LPOとは?効果的なランディングページの作り方

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとLPO

LPOとは、ランディングページの最適化です。

概要説明

LPOとはランディングページを最適化する活動である。なぜならば、より多くのユーザーを商品やサービスに興味を持たせ、行動に移してもらうため。

例えば、ボタンの色を変えたり、キャッチフレーズを工夫することである。そして、これによってコンバージョン率が上がる。

つまり、効果的なランディングページはビジネスに直結する。だから、LPOは重要なマーケティング手法である。

職業職種

マーケティング担当者

マーケティング担当者は、LPOを頻繁に行う。なぜなら、コンバージョン率を上げるためには、ランディングページの最適化が必要だから。例えば、A/Bテストを用いて改善点を見つける。

ウェブデザイナー

ウェブデザイナーは、LPOの実施者である。なぜなら、デザインの改善がユーザー体験に直結するから。例えば、レイアウトや色使いを工夫する。

データアナリスト

データアナリストは、LPOの効果を測定する。なぜなら、データに基づいて最適化の方向性を決める必要があるから。例えば、ユーザーの行動データを分析する。

LPOは、名前の由来は「Landing Page Optimization(ランディングページ最適化)」です。

LPOの代表例

Unbounce

Unbounceは、LPOで有名である。なぜなら、簡単にランディングページを作成・最適化できるツールを提供しているから。例えば、A/Bテスト機能が充実している。

OptimizePress

OptimizePressは、LPOで名高い存在である。なぜなら、WordPressで使えるLPO専用のテーマとして広く知られているから。例えば、多くのプリセットデザインが用意されている。

Neil Patel

Neil Patelは、LPOで世間に知られている。なぜなら、彼のブログやYouTubeチャンネルでLPOに関する有益な情報を提供しているから。例えば、具体的なケーススタディやヒントが多数公開されている。

手順例

以下は、LPOの基本的な手順です。

目標設定

目標設定は、LPOの第一歩である。なぜなら、何を最適化するか明確にする必要があるから。例えば、コンバージョン率を上げる。

分析

分析は、現状を把握する工程である。なぜなら、どこを改善するか知るためには現状を理解する必要があるから。例えば、Google Analyticsを使う。

改善案作成

改善案作成は、具体的なアクションを決める段階である。なぜなら、何をどう変えるかを計画する必要があるから。例えば、ボタンの色を変える。

A/Bテスト

A/Bテストは、改善案の効果を測る手段である。なぜなら、どの改善が効果的かを確認する必要があるから。例えば、2つのバージョンを用意して比較する。

結果分析・反映

結果分析・反映は、テスト結果に基づいて最終的なページを作る工程である。なぜなら、効果的な改善を確定する必要があるから。例えば、テストで良い結果が出た改善案を採用する。

類似語

SEO(Search Engine Optimization)

SEOは、LPOの類似語である。なぜなら、両方ともウェブページを最適化する目的があるから。例えば、SEOは検索エンジンでの表示順を、LPOはコンバージョン率を最適化する。

CRO(Conversion Rate Optimization)

CROは、LPOの類似語である。なぜなら、両方ともコンバージョン率を高める目的があるから。例えば、CROはウェブサイト全体の最適化を、LPOはランディングページの最適化を目指す。

UXデザイン

UXデザインは、LPOの類似語である。なぜなら、ユーザー体験を良くすることが共通の目的だから。例えば、UXデザインは使いやすさを、LPOはコンバージョンにつながる使いやすさを考える。

反対語

ランダムページ設計

ランダムページ設計は、LPOの反対語である。なぜなら、LPOはページを最適化する目的があるが、ランダムページ設計は最適化を考慮しないから。例えば、ユーザーの反応を無視する。

ページ放置

ページ放置は、LPOの反対語である。なぜなら、LPOは改善を繰り返すが、ページ放置は一度作ったらそのままにするから。例えば、更新や改善がない。

一括設定

一括設定は、LPOの反対語である。なぜなら、LPOは個々のページに対する最適化を行うが、一括設定は全ページに同じ設定を適用するから。例えば、個々のニーズを無視する。

LPOの注意点

LPOを使用する時の注意点はデータの正確性である。なぜならば、誤ったデータに基づいて最適化を行うと、逆効果になる可能性があるからだ。例えば、短期間のデータだけで判断する。そして、長期間のデータも考慮する必要がある。だから、データの選定には慎重に。

LPOとSEOは、間違えやすいので注意しましょう。

LPOは、ランディングページの最適化です。

一方、SEOは、検索エンジンでの表示順を最適化することです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました