顕在層とは?マーケティングの基礎知識

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • サービスを認知しているユーザー層
  • デジタル広告で効果的に使う
  • 見込み客を顧客に変える目的

顕在層(Manifest Layer)= 認知済みのユーザー層です。

概要説明

顕在層とはサービスを認知しているユーザー層のことである。なぜなら、彼らはすでにあなたのビジネスに興味を持っているからだ。

例えば、あなたが靴を販売しているなら、顕在層はあなたの店の靴に興味を持つ人々だ。そして、これらの人々を顧客に変えることが重要である。

つまり、顕在層を活用することで、見込み客を顧客に変換できる。だから、顕在層の理解と活用はビジネスにとって重要だ。

職業職種

マーケター

マーケターは、顕在層を重視する。なぜなら、これらのユーザーが最も商品やサービスを買う可能性が高いからだ。例えば、顕在層のユーザーに対して適切な広告を配信すること。

セールスマネージャー

セールスマネージャーは、顕在層を大切にする。なぜなら、このユーザー層はすでに興味を示しており、商品やサービスの詳細情報を求めているからだ。例えば、顕在層のニーズに合わせた商品やサービスの説明をすること。

広告担当者

広告担当者は、顕在層に焦点を当てる。なぜなら、彼らは既にブランドを認知しており、広告の反応率が高いからだ。例えば、彼らの興味や行動に基づいたパーソナライズされた広告を配信すること。

顕在とは、はっきりと形にあらわれて存在することです。

代表例

アマゾン

アマゾンは、顕在層の活用が秀逸である。なぜなら、ユーザーの購買履歴や閲覧履歴を元にパーソナライズされた商品推薦を行っているからだ。例えば、以前購入した商品に関連した商品を提示すること。

グーグル

グーグルは、顕在層を最大限に活用している。なぜなら、ユーザーの検索履歴や閲覧履歴を元に個別の広告を配信しているからだ。例えば、ユーザーが検索したキーワードに関連した広告を表示すること。

ネットフリックス

ネットフリックスは、顕在層をうまく活用している。なぜなら、視聴履歴に基づいたパーソナライズされたコンテンツ推薦を行っているからだ。例えば、ユーザーが好きなジャンルや過去に視聴した作品に基づいた映画やドラマの提案をすること。

手順例

ユーザー層の確認

顕在層は、既に自社のサービスを認知しているユーザー層のことだ。なぜなら、彼らはすでに製品の価値を理解していて、購入に一歩近づいているからだ。例えば、自社製品Aを既に評価しているユーザーがこれに該当する。

潜在層から顕在層

見込み客、つまり潜在層を顕在層にするのが目標だ。なぜなら、これにより製品の認知度が高まり、売り上げ向上につながるからだ。例えば、デジタル広告を用いて自社製品Aの魅力を伝え、見込み客を誘引する。

ユーザーの悩みを解決

そのためには、ユーザーの悩みに対する解決策として自社製品Aを位置づけることが必要だ。なぜなら、製品がユーザーの悩みを解決することで価値が認識されるからだ。例えば、自社製品Aの機能を強調し、それがユーザーの問題を解決することをアピールする。

認知度を高める

「○○といえば自社製品A」という認知度を高めることが重要だ。なぜなら、これが顕在層の形成に大いに寄与するからだ。例えば、マーケティング活動やSNSを通じて、自社製品Aが特定のニーズを満たす最適な選択であることを強調する。

売り込みを強化

最後に、顕在層になったユーザーに対しては、売り込みを強化する。なぜなら、彼らは既に製品の価値を理解しており、購入に近い状態だからだ。例えば、特別な割引やプロモーションを提供して、購入を促す。

類似語

意識された客層

意識された客層は、顕在層と同じだ。なぜなら、両方とも自社の製品やサービスについて知っているユーザー群を指すからだ。例えば、メールマガジンの購読者やWebサイトのリピート訪問者などがこれに該当する。

活性客層

活性客層も顕在層に似ている。なぜなら、この客層も製品の価値を理解し、購入に向けた行動を取り始めているからだ。例えば、自社製品Aについて質問するためにカスタマーサポートに連絡するユーザーなどがこれに該当する。

購入可能層

購入可能層は顕在層とよく似ている。なぜなら、購入の意思が明確で、実際の購入に近いユーザー群を指すからだ。例えば、製品ページを何度も訪れたり、製品レビューを熟読しているユーザーがこれに該当する。

反対語

無関心層

無関心層は顕在層の反対だ。なぜなら、これらのユーザーは自社の製品やサービスについて全く知らないか、興味を持っていないからだ。例えば、広告を見ても一切反応を示さないユーザーがこれに該当する。

潜在層

潜在層は顕在層の反対でもある。なぜなら、これらのユーザーは自社の製品やサービスについて知ってはいるが、まだ購入に至っていないからだ。例えば、製品情報を検索したり、関連記事を読んだりしているユーザーがこれに該当する。

見込み薄客層

見込み薄客層は顕在層と対照的だ。なぜなら、これらのユーザーは自社の製品やサービスについて知っているものの、購入に関しては消極的だからだ。例えば、価格や機能について疑問を持っているユーザーがこれに該当する。

会話例

マーケティングミーティング

Q.「私たちの製品の顕在層って何?」
A.「それは、既に私たちのサービスを知っていて、その価値を理解しているユーザー層だよ。」

新製品開発会議

Q.「新製品の潜在層をどうやって顕在層に育てる?」
A.「それは、デジタル広告などを使ってユーザーの認知度を上げることだよ。」

顧客サービスセンター

Q.「私たちの製品Aがなんで顕在層にあるの?」
A.「それは、ユーザーが「問題Xといえば、製品A」と自然に考えるようになったからだよ。」

注意点

顕在層を扱う時の注意点は、潜在層との違いを理解することだ。なぜならば、それぞれのニーズは大きく異なるから。

例えば、顕在層はすでに私たちのサービスの価値を理解している。だから、彼らには新たな価値提案よりも深いエンゲージメントを求めるべき。

顕在層と潜在層は、間違えやすいので注意しましょう。顕在層は既に製品やサービスの価値を理解しているユーザー層で、潜在層はまだ認知していないユーザー層です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました