布しても問題ないの?」
A.「それはコピーレフトのライセンスが適用されているからだよ。だから、自由に改造して再配布できるんだ。」

注意点

コピーレフトを使うときの注意点は、派生的な著作物もコピーレフトとして公開しなければならないことである。 なぜなら、コピーレフトのルールは自由な入手・使用・改変・複製・再配布を認めつつ、それを守るために作られたものだからだ。

例えば、ソフトウェアを改変して再配布する場合、その改変版もコピーレフトとして公開しなければならない。 そして、コピーレフトには必ず適用されるルールなので注意が必要だ。

だから、コピーレフトを使う時は、そのルールを理解し、遵守することが大切だ。

コピーレフトとよく似た考え方がパブリックドメイン。これら二つは間違えやすいので注意しましょう。コピーレフトは自由な入手・使用・改変・複製・再配布を認めつつ、それを守るために派生物もコピーレフトとして公開することを求める考え方で、パブリックドメインは著作権が全く適用されず、誰でも自由に使えるものを指します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました