メディアレーションとは?通販事業の成長を支える指標

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとメディアレーションとは

  • 初回購入者売上を媒体費用で割る
  • 割合が1を切ればコスト回収成功
  • 通販事業の初期指標として重要

メディアレーションとは、初回購入者売上をコストで割った指標です。

概要説明

メディアレーションとは、初回購入者売上を媒体費用で割った指標である。なぜならば、この指標で広告や宣伝にかけたコストが初回の売上でどれだけ回収できたかを測ることができるから。

例えば、メディアレーションが1を切れば、初回売上で媒体費用を回収できたことになる。そして、この指標は特に通販事業で重要。

つまり、初回購入の出足を確かめ、効果的なマーケティングを行うための基準となる。だから、事業の成長を計画的に進めるために重要な指標である。

メディアレーションを求める計算式

メディアレーション = 初回購入者売上 ÷ 広告費
この指標が1以上であれば広告費を回収できている。
例えば、初回購入者売上¥300,000で、媒体費用(広告費)¥250,000の場合、メディアレーションは1.2となる。これは、初回購入での売上が媒体費用を20%上回っていて、初回購入で媒体費用を回収できている。

職業職種

マーケティングマネージャー

メディアレーションは、広告の効果を測る重要な指標である。なぜなら、初回購入者の売上が広告費を超えているかを素早く判断できるから。例えば、新しい広告キャンペーンの効果を評価する際に使用。

通販事業オーナー

メディアレーションは、事業の健全な成長を確認するための指標である。なぜなら、初回購入でのコスト回収状況を明確にすることで、事業の拡大を計画的に進められるから。例えば、新たな市場への展開を検討する際に参照。

データアナリスト

メディアレーションは、広告のROIを分析するためのデータである。なぜなら、具体的な数値をもとに、広告の効果を定量的に評価できるから。例えば、複数の広告チャンネルの効果を比較分析する際に使用。

メディアレーションは、名前の由来は「Media(媒体)」と「Ratio(比率)」の組み合わせです。これは、初回購入者の売上を媒体(広告)費用で割った比率を示す指標であることから来ています。

メディアレーションの代表例

ユニクロ

ユニクロは、メディアレーションで有名である。なぜなら、効果的なオンライン広告戦略で初回購入者を増やしているから。例えば、ターゲットに合った広告を展開し、コストを抑えながら売上を上げている。

楽天市場

楽天市場は、メディアレーションで名高い存在である。なぜなら、広告のROIを徹底的に分析し、最適な広告展開を行っているから。例えば、広告の効果測定を重視し、コストを最小限に抑えて初回購入者を獲得している。

ZOZOTOWN

ZOZOTOWNは、メディアレーションで世間に知られている。なぜなら、効果的なデジタルマーケティングで新規顧客の獲得に成功しているから。例えば、SNS広告を活用して、初回購入者のコストを効率的に管理している。

手順例

以下は、メディアレーションの計算手順です。

初回購入者売上の集計

初回購入者の売上を集計する。なぜなら、メディアレーションの分子となる値であるから。例えば、新規顧客が購入した商品の合計金額を計算する。

媒体費用の集計

広告にかけたコストを集計する。なぜなら、メディアレーションの分母となる値であるから。例えば、Google AdsやFacebook広告のコストを合計する。

メディアレーションの計算

初回購入者売上を媒体費用で割る。なぜなら、これがメディアレーションの指標を求める計算式であるから。例えば、初回購入者売上が100万円、媒体費用が80万円の場合、メディアレーションは1.25となる。

類似語

ROI(Return On Investment)

ROIは、メディアレーションの類似語である。なぜなら、両者ともに広告の効果をコストに対して評価する指標であるから。例えば、ROIも広告の収益を広告コストで割った値を使う。

CAC(Customer Acquisition Cost)

CACは、メディアレーションの類似語である。なぜなら、新規顧客獲得にかかるコストを測定する指標であるから。例えば、CACは新規顧客一人当たりの獲得コストを計算する。

LTV(Life Time Value)

LTVは、メディアレーションの類似語である。なぜなら、顧客が生涯にわたって会社にもたらす利益を測定する指標であるから。例えば、LTVは長期的な顧客価値を評価し、CACとのバランスを考える際に重要となる。

反対語

無益な投資

無益な投資は、メディアレーションの反対語である。なぜなら、コストを回収できずに損失が発生するから。例えば、広告費が売上よりも高い場合。

一回限りの取引

一回限りの取引は、メディアレーションの反対語である。なぜなら、継続的な顧客関係を築かず、長期的な利益を追求しないから。例えば、一度だけの大量購入。

無計画な広告

無計画な広告は、メディアレーションの反対語である。なぜなら、効果的な広告展開をせず、コストを無駄に使うから。例えば、ターゲットを設定せずに広告を出稿する場合。

メディアレーションの注意点

メディアレーションを使用する時の注意点はデータの正確性である。なぜならば誤ったデータでは正しい判断ができないからだ。

例えば、広告のクリック数が正確でない場合。そして、定期的な分析。だから、データを常に更新し、分析を続けることが大切。

メディアレーションとROI(Return on Investment)は、間違えやすいので注意しましょう。

メディアレーションは、初回購入者売上を媒体費用で割った指標です。

一方、ROIは、広告の投資回収率を示す指標です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました