インストリーム広告とは?YouTubeやNetflixでよく見る広告形式

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとインストリーム広告とは

  • 動画コンテンツの中に出る広告
  • スキップできるものとできないものがある
  • 広告主にとって効果的な広告手法

インストリーム広告とは、動画中に出るスキップできない広告です。

概要説明

インストリーム広告とは動画コンテンツの中に挿入される広告である。なぜならば、視聴者が動画を見ている最中に広告を見せることで、注目を集めやすいから。例えばYouTubeやNetflixでよく見かける。そして、スキップできるものとできないものがある。つまり、広告主にとっては効果的な広告手法である。だから、多くの企業が利用している。

職業職種

マーケティングマネージャー

マーケティングマネージャーは、広告戦略を考える人である。なぜなら、インストリーム広告は効果的な広告手法だから。例えば、新製品のプロモーション。

コンテンツクリエーター

コンテンツクリエーターは、動画を作る人である。なぜなら、その動画の中にインストリーム広告が挿入されるから。例えば、YouTube動画。

視聴者

視聴者は、動画を楽しむ人である。なぜなら、その動画の中に広告が出てくるから。例えば、YouTubeやNetflixでの動画視聴。

インストリーム広告の名前の由来は、英語の”In-stream”から来ています。”In-stream”は「流れの中に」という意味で、動画の中に広告が流れることからの名前です。

インストリーム広告の代表例

YouTube

YouTubeは、インストリーム広告で有名である。なぜなら、多くの動画コンテンツにインストリーム広告が挿入されているから。例えば、音楽ビデオや教育コンテンツ。

AbemaTV

AbemaTVは、インストリーム広告で名高い存在である。なぜなら、日本国内で独自の動画コンテンツを提供しながら、インストリーム広告を効果的に使用しているから。例えば、ドラマやニュース番組。

LINE

LINEは、インストリーム広告で世間に知られている。なぜなら、LINEの動画プラットフォームである「LINE LIVE」でインストリーム広告がよく使用されるから。例えば、ライブ配信中に広告が挿入される。

手順例

以下は、インストリーム広告の基本的な手順です。

広告プラットフォームを選ぶ

広告プラットフォームを選ぶのが最初のステップである。なぜなら、どのプラットフォームに広告を出すかで効果が変わるから。例えば、YouTubeやAbemaTV。

広告内容を決める

次に広告内容を決める。なぜなら、視聴者にどう訴えるかが重要だから。例えば、新製品の紹介やセール情報。

広告を作成する

広告を作成する。なぜなら、内容が決まったら具体的な映像やテキストが必要だから。例えば、ビデオ編集ソフトを使用する。

広告を設定する

広告を設定する。なぜなら、どの動画に広告を挿入するか、ターゲット層は何か、といった設定が必要だから。例えば、年齢層や興味・関心。

広告を公開する

最後に広告を公開する。なぜなら、全ての設定が完了したら広告を流す必要があるから。例えば、広告ダッシュボードから公開設定を行う。

類似語

プリロール広告

プリロール広告は、インストリーム広告の類似語である。なぜなら、動画の最初に流れるタイプのインストリーム広告だから。例えば、YouTubeの動画開始前に出る広告。

ミッドロール広告

ミッドロール広告は、インストリーム広告の類似語である。なぜなら、動画の途中で挿入されるインストリーム広告だから。例えば、長い動画の中盤に出る広告。

ポストロール広告

ポストロール広告は、インストリーム広告の類似語である。なぜなら、動画の最後に流れるタイプのインストリーム広告だから。例えば、動画が終わった後に出る広告。

反対語

アウトストリーム広告

アウトストリーム広告は、インストリーム広告の反対語である。なぜなら、動画コンテンツの外で自動的に再生される広告だから。例えば、ウェブページのテキスト間に挿入される。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、インストリーム広告の反対語である。なぜなら、動画ではなく静的な画像やテキストで表示されるから。例えば、ウェブサイトのサイドバーに出る広告。

ネイティブ広告

ネイティブ広告は、インストリーム広告の反対語である。なぜなら、広告であることが一見わかりにくく、コンテンツに溶け込む形で表示されるから。例えば、ニュースフィードに自然に現れる広告。

インストリーム広告の注意点

インストリーム広告を使用する時の注意点はターゲット設定である。なぜならば、適切なターゲット層に届かないと効果が薄いからだ。例えば、年齢や興味に基づいて設定する。そして、広告の長さも考慮する。だから、計画的に行動する。

インストリーム広告とアウトストリーム広告は、間違えやすいので注意しましょう。

インストリーム広告は、動画コンテンツの中に挿入される広告です。

一方、アウトストリーム広告は、動画コンテンツの外で自動的に再生される広告です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました