リードジェネレーションとは?潜在顧客を探し出すテクニック

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとリードジェネレーション

  • 見込み客を獲得する戦略
  • 潜在層にアプローチする方法
  • 認知度を高める活動

リードジェネレーションとは、見込み客獲得と認知度向上の戦略です。

概要説明

リードジェネレーションとは見込み客を獲得するための戦略である。なぜならば、ビジネスで成功するためには新しい顧客が必要だから。

例えば、展示会での名刺交換やオンラインでの資料ダウンロードである。そして、これによって認知度も高まる。つまり、新しい顧客との関係を築く第一歩である。だから、ビジネスにとって重要。

職業職種

マーケティング担当者

マーケティング担当者は、リードジェネレーションを頻繁に使用する。なぜなら、新しい顧客を見つける仕事が多いから。例えば、オンライン広告や展示会。

営業担当者

営業担当者は、リードジェネレーションを活用する。なぜなら、獲得した見込み客に直接アプローチする必要があるから。例えば、電話やメールでのフォローアップ。

企業経営者

企業経営者は、リードジェネレーションを理解している。なぜなら、ビジネスの成長に直結するから。例えば、新製品のプロモーション。

リードジェネレーションは、名前の由来は英語の”Lead”(見込み客)と”Generation”(生成、獲得)から来ています。

リードジェネレーションの代表例

サイバーエージェント

サイバーエージェントは、リードジェネレーションで有名である。なぜなら、広告プラットフォーム「Ameba」を通じて多くの見込み客を獲得しているから。例えば、ブログやソーシャルメディアでの広告展開。

リクルートホールディングス

リクルートホールディングスは、リードジェネレーションで名高い存在である。なぜなら、多くの求人、不動産、結婚情報サービスなどで見込み客を獲得しているから。例えば、「SUUMO」や「ゼクシィ」。

ユーザベース

ユーザベースは、リードジェネレーションで世間に知られている。なぜなら、顧客データを効率的に管理し、見込み客を獲得する手法を提供しているから。例えば、CRMツール「UserBase」。

手順例

以下は、リードジェネレーションの基本手順です。

目標設定

目標設定は、最初のステップである。なぜなら、何を達成したいのか明確にすることが大事だから。例えば、月に何人の見込み客を獲得するか。

ターゲット層の特定

ターゲット層の特定は、次に重要である。なぜなら、どの層にアプローチするかで戦略が変わるから。例えば、年齢や興味、地域。

コンテンツ作成

コンテンツ作成は、見込み客を引きつけるために必要である。なぜなら、価値ある情報を提供することで関心を持ってもらえるから。例えば、ブログや動画。

広告・宣伝

広告・宣伝は、多くの人にコンテンツを見てもらう手段である。なぜなら、良いコンテンツでも見てもらわなければ意味がないから。例えば、SNS広告や展示会。

分析と改善

分析と改善は、継続的な成功のために必要である。なぜなら、何がうまくいって何がダメだったのかを知ることで、次に生かせるから。例えば、Google Analyticsでのデータ分析。

類似語

顧客獲得

顧客獲得は、リードジェネレーションの類似語である。なぜなら、両方とも新しい顧客を得ることを目的としているから。例えば、営業活動や広告。

インバウンドマーケティング

インバウンドマーケティングは、リードジェネレーションの類似語である。なぜなら、顧客からの関心を引く手法が多く使われるから。例えば、SEOコンテンツマーケティング

アウトバウンドマーケティング

アウトバウンドマーケティングは、リードジェネレーションの類似語である。なぜなら、積極的に顧客にアプローチする手法が使われるから。例えば、テレマーケティングやダイレクトメール。

反対語

顧客放棄

顧客放棄は、リードジェネレーションの反対語である。なぜなら、新しい顧客を獲得するのではなく、既存の顧客を無視または失う行動を取るから。例えば、サポートが悪いと顧客が去る。

パッシブマーケティング

パッシブマーケティングは、リードジェネレーションの反対語である。なぜなら、積極的に見込み客を獲得するのではなく、広告やプロモーションを行わずに待つ戦略だから。例えば、口コミだけでビジネスを行う。

非ターゲティング

ターゲティングは、リードジェネレーションの反対語である。なぜなら、特定の顧客層に焦点を当てず、ランダムにアプローチするから。例えば、誰にでも同じ広告を出す。

リードジェネレーションの注意点

リードジェネレーションを使用する時の注意点はプライバシー保護である。なぜならば、個人情報を扱うことが多いからだ。例えば、メールアドレスや名前を集める場合。そして、その情報を安全に管理する必要がある。だから、セキュリティ対策をしっかりと。

リードジェネレーションとCRM(顧客関係管理)は、間違えやすいので注意しましょう。

リードジェネレーションは、新しい見込み客を獲得する活動です。

一方、CRMは、既存の顧客との関係を深める活動です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました