アドミニストレーターとは? IT初心者でも理解できる解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとアドミニストレーター

  • システム全体を管理する人
  • IT環境の安全を守る役割
  • ネットワークの問題を解決する人

管理者権限のあるIDは、adminになってる場合多いですよね?

日本語の管理者という意味のadministratorからきてます。

アドミニストレーターとは

アドミニストレーターとは、コンピューターシステムやネットワークの管理者のことを指す。その重要な役割から彼らはIT環境の安全と円滑な運用を保証しています。例えば、コンピューターやソフトウェアの問題を迅速に解決したり、システムの性能を最適化したりします。それと同時に、情報セキュリティも彼らの責任であり、様々な脅威からシステムを保護します。このような役割を持っているので、アドミニストレーターはIT業界で非常に重要な存在といえます。

アドミニストレーターを使用する職種

ITマネージャー

ITマネージャーは組織全体のIT戦略を立てる際、アドミニストレーターの助けを借りてシステムの状態を把握し、必要な改善策を考える。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設定やトラブルシューティングの際にアドミニストレーターとしての能力を駆使する。

情報セキュリティアナリスト

情報セキュリティアナリストは、アドミニストレーターとしてシステムの安全性を評価し、セキュリティ対策を講じる。

アドミニストレーターで有名な企業や製品、サービス

Microsoft

Microsoftは世界的に有名なIT企業で、Windowsというオペレーティングシステムを提供しています。これを管理するのが「Windowsアドミニストレーター」と呼ばれる職種です。

Linux

Linuxはオープンソースのオペレーティングシステムで、その管理者を「Linuxアドミニストレーター」と言います。彼らはLinuxシステムの運用と保守を行います。

Cisco Systems

Cisco Systemsはネットワーク機器の製造販売を行っている企業です。その製品を管理する人々は「Ciscoアドミニストレーター」で、ネットワークの構築から運用までを担当します。

アドミニストレーターの類似語

システム管理者

システム管理者とは、コンピューターシステムを管理する職種で、アドミニストレーターとほぼ同義です。

ネットワーク管理者

ネットワーク管理者は、ネットワークを管理する職種で、アドミニストレーターの一部とも言えます。

DBA(データベースアドミニストレーター)

DBAはデータベースを管理するアドミニストレーターで、データの保存や保護を担当します。

アドミニストレーターの反対語

反対語は特にありませんが、アドミニストレーターと対比すると、「エンドユーザー」や「一般ユーザー」が考えられます。これらはシステムを利用する人々を指し、システムを管理・運用するアドミニストレーターとは役割が異なります。

エンドユーザー

システムの最終的な利用者で、管理者ではなく使用する側を指す。

一般ユーザー

システムを使う人で、特別な管理権限を持たない。

アドミニストレーターを使った会話の例文

IT関連の業務で

Q.「このシステムのアップデートは誰が行うのですか?」
A.「それはアドミニストレーターのタスクになります。」

採用面接で

Q.「あなたがアドミニストレーターとして何を達成したことがありますか?」
A.「過去の職場では、サーバーダウンタイムを大幅に削減した経験があります。」

ネットワークトラブルが発生した時に

Q.「今、ネットワークに接続できないんですが、どうすればいいですか?」
A.「その問題はアドミニストレーターに報告し、解決策を尋ねるべきです。」

会話で使用する場合の注意点

アドミニストレーターを会話で使う時の注意点は、相手がITに詳しいかどうか確認することです。なぜなら、IT初心者にとってアドミニストレーターは馴染みのない専門用語だからです。例えば、同僚や友人にこの言葉を使う場合、彼らがその意味を理解しているかを確認してから話を進めるべきです。そして、誤解を避けるために、必要であればアドミニストレーターの意味を説明することも重要となります。だから、アドミニストレーターという言葉を使う前には、相手がその意味を理解しているか確認し、必要であれば説明することを心掛けましょう。

アドミニストレーターの重要な役割を理解しよう。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました