DECAXとは?購買者の心理をつかむ消費者行動モデル

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとDECAX

  • 新しい消費者行動モデル
  • 情報選択が購買行動に影響
  • 消費者メリットを高める情報発信が重要

DECAXとは、消費者が情報を選択する行動のことです。

概要説明

DECAXとは新しい消費者行動モデルである。なぜなら現代では、情報が大量に存在し、消費者が自ら必要な情報を選択するからだ。

例えば、インターネットで商品を探すときに自分に必要な情報だけをピックアップするのがDECAX。そして、この選択が購買行動に直結する。

つまり、消費者の情報選択が、販売者にとって重要なファクターとなる。だから、消費者のメリットを高める情報を発信することが重要になる。

職業職種

マーケター

マーケターは、DECAXを活用する。なぜなら、消費者の行動を理解し、効果的なマーケティングを行うため。例えば、消費者のメリットを高める情報を発信する。

広告主

広告主も、DECAXを使う。なぜなら、購買者に対する適切なメッセージを伝えるため。例えば、広告中の情報を選んだ消費者が購買行動に移る。

消費者

消費者は、知らず知らずのうちにDECAXを実行する。なぜなら、自分にとって最も価値のある情報を選んで行動するからだ。例えば、インターネットショッピングで好きな商品を選ぶ。

DECAXの名前の由来は、英語の「Decide」「Act」から来ていて、「消費者が自分で情報を決定し行動する」を意味しています。

DECAXの代表例

Twitter

Twitterは、リアルタイムな情報共有プラットフォームだ。多くの人が独自の意見や情報をツイートでき、それがDECAXに役立つ。例えば、新商品の情報を直接消費者に届けられる。

Instagram

Instagramは、写真や動画を中心にしたSNSサービスだ。美しい画像を通じて商品やサービスの魅力を伝えることができ、これがDECAXの重要な一部を形成する。例えば、美味しそうな料理の写真を見てレストランを訪れる人が増える。

YouTube

YouTubeは、動画共有プラットフォームだ。使い方次第で宣伝だけでなく、商品の使い方やレビューなど、消費者にとって有用な情報を提供できる。これもDECAXの一環で、例えばDIYチュートリアル動画が視聴者の購買を引き起こす。

手順例

ターゲット設定

まずは、誰を対象に情報を伝えるか決めよう。なぜなら、その人たちが求める情報を提供することが重要だからだ。例えば、ティーン向けのファッションブランドなら、若者をターゲットに設定する。

有益な情報の提供

提供する情報は、消費者にとって有益なものにしよう。それが購買を引き起こすからだ。例えば、新商品の特長や使い方、レビューを共有する。

情報発信

次に、適切なプラットフォームで情報を発信しよう。それが消費者とのコミュニケーションの開始だからだ。例えば、若者に人気のInstagramで商品の写真を投稿する。

反応の確認

投稿の反応を確認しよう。それが次の行動の参考になるからだ。例えば、いいねの数やコメント、シェアの状況を見る。

改善

最後に、反応に基づいて情報提供の方法を改善しよう。それが更なる効果を生むからだ。例えば、人気のなかった投稿の内容を改める、時間帯を変えてみる等。

類似語

SEO(Search Engine Optimization)

SEOは、ウェブサイトが検索エンジンで上位表示されるように最適化することだ。これもDECAXと同様に、消費者に情報を届ける手段の一つ。例えば、商品のキーワードで検索したときに、自社のサイトが上位に表示されると購買につながる。

Inbound Marketing(インバウンドマーケティング)

Inbound Marketingは、消費者自身が企業のウェブサイトを訪れるようにするマーケティング手法だ。これもDECAXと同じく、消費者の関心を引くコンテンツを作ることが求められる。例えば、ブログ記事やハウツー動画などを作成し、それが消費者を引きつける。

UGC(User Generated Content)

UGCは、ユーザーが作成したコンテンツのこと。DECAXの一部ともいえる。これが購買を引き起こす場合もある。例えば、インフルエンサーが投稿した商品のレビューが他のユーザーの購買を誘う場合。

反対語

DECAXの反対語を考えると、それは情報発信者が、一方的に情報を押し付けるタイプのコミュニケーションと言えるだろう。

会話例

マーケティング担当者の会話

「今日は新商品のプロモーション戦略についてDECAXモデルを取り入れてみたいと思ってるんだ。君はどう思う?」
「いいね、その方式なら消費者が自分で必要な情報を見つけやすくなるね。私も賛成だよ。」

DECAXの注意点

DECAXを使用する際の注意点は、情報が溢れすぎて消費者が見落としてしまう可能性があることだ。だから、情報を見つけやすいようにする工夫が必要だ。

例えば、情報を整理して目立つように配置したり、ユーザーの興味に合った情報を提示するなどが考えられる。

「DECAX」と似てる行為には「UGC」があります。

「DECAX」は、消費者が自分で情報を見つける行動です。

一方、「UGC(User Generated Content、ユーザー生成コンテンツ)」は、消費者が自分でコンテンツを生成し、情報を発信する行為です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました