レピュテーションとは?「どこよりもわかりやすく、初心者でもわかりやすい」5秒で理解できる!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典
レピュテーションをざっくりと
  • 日本語訳で、「評判・世評・風評」という意味
  • 個人、企業、団体、業界への社会な信用、名声
  • 評判・評価よりフォーマルな印象を与える

ここまでで5秒!もっとくわしく知りたい人は続きをどうぞ!

レピュテーションをわかりやすく

レピュテーションを深堀りしてわかりやすく説明すると

レピュテーションは、過去の行動や実績、言動などの要素でできていて、良い評判であれば、信頼や信用を獲得しやすくなり、様々な場面で有利に働くことが期待できる。逆に、悪い評判であれば、信用を失い、大損害になる可能性もある。インターネットが広がり、SNSが一般的に使われるようになったので、個人の情報や企業の活動内容などが簡単に共有されるため、レピュテーションが一気に変わるようになった。

バズればレピュテーションは良くなり、炎上すればレピュテーションは悪くなるってこと。

レピュテーションと評価・評判の違い

項目 レピュテーション 評価 評判
意味 社会的評価や信用、名声 客観的な基準に下す判断 世間一般に広まっている評価
基準 過去の言動や実績、社会的な認知 客観的な基準(テストの点数、審査基準など) 世間一般の印象
対象 個人、企業、団体、商品など 物事、人、作品など 人、物事など
主語 社会 個人 世間一般
用途 ビジネスシーン、国際的な文脈 学校、法律、科学論文など 日常会話、親しい間柄でのやり取り
ニュアンス より広い意味合い、フォーマル 客観的、中立的 主観的、カジュアル
「この企業は高いレピュテーションを誇っている。」 「この論文は高い評価を得ている。」 「この映画の評判はどうですか?」
※ 上記はあくまで一般的な違いであり、状況によって使い分けがある

レピュテーションまとめ

  • 評判・評価よりフォーマルな印象を与える言葉で、過去の行動や実績、言動などの要素でできている、個人、企業、団体、業界への社会な信用、名声ということ
  • SNSが一般的に使われるようになったので、バズれば、信頼や信用を獲得しやすくなり、いろんな場面で有利に働くことが期待できる反面、逆に炎上すれば、信用を失い、大損害になる可能性大
  • レピュテーションと評価・評判では似たような言葉ではあるが、ニュアンスが違う

レピュテーションについて理解は深まりましたか?
まだわからない点や疑問点があれば、ぜひコメント欄で質問してください。生の声を聞かせていただければ、より良い内容を提供できるはずです。

以上、レピュテーションについてでした。コメント欄での活発な意見交換を心よりお待ちしています!

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、どこよりもわかりやすくなるように、例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

IT業界の下層に長くいすぎたのかも知れないおじさんです。プロフィールまで見てくれてるのなら、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。

ネットの裏側を見せるYouTube運営中!!

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました