輻輳とは?アクセス集中でサイトがつながりにくくなる現象

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと輻輳とは

  • 通信やネットワークが遅くなる
  • 利用者の集中が主な原因
  • サーバーダウンのリスクあり

輻輳とは、通信が集中し遅くなることです。「ふくそう」と読みます。

概要説明

輻輳(ふくそう)とは通信回線やネットワークでの遅延現象である。なぜならば、多くの利用者が同時にアクセスするからだ。

例えば年末のメッセージ送信時である。そして、アクセスの集中によってサーバーが応答できなくなる場合もある。

つまり、通信の滞りが発生するである。だから、アクセス計画を見直す必要がある。

職業職種

サイト運営者

サイト運営者は、サイトのアクセス状況を常に監視する。なぜなら、輻輳が発生した際の対応が必要だからだ。例えばキャンペーン時のアクセス増。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアは、サーバーの健全性を保つために活動する。なぜなら、輻輳でサーバーダウンのリスクがあるからだ。例えば、アクセスのピーク時にサーバーが耐えられるかの確認。

セキュリティエキスパート

セキュリティエキスパートは、不正アクセスの監視と対策を行う。なぜなら、DDoS攻撃などが輻輳を引き起こす恐れがあるからだ。例えば、異常なアクセスの検出とその対応。

輻輳は、「集中して混雑する」です。

輻輳が発生した場合

以下は、輻輳が発生したときの解決手順です。

輻輳の確認

最初は、ネットワークの速度が遅いかどうかを確認する。なぜなら、他の理由でも遅くなることがあるからだ。例えば、Wi-Fiの電波の問題やデバイスの問題など。

原因の特定

次に、輻輳が起きている原因を特定する。なぜなら、正確な原因を知らないと適切な対策ができないから。例えば、大きなファイルのダウンロードや特定のサイトへのアクセス集中など。

一時的な対応策

輻輳が確認できたら、一時的な対応策を取る。なぜなら、すぐに改善するための方法を試したいから。例えば、不要なデバイスのネットワーク利用を停止する。

長期的な対策

一時的な対策後は、再発を防ぐ長期的な対策を考える。なぜなら、同じ問題が繰り返し起きないようにしたいから。例えば、回線の容量を増やす。

状況の監視

対策後は、ネットワークの状況を定期的に監視する。なぜなら、問題が再発した場合に早急に対応したいから。例えば、速度のモニタリングツールを使う。

類似語

通信遅延

通信遅延は、データが目的地まで達するまでの時間の遅れを指す。なぜなら、通信回線の混雑や距離などにより発生するから。例えば、遠い国との通話で音声が遅れて聞こえる場合。

ボトルネック

ボトルネックは、システムやプロセスの中で最も遅い部分や障害となる部分を指す。なぜなら、その部分が他の部分よりも遅くなると、全体の速度が落ちるから。例えば、工場の生産ラインで一部の機械が遅いと全体の生産が遅くなる。

オーバーヘッド

オーバーヘッドは、本来の作業に必要な処理以外で余分にかかる時間やリソースを指す。なぜなら、必要以上の処理が発生するとシステムが遅くなるから。例えば、プログラムが多くのメモリを消費すると他の作業が遅くなる場合。

反対語

空いている

空いているは、利用者が少なくアクセスがスムーズに行える状態である。なぜなら、通信回線やネットワークが混雑していないからだ。例えば、深夜にインターネットを利用すること。

非集中

非集中は、利用者が均等に分散している状態である。なぜなら、特定の時間や場所に集中していないからだ。例えば、昼間の平日に公共のWi-Fiを使うこと。

フリー

フリーは、通信が自由にできる状態である。なぜなら、何らかの制限や制約がないからだ。例えば、低トラフィック時のWeb閲覧。

輻輳がの注意点

輻輳を感じる時の注意点は焦らないことである。なぜならば、同時に多くの人がアクセスしているからだ。

例えば、新製品の発売日や特定のキャンペーン時である。そして、何度も再接続を試みると、さらに輻輳を悪化させる可能性がある。

だから、少し待ってから再試行するのがおすすめだ。

輻輳と混雑は、間違えやすいので注意しましょう

。輻輳は、通信回線やネットワークでの利用者が集中してアクセスが困難になることです。

一方、混雑は、物理的な空間や場所が人や物でいっぱいになることです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました