ライフタイムコミッションの全て!長期的な報酬を得る方法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとライフタイムコミッション

  • 一度の努力で継続的報酬
  • 長期的に利用するサービスで使用
  • アフィリエイト広告でよく使われる

ライフタイムコミッションとは、一度のCVで継続的に報酬を得る仕組みです。

概要説明

ライフタイムコミッションとは、一度のアクションで継続的に報酬を得られる仕組みである。なぜならば、サービス利用者が長期的にサービスを使ってくれると、その間ずっと報酬が入るから。

例えば、月額制のオンラインサービスである。そして、主に長期的に利用してもらいたいサービスで使われる。つまり、一度の努力で長期的な報酬が得られる。だから、効率的な報酬システムである。

職業職種

アフィリエイター

アフィリエイターは、ライフタイムコミッションをよく使う。なぜなら、一度の努力で継続的に報酬を得られるから。例えば、月額制のサービスを紹介する。

オンラインマーケター

オンラインマーケターも、ライフタイムコミッションを利用する。なぜなら、顧客が長期的にサービスを使うと、その間報酬が入るから。例えば、自社のサブスクリプションサービスを広告する。

企業オーナー

企業オーナーは、ライフタイムコミッションを導入することで、長期的な顧客を獲得できる。なぜなら、アフィリエイターが継続的に報酬を得られるから、より熱心にサービスを推薦する。例えば、自社の月額制サービスに導入する。

ライフタイムコミッションは、名前の由来は「Lifetime(一生涯)」と「Commission(報酬)」の組み合わせです。これは、継続的に報酬を得られるという意味を持っています。

ライフタイムコミッションの代表例

ClickBank

ClickBankは、ライフタイムコミッションで有名である。なぜなら、多くのデジタル製品を提供し、アフィリエイターが継続的に報酬を得られる仕組みがあるから。例えば、eBookやオンラインコースなど。

Shopify

Shopifyは、ライフタイムコミッションで名高い存在である。なぜなら、アフィリエイターが紹介した顧客が継続して利用する限り、報酬が発生するから。例えば、オンラインストアの作成サービス。

Pat Flynn

Pat Flynnは、ライフタイムコミッションで世間に知られている。なぜなら、彼のブログやポッドキャストでライフタイムコミッションの成功例を多く紹介しているから。例えば、Smart Passive Incomeというブログ。

手順例

以下は、ライフタイムコミッションを始める手順です。

選択するサービスを決める

最初は、どのサービスでライフタイムコミッションを得るか決める。なぜなら、それが報酬の基盤になるから。例えば、オンライン教育プラットフォーム。

アフィリエイトプログラムに参加

次に、選んだサービスのアフィリエイトプログラムに参加する。なぜなら、そこで初めて報酬のチャンスが生まれるから。例えば、専用のリンクを取得する。

プロモーション戦略を考える

プロモーション戦略をしっかり考える。なぜなら、どれだけ多くの人にサービスを知ってもらえるかが鍵だから。例えば、SNSやブログで紹介する。

結果を分析する

結果をしっかりと分析する。なぜなら、何がうまくいって何がダメだったのかを知ることで、次に生かせるから。例えば、クリック数や成約数をチェックする。

改善と繰り返し

最後に、分析した結果を基に改善と繰り返しを行う。なぜなら、成功するまでの過程は試行錯誤が必要だから。例えば、より効果的なキーワードや画像を使う。

類似語

リカーリングコミッション

リカーリングコミッションは、ライフタイムコミッションの類似語である。なぜなら、両方とも継続的な報酬を提供するが、リカーリングは一定期間限定であることが多いから。例えば、6ヶ月や1年間の報酬。

パッシブインカム

パッシブインカムは、ライフタイムコミッションの類似語である。なぜなら、一度の努力で継続的に収益を得られる点が共通しているから。例えば、不労所得。

サブスクリプションモデル

サブスクリプションモデルは、ライフタイムコミッションの類似語である。なぜなら、両方とも長期的な顧客関係を目指すビジネスモデルだから。例えば、月額制のサービス。

反対語

一回払い

一回払いは、ライフタイムコミッションの反対語である。なぜなら、一回のアクションでしか報酬が発生しないから。例えば、商品を一度だけ買った場合。

固定給

固定給は、ライフタイムコミッションの反対語である。なぜなら、成果に関係なく一定の報酬が出るから。例えば、月給制度。

フラットレート

フラットレートは、ライフタイムコミッションの反対語である。なぜなら、使用量や期間に関わらず一定の料金がかかるから。例えば、月額固定のインターネット料金。

ライフタイムコミッションの注意点

ライフタイムコミッションを使用する時の注意点は、相手の信頼性である。なぜならば、長期的な関係になるからだ。

例えば、評判の悪い企業と組むと、後で困る可能性がある。そして、契約内容をしっかり確認する。だから、慎重に。

ライフタイムコミッションとリカーリングコミッションは、間違えやすいので注意しましょう。

ライフタイムコミッションは、顧客がサービスを使い続ける限り報酬が発生します。

一方、リカーリングコミッションは、一定期間だけ報酬が発生します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました