ARとは? 言葉の意味と具体的な活用例

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとAR

  • ARは現実をデジタルで強化
  • 3Dオブジェクトを現実に配置
  • スマホや専用ゴーグルで利用

AR(Augmented Reality)= 拡張現実

ARとは

ARとは現実世界をデジタルで強化すること。なぜならば、3Dオブジェクトを現実に重ねることができるから。 例えば、ポケモンGOのようなゲームで使われている。

そして、教育や医療など様々な分野でも活用が進んでいる。つまり、ARは生活を豊かで便利にするツールだ。だからARの理解はこれからの生活に必要だ。

使用する職種

ゲーム開発者

ARは、ゲームを現実世界に広げるツールだ。なぜなら、ゲームのキャラクターを現実に配置できるから。例えばポケモンGO。

教育者

ARは、生徒の理解を深めるツールだ。なぜなら、実物大の3Dモデルで学習内容を視覚的に示せるから。例えば解剖学の授業。

マーケター

ARは、顧客体験を強化するツールだ。なぜなら、商品を試したり店舗を体験することが可能になるから。例えばIKEAのアプリ。

VR(Virtual Reality)は現実世界を置き換えるのに対して、ARは現実世界を拡張します。

有名な企業や製品、サービス

Apple

Appleは、AR技術のリーダーだ。なぜなら、iPhoneやiPadにARKitという強力なARツールを提供しているから。例えばAR絵本やゲーム。

Google

Googleは、ARの普及に力を注いでいる。なぜなら、Androidデバイス向けのARCoreというプラットフォームを開発しているから。例えばGoogleマップのARナビゲーション。

Microsoft

Microsoftは、業務用ARのパイオニアだ。なぜなら、HoloLensというARヘッドセットを提供しているから。例えばリモートワークやトレーニング。

大まかな手順

  1. ARアプリをダウンロード
    まずは、AR対応のアプリをダウンロードする。なぜなら、AR体験には専用アプリが必要だから。例えば、IKEA Place。

  2. アプリを開く
    次に、ダウンロードしたアプリを開く。なぜなら、アプリ内でAR体験が行われるから。例えば、ポケモンGO。

  3. AR機能を有効にする
    そして、アプリ内でAR機能を有効にする。なぜなら、それがAR体験のスタートだから。例えば、Snapchatのフィルタ。

  4. 目的のオブジェクトを選択
    ARアプリで、目的のオブジェクトを選択する。なぜなら、それが表示される情報やイメージを決めるから。例えば、IKEA Placeでは家具を選べる。

  5. AR体験を楽しむ
    最後に、AR体験を楽しむ。なぜなら、それがARの真骨頂だから。例えば、自宅にバーチャル家具を配置したり、ポケモンを捕まえたりする。

類似語

VR(Virtual Reality)

VRは、完全にデジタルな環境を作り出す技術だ。なぜなら、ユーザーが仮想世界に完全に没入するため。例えば、Oculus Rift。

MR(Mixed Reality)

MRは、現実と仮想の両方を混合する技術だ。なぜなら、物理的な現実とデジタル要素が混ざり合うから。例えば、Microsoft HoloLens。

XR(Extended Reality)

XRは、AR, VR, MR全てを含む総称だ。なぜなら、これら全ての技術を拡張現実と定義しているから。例えば、VarjoのXR-1。

反対語

リアル(Real)

リアルは、現実世界そのものだ。なぜなら、ここではデジタル要素が一切ないから。例えば、目の前の物理的な空間。

会話の例文

  1. 友人間での会話
    Q.「ARって何?」
    A.「ARは、現実世界にデジタル情報を追加して表示する技術だよ。」

  2. スクールの授業
    Q.「ARってどうやって使うの?」
    A.「専用のアプリをダウンロードして使うよ。例えば、ポケモンGOとか。」

  3. 家庭内での会話
    Q.「ARって何に使うの?」
    A.「色んなことに使えるよ。例えば、家具の配置を確認したり、ゲームを楽しんだり。」

使用時の注意点

ARを使用する時の注意点は周囲の安全確認だ。なぜならば、集中しすぎて現実の危険を見落とす可能性があるからだ。

例えば、ポケモンGOで道路を無意識に渡るような状況を避けるべきだ。そして、自分の周囲やプライバシーも尊重すること。だからARを楽しみつつも、現実世界のルールを忘れないで。

Augmented Reality = アグメンテッド・リアリティ

フルで聞いたことはないですね。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました