アトリビューションとは?IT初心者でも理解できる解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとアトリビューション

  • 広告の効果を特定する手法
  • IT初心者も理解できるデータ追跡方法
  • ユーザー行動と成果を繋げる道具

アトリビューション(Attribution)とは、英語で「〜のせいにする」

アトリビューションとは

アトリビューションは広告の成果を見る手法なのだ。なぜなら、どの広告が最終的な売上や問い合わせに繋がったかを突き止めるのがその役割だからだ。例えば、あるIT初心者がネットで商品を買ったとしよう。そして、その前に見た数々の広告の中で、どれが彼を購入に至らせたかがアトリビューションで分かる。だから、アトリビューションはマーケティングの中で重要な役割を果たす。

アトリビューションを使用する職種

マーケティング担当者

ユーザーの行動を追跡し、どの広告が成果につながったかを調査する際に使用する。

データアナリスト

広告キャンペーンの効果を評価し、より効果的な戦略を立てるために使用する。

プロダクトマネージャー

ユーザーの利用状況を理解し、製品改善のためのデータとして利用する。

アトリビューションで有名な企業や製品、サービス

Google アナリティクス

最もポピュラーなアトリビューションツールの一つ。ユーザーのウェブサイト訪問行動を追跡し、そのデータからマーケティング戦略を立てるために広く使われる。

Facebook Attribution

Facebookが提供するアトリビューションツール。Facebook広告の効果を評価し、最適な広告配信を行うための情報を提供。

Adobe Analytics

デジタルマーケティングのための高度なアナリティクスツール。ユーザーのオンライン行動を分析し、アトリビューションモデルを作ることが可能。

アトリビューションの類似語

コンバージョン追跡

特定の行動(例えば、商品の購入や問い合わせなど)が発生したことを計測する機能。アトリビューションと共に使われることが多い。

ユーザージャーニー

ユーザーが製品やサービスに触れる一連の経験のこと。アトリビューションはこのユーザージャーニーを理解するためのツールとして用いられる。

ROI(Return on Investment)

投資対効果。アトリビューションを用いて、広告やマーケティング活動の投資効果を測る。

アトリビューションの反対語

直感的判断

アトリビューションはデータに基づいて広告の効果を測るが、直感的判断は経験や感覚に基づいて行動を決定する。

一方向性評価

アトリビューションは多角的な視点から広告の効果を評価するが、一方向性評価は一つの視点だけから判断する。

非科学的手法

アトリビューションは科学的なデータ分析に基づくが、非科学的手法は証拠や論理に基づかない方法を指す。

アトリビューションを使った会話の例文

マーケティングチームの会議中

Q.「先月のキャンペーン、どの広告が最もコンバージョンに貢献したんですか?」
A.「アトリビューションツールのデータを見ると、ソーシャルメディア広告が最も貢献していましたよ。」

データアナリストとの面談で

Q.「次のマーケティング戦略を立てるために、どの広告チャネルに注力すべきですか?」
A.「アトリビューションモデルによれば、検索エンジン広告がROIが高いため、そこに注力するのが良いでしょう。」

新製品のプロモーションプランニング時

Q.「新製品の広告、どのプラットフォームに出稿すればいいと思いますか?」
A.「以前のアトリビューションデータを見ると、ターゲット顧客層は主にSNSを使っているようなので、そちらに出稿するのが良さそうですね。」

アトリビューション使用時の注意点

アトリビューションを会話で使用する時の注意点は、その概念の複雑性を理解していることが重要である。というのも、アトリビューションは、ユーザーの行動を追跡し、それが結果にどれだけ影響を与えたかを分析する手法だからだ。例えば、ある広告がユーザーの最終的な購入行動にどれほど影響を与えたかを正確に知るためには、一連のユーザーの行動全体を理解する必要がある。そして、そのためには様々なチャネルやデバイス、時間帯などの情報を一元的に分析しなければならない。だから、アトリビューションを話題にする際は、相手がその複雑性を理解できるレベルのIT初心者であるかどうかを確認することが大切である。

アトリビューション、正確な広告評価のカギとなります。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました