コーポレートライセンスとは?-法人のソフトウェアをまとめ買い!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 大量のソフトウェアをまとめ買い
  • 安価にソフトウェアを手に入れる
  • インストール作業を省略

コーポレートライセンスとは、法人がソフトウェアをまとめて購入するライセンスです。

概要説明

コーポレートライセンスとは、法人がソフトウェアを大量に購入するライセンスである。 なぜならば、一つ一つのソフトウェアを購入するよりもコストが抑えられるからだ。

例えば、Microsoft Officeのようなソフトウェアを全社員分まとめて購入することが可能だ。 そして、インストール作業も一括で行えるので手間が省ける。

つまり、コーポレートライセンスは大量のソフトウェアを効率良く手に入れるための制度である。 だから、大企業や組織には大変有効な制度だ。

職業職種

ITマネージャー

コーポレートライセンスは、ITコストを抑える手段である。なぜなら、一括購入により個別購入よりも安くなるからだ。例えば、全社員分のOfficeソフトウェアをまとめて購入する。

経理

コーポレートライセンスは、予算管理の一助となる。なぜなら、ライセンスの購入と更新を一括で行えるからだ。例えば、年間のITコストを予測しやすくなる。

社員

コーポレートライセンスは、必要なソフトウェアを手軽に利用できるシステムである。なぜなら、自分でインストールやライセンス管理をしなくても良いからだ。例えば、PCに最初から必要なソフトウェアがインストールされている。

コーポレートライセンスの名前の由来は、企業(corporate)がソフトウェアの使用許可(license)をまとめて購入することから来ています。

代表例

Microsoft

Microsoftは、そのOffice製品のコーポレートライセンスで有名である。なぜなら、多くの企業がOffice製品を利用していて、そのライセンス管理を一元化できるからだ。例えば、WordやExcelなどをまとめて大量に購入する。

Adobe

Adobeは、クリエイティブなソフトウェアのコーポレートライセンスを提供している。なぜなら、デザインや編集作業を行う企業がAdobe製品を多数利用しているからだ。例えば、PhotoshopやIllustratorを一括で購入する。

SAP

SAPは、ビジネスソフトウェアのコーポレートライセンスを提供している企業だ。なぜなら、経理や人事、製造などのビジネスプロセスを効率化するソフトウェアを提供しているからだ。例えば、多くの大企業がSAPのソフトウェアを使ってビジネスを効率化している。

手順例

ソフトウェア選択

まずは、ソフトウェアを選ぶ。なぜなら、どのソフトウェアが必要かによって、必要なライセンスが変わるからだ。例えば、MicrosoftのOfficeなら、Officeのコーポレートライセンスを選ぶ。

数量を確認

次に、必要な数量を確認する。なぜなら、ライセンスの価格は数量によって変わるからだ。例えば、100台のパソコンにインストールするなら、100のライセンスを購入する。

ライセンス購入

次に、ライセンスを購入する。なぜなら、これがコーポレートライセンスを使うための手続きだからだ。例えば、Microsoftの公式サイトから購入する。

インストール

購入後、ソフトウェアをインストールする。なぜなら、これがコーポレートライセンスの使い方だからだ。例えば、ダウンロードしたインストーラを使ってインストールする。

ソフトウェア使用

最後に、ソフトウェアを使い始める。なぜなら、これがコーポレートライセンスを使った結果だからだ。例えば、Officeを開いて仕事を始める。

類似語

サイトライセンス

サイトライセンスは、コーポレートライセンスの一種だ。なぜなら、両者ともに多数のユーザーが同一のソフトウェアを使うためのライセンスだからだ。例えば、学校全体で同じソフトウェアを使う場合に適用される。

アカデミックライセンス

アカデミックライセンスも、コーポレートライセンスに似ている。なぜなら、特定の集団(この場合は教育機関)でソフトウェアを共有するためのライセンスだからだ。例えば、学生や教員が学校で同じソフトウェアを使うときに使われる。

ガバメントライセンス

ガバメントライセンスも、コーポレートライセンスと同じく、一定の集団(この場合は政府機関)でソフトウェアを共有するためのライセンスだ。例えば、行政機関が同じソフトウェアを使用するときに使われる。

反対語

個人ライセンス

個人ライセンスは、コーポレートライセンスの反対だ。なぜなら、このライセンスは個人での使用を前提としているからだ。例えば、自分だけのパソコンにソフトウェアをインストールするときに使われる。

フリーソフトウェア

フリーソフトウェアも、コーポレートライセンスとは逆の概念だ。なぜなら、フリーソフトウェアは誰でも無料で使えるソフトウェアだからだ。例えば、オープンソースのソフトウェアがこれに当たる。

製品版ライセンス

製品版ライセンスも、コーポレートライセンスとは異なる。なぜなら、このライセンスは1つの製品につき1つのライセンスが必要だからだ。例えば、ソフトウェアを店頭で購入するときには製品版ライセンスが適用される。

会話例

  1. 会議中での使用ソフトウェアについての話し合い
    Q.「新しいプロジェクトのために、全員が同じソフトウェアを使う必要があるんだけど、どうすればいい?」
    A.「それなら、コーポレートライセンスを購入するのが一番だよ。それなら全員が同じソフトウェアを使えるし、コストも抑えられるからね。」

  2. 社長と秘書の会話
    Q.「このソフトウェア、社員全員に配布したいんだけど、高すぎて予算が…」
    A.「それならコーポレートライセンスがオススメですよ。大量に購入する場合、通常のソフトウェアよりも安く手に入れることができますから。」

  3. IT担当者の交流会
    Q.「会社でソフトウェアを導入しようと思ってるんだけど、なんかオススメある?」
    A.「うちではコーポレートライセンスを活用してるよ。一括管理できるから楽だよ。」

注意点

コーポレートライセンスを使用する時の注意点は、正確なユーザー数の把握が必要である。なぜなら、ユーザー数によってコストが変わるからだ。

例えば、企業の規模が拡大した場合、それに合わせてライセンスも増やす必要がある。そして、コーポレートライセンスは更新を忘れずに行うことが大切だ。

だから、ライセンス管理者が必要となる。

コーポレートライセンスと個人ライセンスの違いに注意しましょう。コーポレートライセンスは大量購入や一括管理が特徴で、個人ライセンスは一人ひとりが独自に購入・管理する形になります。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました