コンテンツ連動型広告とは?Webサイトの内容にフィットした広告表示の秘密

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • ウェブページ内容に合わせた広告
  • ユーザー体験を高める広告表示
  • 検索エンジンの検索キーワードに対応

コンテンツ連動型広告とは、ユーザーの興味に合った広告を表示することです。

概要説明

コンテンツ連動型広告とは、ウェブサイトの内容にあった広告を表示する広告形態である。なぜならば、広告がユーザーの興味と合致していると、クリック率が高まり、広告効果が上がるからだ。

例えば、美容ブログで見た広告が化粧品だったとする。そして、この方式はユーザー体験も高める。つまり、ユーザーは関心のある広告を見ることができるのだ。

だから、広告主にとってもユーザーにとってもメリットが大きい。

職業職種

ウェブマーケター

ウェブマーケターは、コンテンツ連動型広告を活用する。なぜなら、ターゲットとなるユーザーに的確に広告を届ける手段となるからだ。例えば、特定の商品やサービスのプロモーションに使う。

広告代理店

広告代理店も、この広告を使う。なぜなら、広告主のニーズに応じて、最適な広告配信を提供できるからだ。例えば、広告主が特定のウェブページの閲覧者をターゲットにしたい場合に活用する。

ブロガー

ブロガーも、広告収入を得るためにコンテンツ連動型広告を活用する。なぜなら、訪問者の興味に合わせた広告が表示され、クリック率が上がるからだ。例えば、美容に関するブログなら美容製品の広告が表示される。

コンテンツ連動型広告の名前の由来は、その機能からきています。具体的には、広告がウェブサイトの「コンテンツ」に「連動」して表示されるという性質を表現しています。

代表例

Google

Googleは、コンテンツ連動型広告の大手プロバイダーである。なぜなら、Google AdSenseという広告サービスを提供していて、その中でコンテンツ連動型広告が主力となっているからだ。例えば、ウェブサイトの所有者がAdSenseに登録すると、サイトの内容に応じた広告が自動的に表示される。

Amazon

Amazonは、Eコマースのリーダーであり、コンテンツ連動型広告を活用している。なぜなら、ユーザーが閲覧した商品に基づいた関連商品の広告を表示し、購入を促進しているからだ。例えば、ある本のページを見ていると、その関連本の広告が表示されることがある。

Facebook

Facebookは、ソーシャルメディアの巨人で、コンテンツ連動型広告を広範囲にわたって使用している。なぜなら、ユーザーの投稿やいいね!の履歴に基づいてパーソナライズされた広告を表示するからだ。例えば、旅行に関する投稿を多くしているユーザーには、旅行会社の広告が表示されることがある。

手順例

広告を作成する

広告を作成するのが最初のステップである。なぜなら、その広告が最終的に表示されるからだ。例えば、新商品のリリースを告知する広告を作成する。

広告プラットフォームを選択する

次に広告プラットフォームを選択する。なぜなら、広告を表示する場所が必要だからだ。例えば、Google AdSenseやFacebook Adsなどを選ぶ。

キーワードを設定する

次に広告を表示するためのキーワードを設定する。なぜなら、キーワードに基づいて広告が表示されるからだ。例えば、新商品の名前や関連する言葉をキーワードとして設定する。

類似語

関連キーワード広告

関連キーワード広告は、コンテンツ連動型広告と同じ種類の広告である。なぜなら、ユーザーの検索行動に基づいて広告が表示されるからだ。例えば、ユーザーが「旅行」を検索すると、「旅行」に関連する広告が表示される。

ネイティブ広告

ネイティブ広告は、コンテンツ連動型広告に近い概念である。なぜなら、ユーザーの体験を中断せずに広告を提供するために、コンテンツと同化する形で広告が表示されるからだ。例えば、ニュースフィードの中に自然に広告が組み込まれている。

パーソナライズ広告

パーソナライズ広告は、コンテンツ連動型広告と共通点を持っている。なぜなら、ユーザーの興味や行動に基づいてカスタマイズされた広告が表示されるからだ。例えば、ユーザーが過去に閲覧した商品に関連する広告が表示される。

反対語

非ターゲット広告

非ターゲット広告は、コンテンツ連動型広告の反対語だ。なぜなら、広告内容が特定のキーワードや内容に関連しないからだ。例えば、野球の試合結果を見ている人に化粧品の広告が表示されるケースだ。

ランダム広告

ランダム広告は、コンテンツ連動型広告の反対語だ。なぜなら、広告内容が訪問者の興味やサイト内容とは無関係にランダムに表示されるからだ。例えば、ニュースサイトを見ている時に突然表示されるゲームの広告だ。

一括配信広告

一括配信広告は、コンテンツ連動型広告の反対語だ。なぜなら、全てのユーザーに対して同じ広告が配信されるからだ。例えば、テレビCMのような全視聴者向けの一律のメッセージだ。

会話例

  1. 友達同士の会話
    Q.「お前、最近よくゲームの広告見るよね。何で?」
    A.「それは、俺がよくゲームの記事を見るからさ。それによって、コンテンツ連動型広告が表示されてるんだ。」

  2. 教師と生徒の授業中の質問
    Q.「先生、なんで自分が見てるWebページによって広告が変わるの?」
    A.「それは、コンテンツ連動型広告というシステムのおかげだよ。君が見ているページの内容に合わせて広告が表示されるんだ。」

  3. マーケティング会議
    Q.「今回のキャンペーン、何でコンテンツ連動型広告を選んだんですか?」
    A.「それは、ターゲットのユーザーが見ているコンテンツに合わせた広告を提供できるからだよ。」

注意点

コンテンツ連動型広告を使用する時の注意点は適切なターゲット設定である。なぜならば広告の効果を最大化するためには、関連性の高いコンテンツを見ているユーザーに対して広告を配信する必要があるからだ。

例えば、ゲーム関連のサイトでゲームの広告を表示することである。そして、ユーザーのプライバシーを尊重し、過度な広告表示によるユーザーの離脱を防ぐこと。だから、適切な広告配信のバランスを保つことが大切だ。

コンテンツ連動型広告と検索連動型広告は、間違えやすいので注意しましょう。コンテンツ連動型広告はWebページの内容に基づいて広告を表示するのに対し、検索連動型広告はユーザーが検索したキーワードに基づいて広告を表示します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました