QWERTY配列の全て!キーボード配列の基礎知識

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • キーボードの標準的な配列
  • 効率的なタイピングのため
  • 左上にQWERTYと並んでる

QWERTY配列とは、キーボードの標準的な配列です。

概要説明

QWERTY配列とはキーボードの一つである。 なぜならば最も一般的に見かけ、使われる配列だから。 例えばパソコンのキーボードである。 そして、QWERTYというキーが左上から順に並んでいることが特徴。 つまり、効率よくタイピングを行うために使われる配列である。 だから、一般的なキーボード配列と言えばQWERTY配列となる。

職業・職種

ライター

ライターは、QWERTY配列をよく使用する。なぜなら、記事やメールなど、頻繁にタイピングを必要とするからだ。例えば、ブログ記事を書く時には必ず使う。

プログラマー

プログラマーも、QWERTY配列を使う。なぜなら、コードを書くためにもタイピングが必要だからだ。例えば、ソフトウェアを開発する際には、頻繁にキーボードを使用する。

一般ユーザー

一般ユーザーも、QWERTY配列を使う。なぜなら、パソコンを使う上で基本となるからだ。例えば、インターネットで情報を検索したり、メールを送る時に使う。

QWERTY配列は、名前の由来はキーボードの最上段に並んでいるQ,W,E,R,T,Yの6つの文字から取られています。

企業・製品

Apple

Appleは、QWERTY配列を採用している企業である。なぜなら、彼らのMacBookやiMacのキーボードは全てこの配列を用いているからだ。例えば、MacBook Pro。

Microsoft

Microsoftは、QWERTY配列を提供している企業である。なぜなら、Windows OSに対応するキーボードはほとんどがこの配列を採用しているからだ。例えば、Microsoft Surfaceシリーズのキーボード。

Christopher Latham Sholes

Christopher Latham Sholesは、QWERTY配列を考案した人物である。なぜなら、彼は19世紀にこの配列を初めて発明し、現代のキーボードの原型を作ったからだ。例えば、最初の商用タイプライター。

手順例

タイピングスピードを上げる手順です。

配列を覚える

QWERTY配列を覚えることは、キーボード操作の基礎である。なぜなら、多くのキーボードがこの配列を採用しているからだ。例えば、初めてのPC操作。

指で覚える

QWERTY配列の位置を指で覚えることは、タイピングスピードを上げる方法である。なぜなら、これによって視覚的な確認を減らすことができるからだ。例えば、タッチタイピングの練習。

ショートカットキー

QWERTY配列の効率的な使い方を学ぶことは、作業効率を上げる手段である。なぜなら、これによって入力作業の時間を短縮できるからだ。例えば、ショートカットキーの活用。

使い方を模索

QWERTY配列の快適な使い方を模索することは、長時間のPC作業をサポートする方法である。なぜなら、これによって手首の負担を軽減することができるからだ。例えば、エルゴノミックキーボードの使用。

トレーニング

QWERTY配列を上手く使う練習を続けることは、スキルアップの必要性である。なぜなら、これによってより多くの作業を効率的に行うことができるからだ。例えば、タイピングゲームでのトレーニング。

類似語

AZERTY配列

AZERTY配列は、QWERTY配列と似ているキーボード配列である。なぜなら、両者ともアルファベットの配置が異なるだけで、基本的な構造は同じだからだ。例えば、フランスやベルギーで使用されている。

DVORAK配列

DVORAK配列は、QWERTY配列とは異なるキーボード配列である。なぜなら、こちらはタイピング効率を重視して配置が組まれているからだ。例えば、英語入力においてより効率的なタイピングを可能にする。

QZERTY配列

QZERTY配列は、QWERTY配列と似ているキーボード配列である。なぜなら、一部のキーの配置が異なるだけで、基本的な構造は同じだからだ。例えば、イタリアで一部使用されている。

反対語

アルファベット順配列

アルファベット順配列は、QWERTY配列の反対概念である。なぜなら、この配列はアルファベットを順番に配置しているのに対して、QWERTY配列は頻度の高い文字が中心に配置されているからだ。例えば、子供が初めてキーボードに触れる際に用いられることがある。

DVORAK配列

DVORAK配列は、QWERTY配列の一種の反対語とも言える配列である。なぜなら、DVORAK配列はキーの配置を最適化しているのに対し、QWERTY配列は機械的な問題から生まれた配置を保持しているからだ。例えば、効率的なタイピングを求めるプロのタイピストによって用いられることがある。

音声入力

音声入力は、QWERTY配列の反対語とも言える入力方法である。なぜなら、キーボードを用いる手入力とは異なり、音声を認識して文字入力を行うからだ。例えば、スマートフォンやPCでの文章作成時に用いられることがある。

会話例

PCショップでの買い物

Q.「新しいキーボードを探しているんですが、QWERTY配列のものはありますか?」
A.「もちろんです、こちらのラインナップのほとんどがQWERTY配列のキーボードになります。」

IT教室での授業

Q.「先生、QWERTY配列って何ですか?」
A.「それはキーボード上で文字が配置されているパターンの一つで、最初の行の左からQ, W, E, R, T, Yの順に配置されていることからその名が付けられました。」

オフィスでのディスカッション

Q.「これ、QWERTY配列のキーボードで入力できる?」
A.「ええ、そのキーボードはQWERTY配列なので、普通にタイピングすれば問題ないはずです。」

注意点

QWERTY配列を使用する時の注意点は手指の位置である。 なぜならば、正しい位置に指を置かないと、タイピングが遅くなったり、誤入力の原因となるからだ。

例えば、左手の小指はA、左手の薬指はS、左手の中指はD、左手の人差し指はF、右手の人差し指はJ、右手の中指はK、右手の薬指はL、右手の小指は;(セミコロン)の位置に置くのが基本である。

そして、指の位置を正確に保つためには、リラックスした手の形を保つことが重要である。 だから、長時間のタイピングでも手首や指を痛めないよう、適度な休憩を取ることも忘れずに。

日本以外でPCを購入する場合、キーボードの配列を注意しましょう。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました