ゼロクリックサーチとは?検索エンジンが提供する省エネ検索法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • ユーザが検索結果ページで答えを見つける行動
  • サイトにクリック移動しない検索方法
  • SEO対策に重要な新しい仕様

ゼロクリックサーチとは、検索結果ページ上部の表示で完結することです。

概要説明

ゼロクリックサーチとは、ユーザが検索結果を見てすぐに答えを見つける新しい検索行動である。なぜなら、検索エンジンの結果ページの上部に表示される結果を見て、ユーザがそれ以上クリックせずに検索行動を終えるからだ。

例えば、「天気」を検索した時、結果ページ上部でその日の天気予報がすぐに表示されるである。そして、このような行動はSEO対策にも重要だ。

つまり、ウェブサイトはゼロクリックサーチに対応した情報を提供することが必要である。だから、ウェブサイト運営者はゼロクリックサーチを意識したSEO対策が求められる。

職業職種

ウェブマーケター

ウェブマーケターは、ゼロクリックサーチを活用している。なぜなら、この新しいユーザ行動を理解し、SEO対策を効果的に行うためだ。例えば、ユーザが必要とする情報を一覧ページで提供する。

SEO専門家

SEO専門家は、ゼロクリックサーチに注目している。なぜなら、それがSEOの新たなトレンドであり、クライアントのウェブサイトのパフォーマンスを上げるためだ。例えば、リッチスニペットを利用した最適化を提案する。

ブロガー

ブロガーは、ゼロクリックサーチを活用している。なぜなら、その結果、記事が検索結果ページ上部に表示され、閲覧数が増えるからだ。例えば、よく検索される質問に対する簡潔な回答をブログ記事に組み込む。

ゼロクリックサーチの名前の由来は、ユーザが検索結果ページで答えを見つけて、それ以上クリックせずに検索行動を終了する、つまり「クリックゼロ」の行動から来ています。

代表例

Google

Googleは、ゼロクリックサーチの代表的な企業だ。なぜなら、その検索エンジンがリッチリザルトを提供し、ユーザーが情報を得るのに追加のクリックを必要としないからだ。例えば、天気の検索で現地の天気情報がすぐに上位表示される。

Wikipedia

Wikipediaは、ゼロクリックサーチの情報源としてよく用いられる。なぜなら、その豊富な情報がリッチリザルトとして引用され、ユーザーに即座に知識を提供するからだ。例えば、特定の人物や事象の検索時にWikipediaの情報が上位表示される。

Amazon

Amazonは、ゼロクリックサーチの対象となる企業だ。なぜなら、商品検索時に価格やレビュー情報が検索結果に直接表示され、ユーザーがクリックせずとも価格比較が可能になるからだ。例えば、特定の商品の検索時にAmazonの価格情報が直接表示される。

手順例

ゼロクリックサーチを行う手順です。

検索エンジンを開く

Googleなどの検索エンジンを開く。なぜなら、これがゼロクリックサーチの基本的なスタート地点だからだ。例えば、ウェブブラウザでGoogleを開く。

検索ワードを入力する

具体的な検索ワードを入力する。なぜなら、精度の高い情報を得るためには、具体的なキーワードが重要だからだ。例えば、「東京の天気」を検索する。

検索結果を確認する

検索結果の上位表示情報を確認する。なぜなら、これがゼロクリックサーチの目的地点だからだ。例えば、検索結果の天気情報を見る。

類似語

リッチリザルト

リッチリザルトは、ゼロクリックサーチの一部と言える。なぜなら、この結果がユーザーに詳細な情報を提供し、追加のクリックを不要にするからだ。例えば、レシピ検索で具体的な材料や調理法がすぐに表示される。

フィーチャードスニペット

フィーチャードスニペットもゼロクリックサーチに関連する。なぜなら、これが特定の質問に対する直接的な回答を提供し、ユーザーが情報を即座に手に入れられるからだ。例えば、「ピザの作り方」を検索した際にレシピが直接表示される。

ダイレクトアンサー

ダイレクトアンサーもゼロクリックサーチの一種だ。なぜなら、これがユーザーの質問に対して即座に答えを提供し、追加のクリックを省くからだ。例えば、「日本の首都は?」の質問に対して、「東京」と直接回答が表示される。

反対語

複数クリック検索

複数クリック検索は、ゼロクリックサーチの反対である。なぜなら、この場合、ユーザーは情報を得るために複数のリンクをクリックしなければならないからだ。例えば、検索結果から複数のウェブサイトを訪れて情報を集める行動がそれに当たる。

深掘り検索

深掘り検索は、ゼロクリックサーチの反対である。なぜなら、この場合、ユーザーは初回の検索結果だけでなく、2次、3次と続けて検索し、深く情報を掘り下げるからだ。例えば、ある主題について複数の情報源を確認する行動がそれに当たる。

直接アクセス

直接アクセスは、ゼロクリックサーチの反対である。なぜなら、この場合、ユーザーは検索エンジンを使わずにウェブサイトに直接アクセスするからだ。例えば、ブックマークやURLの直接入力でサイトを訪れる行動がそれに当たる。

会話例

学校の授業中

「最近、”ゼロクリックサーチ”って聞くけど、それって何?」
「それはね、検索エンジンで答えがすぐに見つかって、他のサイトに移動しなくても情報が得られる検索のことだよ。」

家族との会話

「なんで検索したらすぐ答えが出てくるの?」
「それはゼロクリックサーチって言って、検索エンジンがユーザーの便利さを考えて提供してるサービスだよ。」

友達とのオンラインゲーム中

「さっきのゲームの攻略法、どうやってすぐに見つけたの?」
「それ、ゼロクリックサーチっていうんだよ。検索エンジンで一発で答えが見つかるから便利だよ。」

注意点

ゼロクリックサーチを使用する時の注意点は一方的な情報であることだ。なぜならばゼロクリックサーチは、検索エンジンが選んだ情報しか表示しないからだ。

例えば、複数の視点から情報を得ることは難しい。そして、情報の偏りを防ぐためには、自分で情報源を探すことも重要だ。だから複数のサイトを訪れて、情報をチェックすることも忘れずに。

ゼロクリックサーチと自動補完の違いは、間違えやすいので注意しましょう。

ゼロクリックサーチは検索結果ページで直接答えが得られることです。

一方、自動補完は入力途中で予想される検索フレーズが表示される機能です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました