行動ターゲティング広告とは? あなたの興味を知るWebの仕組み

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • あなたのWeb行動を解析する
  • 興味や関心を推測して広告表示
  • 購入までの流れを最適化する

行動ターゲティング広告とは、あなたの行動から興味を推測し、最適な広告を表示することです。

概要説明

行動ターゲティング広告とは、ユーザーのWebサイトの閲覧履歴や購入履歴などを解析する手法である。なぜならこれによってユーザーの行動パターン、興味、関心が推定可能である。

例えば、引越しの準備をしているユーザーには賃貸情報サイトの広告を表示する。そして、これにより広告のクリック率や購入確率を高める。

つまり、ユーザーにとって有益で、広告主にとっても効果的な広告配信が可能である。だから、これが行動ターゲティング広告である。

職業職種

Webマーケター

行動ターゲティング広告は、広告効果の最大化手段である。なぜなら、ターゲットユーザーの関心に合わせた広告配信が可能だから。例えば、旅行好きなユーザーには旅行関連の広告を表示する。

データアナリスト

行動ターゲティング広告は、ユーザー行動分析の貴重なデータソースである。なぜなら、ユーザーの行動パターンを具体的に理解できるから。例えば、特定の商品を見た後、どの広告をクリックしたかを知る。

一般ユーザー

行動ターゲティング広告は、自分に合った情報が得られるツールである。なぜなら、自分の関心に合った広告が表示されるから。例えば、ファッションに興味がある人には最新の服装広告が表示される。

行動ターゲティング広告は、名前の由来は英語の”Behavioral Targeting”からきています。これは「行動(Behavioral)を対象(Targeting)にした」広告という意味です。

代表例

Google

Googleは、行動ターゲティング広告の巨人だ。なぜなら、ユーザーの検索履歴や閲覧履歴を解析し、それに基づいた広告を表示するからだ。例えば、最近自動車の情報を検索した人には車関連の広告を表示する。

Amazon

Amazonも、行動ターゲティング広告を利用する大手企業だ。なぜなら、ユーザーの購入履歴や閲覧履歴を基に商品の広告を出すからだ。例えば、最近本を購入した人には新刊書籍の広告を表示する。

Facebook

Facebookも、行動ターゲティング広告を使う大手企業の一つだ。なぜなら、ユーザーの「いいね!」の履歴や友達の行動、投稿内容から広告を表示するからだ。例えば、友達があるレストランの投稿に「いいね!」した人にはそのレストランの広告を表示する。

手順例

ユーザー情報の収集

まずは、ユーザーの行動履歴や購入履歴を収集する。なぜなら、これが広告のターゲットを絞るための重要なデータだからだ。例えば、ユーザーがよく訪れるWebサイトや、購入した商品の履歴などを集める。

解析と予測

収集したデータを解析し、ユーザーの興味・関心を予測する。なぜなら、ユーザーの興味・関心に合わせた広告を表示するためだ。例えば、音楽ストリーミングサービスでよく聞いている音楽ジャンルから、ユーザーが好きそうなコンサート情報を予測する。

広告配信

予測した興味・関心に基づいた広告をユーザーに配信する。なぜなら、これにより広告の効果が上がるからだ。例えば、最近ガーデニング用品をよく見ているユーザーには、ガーデニング関連の商品広告を表示する。

類似語

ビヘイビオラルターゲティング

ビヘイビオラルターゲティングは、行動ターゲティング広告と同義だ。なぜなら、これもユーザーの行動履歴を解析し、それに基づいた広告を配信するからだ。例えば、ユーザーの閲覧履歴や検索履歴から興味・関心を予測し、適切な広告を表示する。

リターゲティング

リターゲティングは、行動ターゲティング広告の一種で、特定の商品を見た人に対して同じ商品の広告を表示する方法だ。なぜなら、一度見た商品に対する再購入や関心の喚起を狙うからだ。例えば、あるECサイトでスニーカーを見た人に対して、そのスニーカーの広告を表示する。

コンテキストターゲティング

コンテキストターゲティングは、行動ターゲティング広告と似ているが、ユーザーが現在見ているページの内容に基づいた広告を表示する。なぜなら、その瞬間のユーザーの関心に合わせた広告を表示するからだ。例えば、旅行記事を読んでいるユーザーには、旅行関連の広告を表示する。

反対語

ランダム広告

ランダム広告は、行動ターゲティング広告とは反対で、特定のユーザーの行動パターンを考慮せずにランダムに広告を表示する。なぜなら、ユーザーの興味や関心に基づいていないからだ。例えば、自動車に興味のない人に自動車の広告が表示されることもある。

会話例

  1. 友達との会話
    Q.「なんで最近、Webサイトで俺の好きなバンドの広告ばっかり見るの?」
    A.「それは、行動ターゲティング広告のせいだよ。君のWeb行動から、そのバンドが好きなんだと推測して広告を表示しているんだ。」

注意点

行動ターゲティング広告を使用する場合の注意点は、プライバシーの保護だ。なぜなら、ユーザーのWeb行動を追跡することで、その人の興味や関心がばれるからだ。

例えば、秘密にしたい趣味や興味が、広告として表示されると、家族や友人にばれることもある。だから、プライバシー設定に気をつけることが大切だ。

行動ターゲティング広告とコンテキスト広告は、間違えやすいので注意しましょう。行動ターゲティング広告はユーザーの行動履歴に基づいて広告を表示し、コンテキスト広告はそのページの内容に基づいて広告を表示します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました