セカンドテーマとは?SEO戦略で訪問数を増やす方法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

セカンドテーマとは、メインテーマの関連・複合ワードです。

概要説明

セカンドテーマとはSEO戦略の一つである。 なぜなら、主要なキーワードと組み合わせることで、サイトの訪問数や滞在時間を増やすことができるからだ。

例えば、主要なテーマが”キャンプ”なら、セカンドテーマは”キャンプ用品”,”キャンプ場”などになる。そして、それらのキーワードを活用して記事を作ると、ユーザーは自分が求める情報を手に入れることができる。

つまり、ユーザーのニーズに応えることができる。だから、SEOの重要な戦略と言える。

職業職種

ウェブライター

ウェブライターは、セカンドテーマを使う。なぜなら、ユーザーの関心を引きつけ、サイトの訪問数や滞在時間を増やすためだ。例えば、記事の作成時にセカンドテーマを意識する。

SEOコンサルタント

SEOコンサルタントは、セカンドテーマを用いる。なぜなら、クライアントのウェブサイトの検索エンジンランキングを上げるためだ。例えば、最適なセカンドテーマの選択や使用方法を提案する。

マーケティング担当者

マーケティング担当者は、セカンドテーマを利用する。なぜなら、会社の製品やサービスについての認知度を高めるためだ。例えば、プロモーション内容の計画時にセカンドテーマを取り入れる。

セカンドテーマの名前の由来は、最初の「主要なテーマ」に次ぐ、二番目に重要なテーマを表現するためです。

類似語

補助テーマ

補助テーマは、セカンドテーマと同じく、主要なテーマを補完する役割を持つ。なぜなら、それもユーザーの興味を惹きつけるための追加キーワードを提供するからだ。例えば、「スマホ」が主テーマなら、「スマホアクセサリー」が補助テーマになる。

関連キーワード

関連キーワードは、セカンドテーマと似て、検索者が同じ情報を探していることを示す。なぜなら、これらのキーワードは検索者が同じテーマに関心があることを示すからだ。例えば、’夏休みの過ごし方’という主テーマに対し、’キャンプ’や’海水浴’は関連キーワードとなる。

サブテーマ

サブテーマは、主テーマを補足する追加のテーマとして、セカンドテーマと同じ機能を果たす。なぜなら、これもまた検索エンジンの注目を集め、訪問者の滞在時間を長くするからだ。例えば、’日本の観光地’が主テーマであれば、’京都の観光地’や’北海道の観光地’がサブテーマとなりうる。

反対語

非関連キーワード

非関連キーワードは、セカンドテーマと正反対だ。なぜなら、これらは記事の主題から遠ざかる可能性があるからだ。例えば、「ガーデニング」が主テーマなら、「宇宙旅行」は非関連キーワードになる。

逆テーマ

逆テーマは、主テーマやセカンドテーマとは全く違う観点からのテーマだ。なぜなら、それは主テーマとは異なる視点を提供するからだ。例えば、「健康的な食生活」が主テーマなら、「ジャンクフード」は逆テーマになる。

反対意見

反対意見は、セカンドテーマとは異なる意見や観点を示す。なぜなら、それは議論や対話を深める可能性があるからだ。例えば、「温暖化」がセカンドテーマなら、「温暖化は大げさにされている」は反対意見になる。

会話例

クラスのディスカッション

「今日のディスカッションは何についてだっけ?」
「それはセカンドテーマについてだよ。詳しく調べてくるんだよ。」

図書館での検索

「この本はセカンドテーマについて書かれているの?」
「うん、その通り。君が探している情報がたくさん載っているよ。」

友達との会話

「なぜセカンドテーマについて興味があるの?」
「それは、いろいろな視点から物事を考えるためさ。」

注意点

セカンドテーマを使用する時の注意点は、適切な関連性である。なぜならば、それが無いと読者は混乱してしまうかもしれないからだ。

例えば、「犬の訓練」が主テーマで「猫の訓練」をセカンドテーマとして使うのは不適切だ。そして、その結果読者が信頼を失う可能性がある。だから、主テーマとの関連性を保つことが大事だ。

セカンドテーマとサードテーマは、間違えやすいので注意しましょう。

セカンドテーマは主テーマに密接に関連しています。

一方、サードテーマはそれほど密接ではないかもしれません。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました