クラウドネイティブ技術とは?初心者でもわかる基本解説

ざっくりと

  • クラウド環境で最高のパフォーマンス
  • システムのスケーラビリティと耐障害性を向上
  • 開発と運用の効率化に貢献

クラウドネイティブ技術は、クラウド環境で最高のパフォーマンスを発揮する技術です。

概要説明

クラウドネイティブ技術とは、クラウド環境で最高のパフォーマンスを発揮する技術である。なぜなら、開発から運用までの一連のプロセスをクラウド上で完結できるからだ。

例えば、DockerやKubernetesなどの技術を活用して、アプリケーションの開発、デプロイ、運用を行う。そして、これによりシステムのスケーラビリティや耐障害性が向上し、開発と運用の効率化に貢献する。

つまり、クラウドネイティブ技術は現代のビジネスを支える重要な技術である。

職業・職種

  1. ソフトウェアエンジニア
    ソフトウェアエンジニアは、クラウドネイティブ技術を使う。なぜなら、開発の効率とスピードを上げるからだ。例えば、マイクロサービスを使って、一つの大きなアプリケーションを小さな部品に分ける。

  2. システム管理者
    システム管理者は、クラウドネイティブ技術を使う。なぜなら、リソースの管理と自動化がしやすいからだ。例えば、Kubernetesを使って、コンテナの配布とスケーリングを自動化する。

  3. ビジネスアナリスト
    ビジネスアナリストも、クラウドネイティブ技術に興味がある。なぜなら、それはビジネスの競争力を高める新たな手段だからだ。例えば、データ分析をクラウドで行うことで、ビジネスの洞察を得るスピードを上げる。

ネイティブ(Native) = 生まれついての、生来の、出身、などなど

企業・製品

  • Google
    Googleは、クラウドネイティブ技術の先駆者だ。なぜなら、Kubernetesという有名なオープンソースプロジェクトを始めたからだ。例えば、Kubernetesは世界中の企業でコンテナオーケストレーションとして利用されている。
  • Docker
    Dockerは、コンテナ技術の代表的な存在だ。なぜなら、コンテナ技術を一般的に使えるようにしたからだ。例えば、Dockerコンテナはアプリケーションの開発とデプロイを単純化する。
  • Netflix
    Netflixは、クラウドネイティブ技術を活用する事業者だ。なぜなら、大規模なユーザーベースと動画ストリーミングサービスを支えるためにクラウドネイティブ技術を活用しているからだ。例えば、Netflixはマイクロサービスとコンテナを使ってシステムをスケールし、耐障害性を確保している。

手順例

  1. アプリケーションの設計
    アプリケーションを設計するときは、クラウドネイティブを考慮する。なぜなら、それがスケーラビリティと耐障害性を高めるからだ。例えば、マイクロサービスの形式でアプリケーションを設計する。

  2. コンテナ技術の選択
    コンテナ技術を選ぶときは、必要な機能と互換性を考える。なぜなら、それが開発と運用をスムーズにするからだ。例えば、Dockerやrktなどのコンテナ技術を選ぶ。

  3. コンテナオーケストレーション
    コンテナオーケストレーションを行うときは、自動化と管理を考える。なぜなら、それがリソースの最適化とサービスの稼働率を保つからだ。例えば、KubernetesやDocker Swarmなどを使う。

  4. CI/CDの導入
    CI/CDを導入するときは、自動テストと自動デプロイを考える。なぜなら、それが開発のスピードと品質を保つからだ。例えば、JenkinsやCircleCIなどを使う。

  5. モニタリングとログ管理
    モニタリングとログ管理を行うときは、可視化と追跡を考える。なぜなら、それが問題解決とパフォーマンス改善の鍵だからだ。例えば、PrometheusやElastic Stackを使う。

類似語

  • Microservices
    マイクロサービスは、クラウドネイティブ技術と近い概念だ。なぜなら、両方ともアプリケーションを小さな部分に分けて管理する理念を持っているからだ。例えば、Netflixは大規模なマイクロサービスアーキテクチャを利用している。
  • Docker
    Dockerは、クラウドネイティブ技術の一部と考えられる。なぜなら、Dockerはアプリケーションをコンテナという単位でパッケージ化し、どこでも実行できるようにするからだ。例えば、Dockerを使ってPythonのプログラムをパッケージ化すれば、どのPCでもそのプログラムを実行できる。
  • Kubernetes
    Kubernetesもまた、クラウドネイティブ技術の一部だ。なぜなら、Kubernetesは複数のコンテナをまとめて管理するシステムで、スケーラブルで信頼性の高いアプリケーションを構築するのに役立つからだ。例えば、Googleは大量のコンテナを管理するためにKubernetesを使っている。

反対語

  • モノリシックアーキテクチャ
    モノリシックアーキテクチャは、クラウドネイティブ技術の反対概念だ。なぜなら、クラウドネイティブは分割と分散を促進するのに対して、モノリシックは一つの大きな単位でアプリケーションを管理するからだ。例えば、初期のウェブアプリケーションは大抵モノリシックアーキテクチャを採用していた。
  • オンプレミス
    オンプレミスは、クラウドネイティブ技術とは逆の考え方だ。なぜなら、クラウドネイティブはクラウドの活用を推奨するのに対し、オンプレミスは自社内のデータセンターで全てを管理するからだ。例えば、銀行はセキュリティ上の理由からオンプレミスを選択することが多い。
  • 伝統的なデスクトップアプリケーション
    伝統的なデスクトップアプリケーションは、クラウドネイティブ技術とは対照的だ。なぜなら、クラウドネイティブ技術はウェブやモバイルでの利用を想定しているのに対し、デスクトップアプリケーションは特定のPCで動作することを前提に開発されるからだ。例えば、Microsoft Officeは伝統的なデスクトップアプリケーションの一例だ。

会話例

  1. 新しいプロジェクトのキックオフミーティング
    Q.「この新しいプロジェクトでは、どういうアーキテクチャを考えていますか?」
    A.「クラウドネイティブ技術を基盤にして、スケーラビリティと信頼性を高めることを考えています。」

  2. 技術的な問題解決のディスカッション
    Q.「サーバーが頻繁にダウンする問題をどう解決すればいいですか?」
    A.「クラウドネイティブ技術を導入することで、ダウンタイムを最小限に抑えつつ、高いパフォーマンスを維持できます。」

  3. プロジェクトの進捗報告ミーティング
    Q.「プロジェクトの現状はどうですか?進捗は順調ですか?」
    A.「はい、クラウドネイティブ技術の採用により、開発の効率が上がり、予定通りに進んでいます。」

注意点

クラウドネイティブ技術を使用する時の注意点はセキュリティである。 なぜならば、多数のマイクロサービスやコンテナを運用する場合、それぞれが攻撃対象になり得るからだ。

例えば、一つのマイクロサービスが侵害された場合、他のマイクロサービスへの影響を最小限に抑えるためには、適切なセキュリティポリシーと隔離が必要である。

そして、クラウドネイティブ技術の導入は、新たなスキルと組織文化の変革を必要とする。 だから、クラウドネイティブ技術を導入する際には、十分な研修と準備が必要である。

クラウドネイティブ技術を学ぶなら、学習プラットフォームがあります。

Kubernetes、Docker、Microservicesなどなど

記事を書いてる人

ガラケー時代からWEB開発やってる自宅SE です。

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

ネット事件簿チャンネルを運営しているので、YouTubeもぜひ覗いてみてください!!

雨おやじのSNSを覗く!!
IT用語辞典
雨おやじのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント